So-net無料ブログ作成
社寺・和菓子 ブログトップ
前の10件 | -

わたしゃお多福 御室の桜 [社寺・和菓子]

DSC00162.JPG
↑仁和寺

京都市内の桜は、御室の桜でお終い。
さすがは京都でしょ。
桜も咲く時期が違い、各々名所になっているのです。
誰が考えたのでしょう?

DSC00165.JPG

DSC00171.JPG

御室仁和寺の桜は、別名「おたふく桜」といいます。
「わたしゃお多福 御室の桜 鼻が低ても 人が好く」
最近の女性を見ていると減りましたね「おたふくさん」。
顎も細くなったし・・・。あまり硬いモノを食べなくなったからかな?
女芸人さんを見ているとおたふく顔ですよね。

SOC056.JPG

昔は、「おたふく」は「お多福」に繋がり、目出度いものの象徴だったのでしょう。
いまの女性は、昔なら貧乏神のパターンですからね。
和田竜さんの『村上海賊の娘』の主人公、景(きょう)は、醜女として登場します。読んで行くと現代風の女性なんです。昔の価値観だと醜女で、嫁ぎ先がない状態。
実は全然違う。

DSC00180.JPG

DSC00187.JPG

御室の桜をなぜ「おたふく桜」というのか?
ようするに「花(鼻)が低い」からなんです。
側に行くとすぐ側で花が咲いている。
しかもクマリン・・・桜餅の香りがするのです。

DSC00189.JPG

御室仁和寺の地盤がいわだらけで木の根が地下に伸びられないから、背が伸びないのです。そういう風に品種改良したらのかも。
昔、中国で女性にしていた「纏足」のような状態。
木にとっては随分可哀想ですね。

P1430890.JPG
↑亀屋良長「御室」

これから数日、御室仁和寺の桜を撮影して来たのでご紹介します。

P1440008.JPG
↑煉切、黒こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

春、贔屓 [社寺・和菓子]

DSC00078.jpg

東寺といえば贔屓君ね。
桜の時も会いに行きました。

DSC00080.JPG

なんか可愛く感じてしまいます。
そもた!左膝の痛い人がいたな。
御札をもらったらよかった。
私の場合は、うまく回復したしね。

DSC00082.JPG

次回、もらいに行って送ってあげようっと。
左膝・・・この贔屓君の左膝って、どこをさするのかなぁ・・・?
まあ、気は心やね。
近々もらいに行きます。

DSC03653.JPG
↑長久堂「うらら」

DSC03659.JPG
↑値段以外は可愛い

DSC03672.JPG
↑外郎、備中白こし

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

不開門 [社寺・和菓子]

DSC00030.JPG
↑東寺、重文 東大門(不開門)鎌倉時代
創建年代は未詳。現存の建物は建久9年(1198)文覚上人の大勧進によって再建。建武3年(1336)6月30日、新田義貞が決死の覚悟で東寺の足利尊氏を攻め、危機に陥った尊氏は門を閉めて、危うく難を逃れることができた故事により「不開門」とも呼ばれている。のち建長10年に豊臣秀頼が大修理を加えたものと伝えられる。

DSC00031.jpg
↑最近、こういう場所も平気で向こうに渡っていく。回復が有り難い。

ソメイヨシノは、この前の雨でかなり散りました。
でも、八重系はこれから咲いてくる。

DSC00044.JPG
↑この時点では、まだこのぐらいだけど、いまはびっしり花が散っていることでしょう。

DSC00048.JPG

また一昨日は、冬に逆戻りのような気温。
京都市内は、降らなかったけど、北山なんかは、雪が降ったかも。
いわゆる「春雪」というやつですね。

DSC03604.JPG
↑本家玉壽軒「春の川」

DSC03608.jpg
↑色合いがなんとも春らしい。

そうこうしているうちに、五月の連休が来るのでしょう。
ものすごい勢いで平成が過ぎ去っていく。
昭和の人間としては、取り残されて行く感じがちょっとする。

DSC03615.JPG

DSC03639.JPG
↑外郎、白こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

発声納め [社寺・和菓子]

DSC05447.JPG
↑東寺の小子房(しょうしぼう)だと思う。ここは、天皇をお迎えする特別なところだと思います。だから雰囲気が違うのです。

先日、今年最後のボイストレーニング。
だんだんと声が出ているように思う。
でもまだまだ先は長いようにも思う。

DSC05451.JPG

軽く、力強く、コントロール良く・・・。
理屈では分かるけど、難しいのですよ。
口の中の力を抜くのが難しい。
肩からも力を抜かないといけない。
わかるけどなかなかできない。
すぐにできないから面白い。
この歳になってこんなことを始めるとは思ってもいなかった。

DSC05454.JPG

DSC05455.JPG

ハミングも面白い。
うまく脳内を振動させると気持ちがいい。
できそうで、できない。
うまくすると脳を活性化するかも。

DSC05456.JPG

そんなことを考えながら東寺の境内を歩きました。
東寺もお正月の準備が始まっている。
もう年末ですものね。

P1180796.jpg
↑千本玉寿軒「雪輪」

P1180824.JPG
↑上用、こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

ひょっとして初冬? [社寺・和菓子]

DSC04827.JPG
↑本日は東寺境内の写真

京都市内は、初秋なのか初冬なのか?
気温がどうも行きつ戻りつしている。
いまの京都は、外国人観光客が減って、スイカの種(修学旅行生)が増えてきた。

DSC04828.jpg

修学旅行生は、野放し状態で京都市内をウロウロする。
市バスの乗り降りも馴れていない。
おおいう市バスの乗り方とかを教師は教えないのかな?
もっとも教師も街をバスとかで移動したことがないから分からない?

DSC04831.JPG

DSC04832.JPG

京都駅の構内で生徒を地べたに座らせて、何か説明している。
教頭か校長なのかな?
自分の所の子供が地べたに座らされたらいややなぁ・・・と思いませんか?
後は、各々が蜘の巣を散らした状態で市内をウロウロ。
最近は、ボランティアのガイドさんが引率する場合もあります。
タクシーの運転手さんが引率する場合もある。
タクシーの運転手さんにとっては重労働らしい。

DSC04821.JPG

食事だって、結構生意気なお店を指定したりするらしい。
予約ができないから、店の前でボーッと立っている。
店の前ならいいけど、店の中でボーッと立っていたりする。
あれはいかがなものか。
しかも四人グループで各々が違うメニューを注文したりする。
そうなると小さい店の場合、料理がでてくる時間がずれる。
若いから食べるのも早い、他の子の料理が来るまで待っていたりする。
外には行列ができていたりするのに・・・。
そういう状況判断の大切さを教師は教えておかないといけませんね。
そういうのを学ぶ為の旅行だと思う。

DSC04825.JPG

お土産を持っているのを見るのが結構楽しいですね。
何処の八ッ橋を買っているとかでどの当たりを観光したのかわかる。
最近、木刀を買ったりする子はいなくなったかも。
日本刀のような傘を持っている白人は見かけるけど。

DSC04823.JPG

観光の人の服装を見るのも面白い。
大抵は、ダウンジャケットを着ていたりする。
熱いだろうな・・・・まあ、偽物だからそうでもないか。

P1210050.JPG
↑紫野源水「木枯し」

今週末は、本格的な冬の気温らしい。
ほんまかいな。
どうも気象庁も信用できません。
厚着をして、建物の中に入ると汗をかきますからね。

P1210108.JPG
↑そば薯蕷製、小豆粒あん入

京都市内は、結構空気が悪いからマスクは必須かも。
体調を壊さないように観光してくださいね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

京都御苑におられる神様は女神が多い [社寺・和菓子]

DSC03470.JPG
↑白雲神社

ここは、京都御苑内にある白雲神社。
京都御苑内には、神社が三社ある。
北から「白雲神社」「宗像神社※」「厳島神社※」です。
どれも気付かずに通り過ぎてしまうような小さな神社。
でもどの神社も由緒ある古い神社なんです。
※「宗像神社」は、宗像三女神(多紀理比売命、多岐都比売命、市寸島比売命)が主祭神。
※「厳島神社」は、市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命の宗像三女神が主祭神。同じ宗像三女神なのに名前が違うのはなぜだろう?『古事記』『日本書紀』の差なのかも。いずれにしても、天孫との関係は深い女神さんたちです。

DSC03477.JPG
↑絵馬は「琵琶」が描かれている。音楽系が得意なのかも。

本日の白雲神社は、京都御苑西南の梅林の近くにある小さな神社です。
森に囲まれていて、知らない人は歩いていても気付かないかもしれません。

DSC03483.jpg
↑本殿

この神社は、貞応三年(1224)に、鎌倉初期の公家、西園寺公経(藤原公経)が、現在の金閣寺の付近に西園寺を建立した際、妙音堂というお堂を建てたのが始まりで、江戸時代に、西園寺家の邸内に移築されて西園寺家の鎮守社となりました。

DSC03482.JPG

DSC03481.JPG
↑蛇が三つ巴になっています「三つ巴紋」。蛇は、弁財天のお使いなんです。特に白蛇は大切にされている。勾玉というのがありますね。あれは、蛇を形だっているともいわれています。それが三尾ですからパワーがあるのです。しかも右回り。

祭神は、妙音弁財天と称する市杵島姫命で、西園寺家は、琵琶の宗家のため(例えば、冷泉家は歌、四条家は料理、五条家は相撲など、公家が諸芸の宗家とされていました)芸術神として祀っていたのでしょう。

DSC03484.jpg

DSC03487.jpg

DSC03488.JPG

明治以降、西園寺家は東京に移り、妙音堂は白雲神社と改名されて現在に至ります。現在も、「御所の弁天さん」の名で親しまれている。ここにいると結構、お参りの人がきますよ。
音楽系の人にお勧めの神社かも。

DSC03103.JPG
↑俵屋吉富「菊日和」

DSC03120.JPG
↑薯蕷、黒こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

台風と競争? [社寺・和菓子]

昨日は、父親を鍼灸治療に連れて行く日だった。
でもどうやら台風21号が来る。
予約時間は昼前だった。
施術時間を考えると台風とぶつかる!

DSC02141.jpg
↑本日の写真は東寺、もちろん昨日の写真ではありません。

どうしよう!
普通なら中止にしますよね。
前日、JRは、運行中止にしました。
JRがそうなら他の私鉄もそうなります。
そうなると台風というより通勤通学の脚が確保できないから休校や休みになる。
小売業も早々休みを決定してました。

DSC02150.JPG

でも、なんとか治療ができ、無事帰ってこられる気がした。
まあ、タクシーで往復する訳だし問題はない。
タクシーは運休しませんからね。
で日曜日の時点でタクシーを予約しておいた。
鍼灸サイドも治療が終わる時間を考え予約してもらった。

DSC02130.jpg

ということで昨日、結構した。
出発は、実家から父親を乗せ、私のマンションに来てもらう。
パンを買いたかったので、パン屋さんの所まで下山し、ピックアップしてもらった。
パンは、父親の昼食用なんです。いつもなら治療が終わってからランチなんです。
昨日は、絶対無理ですよね。
一度タクシーを降りたら、タクシーに乗るのに台風の風雨の中、行列することにあんるのはわかっていた。
私は、ランチなんかどうでもいいけど、父親は食べないと低血糖になると信じている。そんなことはないのに・・・。でも信じているとそうなるかも。
私は、一週間ぐらい食べなくてもそうならない。そう思っていないからです。

DSC00503.JPG
↑長久堂「栗坊(くりぼう)」

タクシーで私をピックアップをしてもらうまで、雨は降らなかった。
つまり傘は持って出ていない。台風だから持ってでても壊れる可能性があるから持って行かない。タクシーに乗ってしまえば、運転手さんが傘で玄関まで送ってくれる。

DSC00531.JPG
↑栗あん、渋皮栗

施術をしながら鍼灸の岡田先生は、台風と雨雲の動きをチェックしてくれていた。
ちょっと早めに施術を終わり、タクシーが早く迎えにくるように調整してくださった。それ以上の時間をすると真っ赤な雲(気象図的に雨雲の強度)が近づき、えらいことになる。
私は、問題ないけど、父親が門から玄関までの通路で強風で転けたりすると困りますからね。
タクシーが走り出すと強風になってきた。
時々、タクシーが揺れるのです。
ヤバイ!(お嬢様方、この言葉はこういう時に使いましょう)

P1750102.JPG
↑亀屋良長「栗きんとん」

私のマンションに着いた時、一瞬雨が止んでくれた!
さすがやね。(笑)
降りる時、運転手さんに「門から玄関まで、傘をさして付き添って欲しい」とお願いした。父親は、杖を使っていますからね。私のお古だけど。

P1750157.JPG
↑茶巾しぼり

マンションに帰り、実家にあるロボットを起動。
無事に家に入るかチェックした。
運転手さんが傘をさして付き添ってくれました。
父親、私の渡した「心付け」をちゃんと渡してくれただろうか?
そういうことに父親は慣れてないから・・・。

まあ、なんとか作戦は成功裏に終わりました。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

オトシデスカラ [社寺・和菓子]

DSC02117.jpg
↑東寺、向こうに見える塔は、五重塔。

父親と病院に行くとよくドクターに「もうお歳ですから・・・」と言われる。
どの科でも言われる。
あの人たちは、よくもまあ人の気持ちを萎えさせることを面と向かっていいますね。
もちろん、94歳にもなれば老衰でいつ死んでもOKみたいな内容を言う。
横で聞いていて、ムカッとします。

DSC02122.JPG
↑宝蔵

もちろん、ドクターは事実を言っている。嘘をついていない。
でもそれがどれだけ人を傷つけているか、理解していない。
「もう諦めなさい」「そんなものです」
理科系の人は、どうしてそういうものの言い方をするのかなぁ。
きっと仕事が忙しくてウンザリしているのもあるのでしょう。

DSC02128.jpg

特に若いドクターは、冷たい言い方をする。
父親が眼科のドクターに「視力は高齢によるもの、諦めなさい」というような内容を言われ、さすがに父親も怒っていた。
私は「だから、なにかあったら私を呼べと言ったでしょ」診察室で文句を言ってやったのに。なんなら一暴れしたのに。声の大きい京男さんを起こらしたら、エライことになるかも。

DSC02123.jpg
↑小野道風ゆかりの柳。あくまで「伝」

母親の時は、一暴れしました。
理不尽なことは許せない。なんならマスゴミか医療訴訟専門弁護士を差し向けるというのをしてあげようかと思った。
父親が入院していた時の医療的不正事件もあったな。あの時、病室で父親に「訴訟するか?絶対勝てると思うけど」と言ったら、「止めて」と言った。もう忘れているかな?

DSC02124.JPG

私も皮膚科で「これは老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)です」と言われた。老人性なんて言われたら、気分が悪いですよね。
まあ、液体窒素で焼いて処理してもらいましたけど。
最近では、なれて「先生、ミディアムレアで焼いて」と私の方からいいます。

DSC02779.JPG
↑長久堂「宇治の雲」

これが文化芸術系なら老人はもうだめなんて言わない。
能の世阿弥の本に「初心忘るべからず」と言うのがあります。
引用させてもらいます。

「ぜひ初心忘るべからず」
若い時に失敗や苦労した結果身につけた芸は、常に忘れてはならない。それは、後々の成功の糧になる。若い頃の初心を忘れては、能を上達していく過程を自然に身に付けることが出来ず、先々上達することはとうてい無理というものだ。だから、生涯、初心を忘れてはならない。

「時々の初心忘るべからず」
歳とともに、その時々に積み重ねていくものを、「時々の初心」という。若い頃から、最盛期を経て、老年に至るまで、その時々にあった演じ方をすることが大切だ。その時々の演技をその場限りで忘れてしまっては、次に演ずる時に、身についたものは何も残らない。過去に演じた一つひとつの風体を、全部身につけておけば、年月を経れば、全てに味がでるものだ。

「老後の初心忘るべからず」
老齢期には老齢期にあった芸風を身につけることが「老後の初心」である。老後になっても、初めて遭遇し、対応しなければならない試練がある。歳をとったからといって、「もういい」ということではなく、其の都度、初めて習うことを乗り越えなければならない。これを、「老後の初心」という。

DSC02782.JPG

このように、「初心忘るべからず」とは、それまで経験したことがないことに対して、自分の未熟さを受け入れながら、その新しい事態に挑戦していく心構え、その姿を言っているのです。その姿を忘れなければ、中年になっても、老年になっても、新しい試練に向かっていくことができる。失敗を身につけよ、ということなのです。
今の社会でも、さまざまな人生のステージ(段階)で、未体験のことへ踏み込んでいくことが求められます。世阿弥の言によれば、「老いる」こと自体もまた、未経験なことなのです。そして、そういう時こそが「初心」に立つ時です。それは、不安と恐れではなく、人生へのチャレンジなのです。

DSC02834.JPG
↑備中かのこ豆、栗入り

こういう考え方をすれば高齢者でも若い世代に互角に付き合える。
体力は、劣るけど、創意工夫をすれば、味わい深い芸が出てくる。
ドクターもこういうことを基本に考え、どうしたら劣った体力を工夫で補う工夫、技術を研究しアドバイスして欲しい。
生涯現役で幸せに生きる知恵をいっしょに考えて欲しいと思います。
医療教育のベースにそういう精神を教えて欲しい。
確かにドクターや医療関係の人たちは過酷な仕事をしておられる。
そんな余裕はないといわれそうだけど、自分もまた老人になって行くのです。
医療システムを患者もドクターも嬉しくなるように知恵をだして欲しい。
でないとこれから病院でも高齢ドクターが高齢者を診察する時代がくる。
いままでもやり方では、破綻するでしょう。

そんなことを考えておりました。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

祈りの形 [社寺・和菓子]

DSC01378.jpg

DSC01373.JPG
↑清水寺の絵馬って「宝船」なんだ。

先週は、ほとんど外出ばかりだった。
仕事というよりプライベートがほとおど。
お盆のシーズンだから仕方ない。
体調を崩す人も多いですね。
酷暑疲れが出ている人の話をよく聞きます。
皆様、あまり無理なさらないように。
今年は、例年とかなり違います。

DSC01394.jpg
↑奥の院の夜叉神

DSC01401.jpg
↑清水寺を守る最強の存在なんだそうです。

昨日、昼から買い物に行った。
この時期、百貨店に行くのも一苦労。
バスがお盆バージョンになっていたりする。
しかも、京都市内の交通量がやたら多い。
帰省に行く車、京都に観光に入ってくる車。
そういえば一昨日もそうだった。
実家に看護師さんが来られるので実家に行かないといけなかった。
私も同席する予定が交通停滞で時間が少し遅れてしまいました。
なんとか居られる間に付きましたが危なかった。

DSC01421.JPG

DSC01423.jpg
↑福禄寿なんだそうです

京都市内、例年なら観光客は少なくなるのですが、今年は多い。
年々増えてくる。
お盆ぐらい静かにして欲しいものです。

DSC01448.jpg
↑子安塔

DSC01451.jpg

昨日は、百貨店で買い物をしていましたが、お供えとかを買いに行ったのですが、同じようなことを考える人が多いのか、レジで長蛇の列。
百貨店も最近、当たり前にレジで行列ができている。
最近の日本は、行列が多い。
モノはたくさんあるのですが、結局、レジの人の手が遅しからなんでしょう。
エスカレーターも乗るのに行列が出来ている。
しかも、外の気温と屋内の気温の差があまりないように・・・という親切心のため、冷房が効いてない!!
なんか買い物をしていて快適でないですね。

P1160498.JPG
↑鶴屋吉信「宵待草」

早くお盆や夏休みが終わって欲しいと願う今日この頃。
何を愚痴っているのでしょう。
外に出ていると早く家に帰りたくなります。

P1160521.JPG
↑焼皮、粒あん

本日の写真は、清水寺の残りです。
早朝の清水寺は、静かでよかった。
もちろん、昼間は、外国からの観光客が多いのでしょうね。
絵馬でも外国語をよく見かけます。

とりとめのない内容でした。
すんまへんなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

景清ってご存知ですか? [社寺・和菓子]

DSC01289.JPG
↑清水寺 三重塔

どうも最近、ジェネレーションギャップが多くて、書いても「わからない」という人が増えました。
最近の学校では、憶えることが多すぎて、受験に関係ないことはあまり教えないのかも。

DSC01284.jpg

今回の「景清」もそうです。
歌舞伎や浄瑠璃、落語をあまり観たい、聴いたりしない人には、全然わからなかったりします。
もっとも歌舞伎や浄瑠璃、落語なんかは、フィクションの世界だからそれぐらい歴史と関係あるのかわからない。

DSC01291.JPG
↑塗直してあるからとても綺麗

源氏と平家が闘って、壇ノ浦で源氏が勝利。
平家は、壊滅した。
平景清は、勇猛な武将だった。
潜伏して暗殺のチャンスを狙っていた。
この潜伏の時、愛人の阿古屋が詮議された話が歌舞伎である。
東大寺の大仏殿落慶供養に参列した源頼朝を暗殺を謀るも失敗し、捕まった。
勇猛だから処刑するのが惜しかったのでしょうね。
源氏の世の中を見たくないと自分で自分の眼を取り出し、清水の観音さんに奉納したそうです。

DSC01277.JPG

その眼は、目貫師(彫金職人) の定次郎さんに与えられる。
でもそんな話、殆どの人はわからない。
私、思うんですが、どうでもいい話って、知っていた方が人生豊かになるように思うのです。
学校で、どうでもいい話をたくさん教えた方がいいかも。
それと英語は、話せた方がいいと思うけど、いずれ自動翻訳機の優秀なのができると思う。その場合、何を考え、シャベルのかが大切になる。
自国の文化をどれだけしているか?それが外国に行った時に問われると思う。

DSC01282.jpg
↑この燈籠の中に爪で石の上に観音を掘ったものが収まっているらしい。

だから、上記の景清の話だって、入試や入社試験には出てこないけど、ちょっと面白いと思う。
話して、はははぁ・・・と笑ったり、泣いたりすることって、これからの時代、大切になってくるように思うな。

DSC01279.JPG
↑覗いてもみえません。

この燈籠の説明を少々。
この燈籠の穴は、火袋(ひぶくろ)といい火を灯す部分のこと。
この中に線彫りの小さな観音像があるそうです。
どう見てもわからない。
この観音像は、景清(かげきよ)が清水の観音さんを信仰し、牢の谷の獄に入れられている間に爪で石の上に観音さんを彫り、奉納したものなんだそうです。

なんかまとまりのない文章でした。すんまへんなぁ・・・。

P1160484.jpg
↑鶴屋吉信「ほおづき」
昨日から六道まいりも始まっていますね。ほうずきってお盆のイメージがあります。

P1160509.JPG
↑外郎、白あん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(5)  コメント(8) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - 社寺・和菓子 ブログトップ