So-net無料ブログ作成
風景・和菓子 ブログトップ
前の10件 | -

シットリ [風景・和菓子]

DSC05654.JPG

DSC05607.JPG

昨日は、午後からちょっと雨が降り出した。
乾燥気味の空気がシットリして心地良い。
でも梅雨になったら嫌なんだろうな。
人間ってかってなものです。

DSC05629.JPG

DSC05636.JPG

植物も嬉しそう。
こうやってみると雨もまたいいものだ。
紫陽花のシーズンになってきましたね。
色合いがなんとも綺麗。

DSC05655.JPG

P1460713.JPG
↑二條若狭屋「花菖蒲」

P1460748.JPG
↑煉切、こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

京都市内の観光は現在オフ? [風景・和菓子]

DSC01122.JPG

葵祭が終わり京都市内は、観光的にはオフシーズンになる。
オフシーズンを利用する形で修学旅行が多い。
最近は、大型バスというより、小さなグループで公共交通を利用したり、タクシーをチャーターして京都市内を回るというのが多いそうです。

DSC01118.JPG

行くのは、有名な社寺が多いらしい。
食事は、生徒が決めてくることが多いそうです。
ネットで調べて希望のレストランを指定するのだそうです。

DSC01117.JPG

DSC01125.jpg

出くわしたことがあるけど、結構料金の高いお店に行きますね。
行列店の時、タクシー観光の場合、運転手さんが「ここは、無理」というらしい。
まあ、ネットで人気のある店ばかりなので、本当に京都観光に来て食べたらいいものでない場合が多いらしい。
京都市の名物料理なんてのは、うんと貧乏臭い料理が多いですよ。
我々京都人が食べているのは、極めて安いものが多い。
みんなが京懐石を食べたりしていませんからね。

P1120806.JPG
↑紫野源水「あやめ」

京都の家庭にお客様が来るとします。
その家の主婦は、普通手料理なんて出さない。
「私の貧乏臭い不味い料理をお客様に出すのは失礼」と考える。
まあ、見栄っ張りなところもある。
だから、仕出し屋やお寿司屋、我が実家では、グリル小宝から洋食をとっていた。
で、そこの家の家族は、お茶漬を食べていた。
それが「京の茶漬」の実体です。

P1120900.JPG
↑煉切製、白小豆、粒あん

京都市内の古くからの家で手料理が出るなんてまずないです。
他府県に行って、その家の主婦が手料理を出した時は、ビックリしました。
「お客だと思っていない?」と思ったものです。
最近、京都市内が異常なんだと気づきました。

DSC01175.JPG

DSC01176.JPG

先週の日曜日、京都市内で3件ぐらいの無名の祭に出くわした。
5月の京都市内は、祭月です。昔なら神輿をかついでいたけど、小さな子供が紐で繋がれゾロゾロ歩いています。早く大きくなって神輿をかついでくださいね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

初夏ですね [風景・和菓子]

DSC00912.JPG

昨日は、色んな所で町内会レベルのお祭をしているのに出くわした。
5月は、祭月なんです。
それにしても最高気温が30度とは・・・夏ですね。

DSC00913.JPG

DSC00915.JPG

祭の時は、親戚にお赤飯と鯖寿司を配ったものです。
配るのは、子供の仕事。
親の名代で行くのです。
おたまに、小遣いをもらうのが楽しみだった。

DSC00919.JPG

それをもって、夜店に行き、禁断の串カツや屋台の御手洗団子、わらび餅を食べるのが楽しみだった。
屋台や紙芝居、ロバのパンは、母親にきつく禁止されていた。
禁止されると食べたくなるのが子供。

DSC00971.JPG

そういえば、小学校ぐらいの時、自分で飴を作っていた。
角砂糖にベンジンをふりかけ、燃やすのです。
すると角砂糖が飴になる。
ベンジン臭い飴だった。
健康に悪そうだけど、アルコールは燃えてしまっているのでアルコールの害はないかも。
そういえば父親が焼きおにぎりを作ってくれたことがあった。
真似をしようとしたけど、手が小さく、握力もないからうまくできなかった。
父親は、それを憶えていないらしい。
その父親にいま、冷凍の焼きおにぎりを差し入れた。(笑)
彼は、それを時々食べているらしい。

DSC01385.JPG
↑亀屋良長「さつき花」

DSC01389.JPG

DSC01430.JPG
↑ねりきり、白こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

緑眩し [風景・和菓子]

DSC00906.jpg

いい気候です。
暑くも寒くもない、空気が乾燥して快適。
緑の匂いは、ちょっと青臭くなってきたけど。
それも生命の香りなので楽しめる。
緑が眩しいのが嬉しい。

DSC00938.JPG

京都市内は、スイカの種(修学旅行生のこと京都ではそういっています)のシーズン。カボチャの種、ドリアンの種、桃の種・・・なんかも歩いているかも。
市バスに乗っても制服姿の田舎の学生が多い。
金持ちの学校は、タクシーで観光しているらしい。

DSC00944.JPG

DSC00950.JPG

タクシーの運転手さんに話しを聞くと面白い。
この頃の学生は、中高生でも事前にネットで食べる所を調べ、運転手さんに要求するそうです。運転手さんは、観光に詳しいから、行列の厳しい店はダメというそうです。2時間も食べるために並んていたら、なんのための修学旅行か目的がわからなくなる。

DSC01520.JPG
↑紫野源水「花菖蒲」

DSC01522.JPG

DSC01561.JPG
↑煉切、白小豆こしあん

運転手さんは、食事の時もずっと一緒に行動しないといけないそうです。
つらいなぁ・・・。
教師たちはかなり楽をしているかも。
もっともチェックポイントみたいな所が設定してあり、例えば「金閣寺で何時から何時までに来ること」なんてことになっているそうです。

P1470481.JPG
↑紫野源水「花あやめ」

P1470497.JPG
↑薯蕷、小豆こしあん

まあ、中高生の時、いっしょに京都市内を回り、色んなことが楽しい思い出になるんだろうな。数十年後、また旅行で京都に観光に来て思い出すのかも。
鮭の放流みたいなもんやね。だから京都市は修学旅行生の歓迎セレモニーを京都駅でやっていたりする。
でもね。教師たちよ。市バスや地下鉄の乗り方、マナーをしっかり教えておかないといけませんよ。田舎の子は市バスなんか乗ったことがないんだろうな。それを経験したりするのが修学旅行の意味なのかも。
あの子たちが中高年になった時、京都市はどうなっているでしょうね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

「ケ」だらけ [風景・和菓子]

連休が終わり普通の日が始まった。
休んでいた人にとって昨日は辛かっただろうな。
あまり長い間、休んだら日常のリズムを取り戻すのが大変だろう。

DSC03806.JPG

一般参賀の様子を見て14万人!という風景が凄かった。
でもちょっときになったのは、晴れ着を着ている人がいないこと。
お祝いはわかるけど、本来なら紋付き羽織袴かモーニングが本来の姿。
でもそんな人はほとんどいない。ちょっと失礼ですよね。
日本人から「ハレ」と「ケ」の使い分けが少なくなった。

DSC08308.JPG

昔は、百貨店に行くときは、晴れ着を着て行くもんやった。
最近は、どうみても晴れ着の人がいない。
私もそうやけどね。
一年中「ケ」状態。
不景気にはなりたくないものですね。
十連休・・・といってもお金がないから暇潰しに行列で食事。
フードコートや食べ放題で飲食をする。
なんか悲しい時代になってきた。

DSC08311.JPG

最近の若い世代は、バブルを知らないから可哀想。
老人たちは、あれが忘れられないのだろう。
だから、もう一度と色々試みる。
でも大抵しっぱいする。

DSC08314.JPG

「ハレ」と「ケ」の説明をしていないことに気付いた。
ウィキペディアの記述を引用してみます。

DSC03708.JPG
↑本家玉壽軒「花菖蒲」
毎年、今頃になるとこの生菓子を買っているように思う。お気に入りの意匠なのかも。食べたらねりきりなので、さほど美味しくはないのだけらど。

「ハレとケ」とは、柳田國男によって見出された、時間論をともなう日本人の伝統的な世界観のひとつ。
民俗学や文化人類学において「ハレとケ」という場合、ハレ(晴れ、霽れ)は儀礼や祭、年中行事などの「非日常」、ケ(褻)は普段の生活である「日常」を表している。
ハレの場においては、衣食住や振る舞い、言葉遣いなどを、ケとは画然と区別した。

DSC03737.JPG
↑ねりきり、白こしあん

こういうメリハリって人間にとって必要なのかも。
「ハレ」「ケ」そして「ケガレ」を意識することは必要なのかも。
「ケガレ」が進むと「気枯れ」状態になる。
これが原因不明の病気だったり、不運になったりするのかも。
これから元気に生きようとしたら「ハレ」「ケ」「ケガレ」を心の中でコントロールして行く必要があるのかも。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

唐衣 [風景・和菓子]

DSC03712.JPG

タイトルの「唐衣(からごろも)」って美しい表現ですね。
平安時代の婦人礼装。十二単(じゅうにひとえ)の一番上に着る丈(たけ)の短い衣。綾(あや)や錦(にしき)で仕立てる。

DSC03714.JPG
↑二條若狭屋「唐衣」

この生菓子は、菖蒲を唐衣に観てている。
この紫色と外郎の柔らかさがなんとも優雅。
食べるのがちょっと惜しい気がする。
でも結局、食べてしまった。

DSC03725.JPG
↑外郎、黒白こしあん

話しは、替わります。
四条通りの歩道を歩くと不自然な箱がある。
まあ、ぶつかったりはしないと思うけど・・・いるかな?

DSC00824.jpg

これは、四条通沿いの歩道を広げた時、取り残された箱。
電気関係の箱らしい。
早く地下化をしたらいいのに・・・。
なんか意味があるんだろうか?
大体、歩道を広げる必要があったのだろうか?
日が当たる時、歩行者は歩いていませんよね。
雨の時も。

DSC00827.JPG

信号の柱も変な所に立っている。
交通量の多い四条通りをこんなに狭くした意味はあるんだろうか?
この道路の地下は、歩けるようになっている。
私はもっぱら地下を歩いています。人が少ないから歩きやすいしね。

DSC00830.JPG

タクシーの乗り降りがとてもやりにくくなった。
市バスも乗りにくくなったと思う。
市バスに乗るための行列が出来ているのですが、何処行きのバスのために並んでいるのかわからない。市民でもそうなんです。外国人観光客ならもっとわからないだろうな。なんとかならないのかな?誰のための市バスなんだろう?市民なの観光客なの?そろそろハッキリした方がいいのかも。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

菖蒲 [風景・和菓子]

DSC00802.jpg

今日は、五月五日端午の節供。
もうそんなになったんだ!
テレビやラジオもあまりつけないから、今日は何日?と分からなくなる。
街中に最低限の買い物に行くのですが、人が多くてゆっくり歩こうという気が起こりません。京都市内は、結構な人でしょうな。
気温は、27度ぐらいになっている。ただ、湿度が低いから気持ちはいいです。
バスなんかに乗ると不快ですけど。

DSC00804.jpg
↑看板植木鉢、こういう看板はいいですね。下品の極みのテレビCMとエライ違いだ。

服装も半袖半ズボンで過ごしております。
バス亭で日光浴をしておりました。

DSC00805.jpg
↑先月末から藤の花

昨日、端午の節供らしい飾りを見た。
いつもなら炭屋の飾りとなるところですが、今年は漬物屋で見つけた。
これを見た人の内、どれだけの人が端午飾りだとわかるだろう?

DSC00808.jpg
↑こういう看板娘ならぬ植木は素晴しいと思います

これは、端午の節供に早乙女(さおとめ)という女性・・・早乙女だからと言って旗本退屈男の事ではない。田植えをする女性のことで、神迎えをする女性のことで、穢(けが)れから遠ざけるために「女の家」というところにお籠をしてもらいました。このようなお籠りのことを斎(い)籠りといいます。
「斎」という字には、穢れを落とし身を清めて物忌みするという意味がある。
菖蒲の葉のように香りの強い植物には、古くから魔除けの力がある。
その葉を軒下に釣るし、穢れが入ってこないように結界をつくるのです。

DSC00815.JPG

でもこのお店、菖蒲を釣るしたら、観光客が減るかもね。(笑)
お風呂に菖蒲を入れ、菖蒲湯にするのも自分の穢れを祓う意味なんだそうです。
ひょっとしてそんなことをするとお風呂につかれない人もいるかもね。
まあ、二、三日の雅満(我慢)です。

DSC01540.JPG
↑紫野源水「水仙粽」

DSC01547.JPG
↑本葛のみ

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

京都観光雑談 [風景・和菓子]

「京都市内は混みますか?」という質問をいただきます。
「はい」というしかないですね。
私は、タクシーによく乗ります。運転手さんからの情報は結構貴重です。

DSC07425.JPG

基本的に、いまの時期、観光客がで混んでいます。
近年は、外国からの観光客が多いですね。
そにつれて日本国内の観光客が減っているのだそうです。
京都では少ない温泉があるような旅館やホテルで予約を取る時「東洋系外国人の団体は泊まりますか?」という問い合わせがあるのだそうです。
「その日はあります」とホテルが答えるとキャンセルになるらしい。
いっしょになると結構辛いのだろうです。具体的にはようわかりませんけど。

DSC07429.JPG

タクシーに外国人が乗ると車内で飲食をする人が多いらしい。
それはいいけど、ゴミを散らして降りるらしい。
「お客さん、忘れ物ですよ」と言えないらしい。
民泊も周囲の町内とのトラブルが多発しているのだそうです。
それとそういう所に泊まる観光客は、あまりお金を使わない。
使っても同国人が経営するお店でレンタル着物らしいのです。
コンビニで弁当を買い、食べるらしい。

DSC07430.JPG

スーパーなんかのフードコートで晩ご飯を食べたりしている。
一度そういう所に夜食時に行ってびっくりしたことがある。
食べ放題で外国人が行列していたりする。
きっとそういう人たちはお土産を買ったりしないでしょうね。

DSC00691.jpg
↑昨日のランチ、イノダコーヒ「ロールパンセット」

京都市は、宿泊施設を増やすように指導しているとか。
でもさすがに先行きが危ういとなり、ホテル建設が中止になり、駐車場になったという物件も出て来ている。
京都市は、観光客の人数は増えたけど、歳入は案外少ないかも。
歳入不足は市民から税で取ればいいと考えているのかな?

DSC00688.JPG
↑スープは、マッシュルーム

京都市内、オリンピックが終わったらどうなるだろう?
なんらかの理由で外国人が来なくなったら、京都市内の中心部はゴーストタウンになるかも。

DSC00690.JPG
↑海老カツがロールパンに挿んであります。サラダもそこそこ。

そうそう外国人観光客、国によって人気スポットが違うらしい。
金閣寺、清水寺、伏見稲荷なんかは、東洋系が多く。
龍安寺、南禅寺、東福寺、銀閣寺なんかの地味な色彩は、白人系が多いらしい。
中東の金持ちは、歩きたくないらしい。どこでも車で入ろうとする。でもお寺や神社って歩かないと無理ですよね。金閣寺でも車の中から見たいとリクエストがあったそうです。そんなの無理です。面白いですね。

タクシーの運転手さんからの情報は面白いですよ。
本日は、写真と記事がシンクロしていません。
すんませんなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

静けさが嬉しい [風景・和菓子]

DSC03598.JPG

連休は、できるだけ外出しないようにしている。
ただ、買い物には行かないといけません。
その時は、京女と行きます。

DSC03566.JPG

近所にコンビニもないので、野菜なんかも百貨店に行くのです。
考えられないでしょ。
一昨日だったか、買い物に行った時、バスで京都駅方面に行った。
オープン直後のヨドバシカメラで必要なモノを買った。所要時間30分。
次は、伊勢丹へ。
これもオープン直後だった。所要時間30分。
伊勢丹でないとないモノもあるのです。

DSC03568.JPG

次に地下鉄に乗り四条烏丸方面へ。
東急ハンズで買い物があった。
これも所要時間30分。
次に大丸の地下へ。
30分ほどで買い物終了。

DSC03890.JPG

両手に沢山の食料品。
それでタクシーに乗り家へ。
まあ、3時間ぐらいで済む。
家に帰って食事を作り、ゆっくり食べる。
そういえば最近、テレビをつけない日が多い。
連休の影響なのかニュースもやってないしね。

P1550852.JPG
↑塩芳軒「木の芽」この上用が好きなんですよ。木の芽の季節になりました。もうすぐ実山椒ですね。私のまわりの京都人は、木の芽とか実山椒が好きな人が多い。他府県の人は案外苦手な人が多いのにビックリします。

昨日は、ジッとしておりました。
電話が時々かかってくるので応対しておりました。
静かな状態を楽しんでおります。

P1550894.JPG
↑上用、こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

藤色 [風景・和菓子]

DSC00626.JPG

もう藤の季節なんですね。
そう思っていると散髪屋さんに行くまでの児童公園で藤の花が咲いていた。
どうってことのない公園でも藤の花があるだけで艶やかに感じる。

DSC00629.JPG

この藤色は、難しい色ですね。
藤色の生菓子は、撮影の時に困る色だ。
ちょっと間違うと美味しくなさそうに見える。
ちょっと撮影の時の光が違うと、上品になったり、下品になったりする。

DSC00635.JPG

紫色で思い出したことがある。
私の大先生たちが紫色のスーツを着ていた。
昔は、そんなのが流行ったのかな?
靴下も同色。
ネクタイが黄色、シャツが薄いピンク。
最初見た時、素人さんには見えなかったな。

P1110316.JPG
↑鶴屋吉信「藤宴」

吉本新喜劇に出てくるチンピラ?
それとも演歌か歌手?
そういえば歌手でこの藤色の学生服を着ていた人がいる。
まあ、いちおう高貴な色なんですが・・・。

P1110364.JPG
↑上用、こしあん
なんか上用饅頭が食べたくなってきた。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - 風景・和菓子 ブログトップ