So-net無料ブログ作成

これで無料!さすが東寺! [社寺]

DSC01256.JPG

5月も半分過ぎましたね。
そうか、昨日は葵祭でした。
まあ、地元としては観に行きませんけどね。
道路をダラダラ歩くのって疲れるだろうな。

DSC01258.JPG

そろそろアヤメが咲き出した。
この色合いが今の季節らしい。

DSC01266.JPG

このアヤメって毒性があるそうです。
まあ、あまり食べたいとは思わない形状や色ですけど。
成分がイリジェニン、イリジン、テクトリジンで、部位は全草、根茎、樹液。
症状が皮膚炎、嘔吐、下痢、胃腸炎なんだそうです。子供とかに触らせたら危ないですね。

DSC01275.JPG

これらは、東寺のトイレなんです。
立派な建物でしょ。
中に仏像があるように見えませんか?

DSC01281.JPG

でもトイレです。
で、中に入ったら汲み取り式で、穴だけ掘ってある状態なら面白いだろうな。

DSC01276.jpg

補足説明
男子トイレ→男子東司の方が雰囲気なんだけどな。便所の方がわかりやすいか。
このトイレは、京都市が「観光トイレ」として市内五十数カ所建設しているものなんだそうです。予算は宿泊税なんだそうです。だから京都市民は使ったらいけないのかも。しもた・・・してしもたがな・・・。
観光客用の市バスシステムを作らはったらどうやろ?市民が乗れなくて困っているんですけど。予算を宿泊税+拝観税でどうやろ?

DSC01283.jpg

男女の表示もこんなことになっている。
外人にわかるかな?
ちょっと考え過ぎかも。

DSC01287.JPG

おばはんが入り口が分からなくてウロウロしていた。
きっとああいう世代は臭気がしないと落ち着かないんだろうな。
中は、ほんとに綺麗です。
綺麗すぎて国によっては、建物の裏で立ちションの方が落ち着くかもね。

こんなの有料にしたらいいのかも。
日本はいい国ですね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

そういうことなのね [社寺]

DSC01093.JPG

神光院の境内を歩いていて、こういう足を見つけました。
どういう意味があるのか、その時はわからなかった。

DSC01089.jpg
↑奥の石像、空海さんの姿。笠の部分がちょっと不自然。

DSC01091.jpg
↑これが足の部分

DSC01094.jpg
↑そういうことなんですね。現場では、こういう文章は読めないんですよ。

この神光院、あの台風で被害を受けたのですね。
石像が壊れるとは、すごいことですね。
自分で守れなかったんかいな。
ちょっと情けない。

DSC01077.jpg

DSC01085.jpg
↑種子、金剛界の大日如来、発音「バン」
※種子(しゅじ)とは密教において、仏尊を象徴する一音節の呪文(真言)のこと。
この種子は金剛界の大日如来を表しています。
印は、智拳印。真言は「オン・アザラ・ダト・バン」

DSC01103.jpg
↑これはなにかな?

DSC01102.jpg
↑そうか役小角さんです

役行者と神光院は関係あったのかな?
わかりません。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

カメが飛び込む水の音 [社寺]

久しぶりに神光院に行ってみた。
時系列的には5月12日のランチを食べた後の話。
お腹が膨れて余裕の散歩。

DSC01060.JPG

神光院は、建保5年(1217)賀茂別雷神社(上賀茂神社)の神職松下能久が、「霊光の照らした地に一宇を建立せよ」との神託を受け、大和国から慶円を招いて寺を建立したという。寺名はこの由緒にちなみ、「神光院」と名づけられたそうです。

DSC01063.jpg

空海が42歳の時に、90日の修行を行ったそうです。
だから空海と縁が深く、京の三弘法の内の1寺なんです。
でも・・・空海(774〜835)という一生だった。
この神光院は、建保5年(1217)創建なので修行のしようがない。
役行者(役小角、634〜701)なので、接点がさらにない。
ちなみに安倍晴明(921〜1005)でも無理。
なんかたぬきに化かされた気持ちになります。
まあ、そんなことはどうでもいいことかも。

DSC01098.JPG
↑カメがいるでしょ。このカメが池に飛び込みました。

DSC01068.JPG

そうか多元宇宙の話なんやろか・・・。
考証をしっかりしてほしいものです。

DSC01069.JPG

なんて考え、池の所を通った。
静かな境内だった。
急に池の方で動きがあった!?
カメが甲羅干しをしていて、私が歩く足音を聞きつけたのか、二尾のアカミミガメ(最近国産のクサガメとかイシガメは少なくなりました)が私に食べられると思ったか池に飛び込んだ。
そこで「古池や カメが飛びこむ 水の音」と頭の中で聞こえてきました。

DSC01070.JPG
↑本堂

DSC01073.JPG

DSC01076.JPG
↑歓喜天と弘法大師と愛染明王、面白い組み合わせね。

DSC01074.jpg
↑よく社寺でこういう「あなたは厄ですか?」のようなのがあります。
これって女性の赤表示が消えていますね。

これを見て、もう役(厄)にも引っ掛かっていない・・・と鼻で笑ってしまった。
厄に立たないってなんや!もう神仏の域に到達しているのか?
高齢者が元気で活躍している時代に適合した表を考えた方がいいかもね。

神光院の記事は、まだ続きます。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

仁和寺の門 [社寺]

本日は、仁和寺の門。
「二王門」と「中門」があります。

DSC00372.jpg
↑二王門仁王(吽形)

まず「二王門」。
お寺によっては「仁王門」と書くところがあります。
仁和寺は、二王なんですね。

DSC00368.jpg
↑仁王(阿形)

なかなか迫力があります。
これぐらいの大きさのモノが動き出したら怖いだろうな。
大魔神もこれぐらいの大きさと違ごたかな?
ゴジラのように、もっと大きくなったら案外怖くない。
これぐらいのサイズがどこまでもついてきたらちょっと怖い。

DSC00373.jpg
↑仁王(吽形)

ここの話じゃないと思うけど、こんな話があります。
泥棒がお寺に入った。
この泥棒、力もちだったようで賽銭箱を抱えてよたよた歩いて、入った裏の方から出ていけばいいものを、表の門から出て行こうとした。
もとろん門には、写真のような仁王さんが立っておられる。
「野郎っ!俺がいるのを、なんと思ているじゃ!」と大きな手で泥棒の襟首を捕まえて、持ち上げた。そして高い所で手を離した。
べちゃ!と落ちて四つん這いになった。
上から仁王さんが大きな足で踏んづけた。
汚い話ですけど、泥棒、お腹が突っ張ってまいりまして、大きいやつを一発、ブゥゥーっと、いっぱつ。
「クッカッカッカククカッカ、くせぇぇものぉぉ」
泥棒「へへっへっへへ、におうか」

こちらは、中門。

DSC00344.jpg
↑多聞天(たもんてん)

DSC00345.jpg
↑持国天(じこくてん)

裏側には、狛犬がいました。

DSC00361.jpg

DSC00363.jpg

DSC00357.jpg

DSC00358.jpg

これらが仁和寺を守っておられる。
こうやって野外に置いてあるのはすごいと思う。
手入れはしなくていいのかな?

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

仁和寺風景 [社寺]

DSC00247.jpg
↑鐘楼、ソメイヨシノの時はいい撮影スポットやのに・・・。

仁和寺に桜を撮りに行った時の写真が残っております。
本日の写真を見ると、気が抜けている感じがする。
きっと次の予定に意識が向いていたのでしょう。
じっくり撮ってない感がある。

DSC00236.jpg

この日、天気はよかったけど、風が強く、晴れたり曇ったりしていた。
こういう時、花の撮影は辛いですね。
よう考えたら、桜の時期ってみなそうなのかも。

DSC00239.JPG
↑金堂

DSC00240.JPG

そういえば、しっかりピントを合わせようと思て、手動モードにして、ずっと撮ってたら途中で手動なのを忘れてしもて、その後の写真がピンボケだった。
他の設定は、スイッチをオフにしたら消えるのに、手動モードは消えへんのはおかしいと思う。なんて自分でぼやいて、自分で何いうてるんやとクスッと笑ったりしていた。それが結構おもろうて・・・・。

DSC00248.JPG

この場所で人がぎょうさん並んでいた。
これが桜の側に行く行列なのかな?と思い並んでいた。
途中でちょっと高い見はらしのいい所に登るための行列とわかる。

DSC00251.JPG

DSC00253.JPG

順番が来て上がったら、お天道様が雲に入った。
見てもそんなに眺めも良うない。
しょうもな。

DSC00264.JPG

なんでこんなへんてこな場所に台を設置したんや!
時間を損してしもたがな。
待っている間、2008年春、床几を借りて桜の側で団子を食べられた時のことを思い出した。あの頃はよかったな。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

御室仁和寺五重塔 [社寺]

DSC00208.JPG
↑仁和寺五重塔

京都の桜風景で得しているのは、社寺の建物との組み合わせがいいということですね。
それと仁和寺は、ツツジがあるのも特徴かな。
桜の開花も京都市内で一番最後に桜が開花するというのも得をしている。

DSC00205.JPG

「御室」というのは、地名なんです。
「オムロン」という会社がありますね。血圧計なんかでお世話になっている人も多い。創業地が御室なんです。

DSC00212.JPG

DSC00214.JPG
↑散った花びらが綺麗に感じた

父親の兄弟姉妹が12人いるのです。
だから皆が京都市内で生まれ育った。
父親と母親、両実家が京都西陣なんです。
祖父が会社を作り、その時、兄弟が京都に呼び戻された。
父親は、大学が関東だったから当然関東で就職が決まっていた。
こういうケースは、よくあったそうです。
私の知る先生も同じように学生の時にお父さんが亡くなり、社長を継いだという例もある。以来ずっと社長業だったそうです。

DSC00218.jpg
↑工事をしたはりました

兄弟が多くて各々が所帯を持つ、しかも同じ会社所属なんです。
従兄弟も会社に入っていた。
そうなると独立し、住んでいる場所で呼ぶのです。
「御室」「龍安寺」「聖護院」「百万遍」「北野」「黒門」という風にね。
住んでいる場所でなんとなく位が決まるような感じもあります。
中には「府庁前」なんてものあります。
まあ、「御所」は居ませんでした。
「祇園」や「四条河原町」「三条河原」なんてのはなかった。繁華街は住むには適さない場所ですからね。
三条河原でデート・・・カップルで座っていて怖ないのかなぁ・・・。
同じように「化野(あだしの)」「鳥辺野(とりべの)」なんかもそうやね。なんでて?昔から有名な墓地、葬送の地なんです。

DSC00220.JPG

ついでに「千本通」というのがありますね。船岡山西麓の葬送地への道に千本の卒塔婆を建て供養したのを通り名とした、または、『日蔵夢記』で、日蔵が地獄へおちた醍醐天皇と出会い「自分を地獄の責め苦から救い出すために千本の卒塔婆を立ててほしい」と、訴えられたので卒塔婆千本立てたことに由来するのだそうです。

DSC00228.jpg

各々の家庭に子供が生まれます。
京男はきっと「聖護院のぼうず」と呼ばれていたのかな?
「ぼうず」とは、子供のことをそういう呼び方をする場合がある。
京女のお父さんが義兄を呼ぶとき「ぼうず」と呼んでいた。
法事の時、おっさん(和尚さん)が居る時、長男に用事があったのでしょう「ぼうす、そこにいった」と言ったらしい。
その時のおっさんの顔が微妙だったとか。(笑)

DSC00232.JPG

なんか写真の説明にもなってない内容でした。
すんまへんなぁ。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

東寺の桜 [社寺]

DSC09985.jpg

これは9日の写真です。
今年の京都市内の桜は、普通通りのスケジュールで開花していますね。
寒の戻りが開花をうまく維持してくれた。

DSC09999.JPG

DSC00084.JPG

昨年は、異様に早く咲いて、関係各位を悩ました。
今年は本当に普通通り。
うまく入学式にソメイヨシノが咲いてくれたと思う。
これ以上は文句が言えない。
桜に感謝しましょう。

DSC09968.JPG

DSC00013.JPG

9日は、私の鍼灸治療でした。
終わってから、ちょっと撮影していた。
治療の後なので身体が強ばっていましたけど、まあ、一万歩は歩いたかも。
天気は、文句のつけようのない状態。

DSC00039.JPG

DSC00063.JPG

DSC09972.JPG

カメラ設定を調整したので、シャキッと撮れました。
春の写真は、こうでないといけません。
お花見に行きそびれた方、存分に楽しんでください。
東寺の五重塔と桜のコラボ、ちょっと恥ずかしいような写真になりました。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

上にも下にもご注意? [社寺]

DSC09927.jpg

昨日(4月8日)は、お釈迦さんの誕生日。
仏教では、「灌仏会(かんぶつえ)」といいお祝いをします。
その時期が花がいっぱいなので花祭りと言っている。
でも、通る観光客、日本の若い世代はあまり反応しないようです。

DSC09913.jpg

DSC09931.jpg

やっぱりキリストさんの誕生日にはかなわないか。
様々な草花で飾った花御堂の中で、甘茶を満たした灌仏桶の中央へ安置した誕生仏像に柄杓で甘茶を掛けて祝うが、釈迦生誕時に産湯を使わせるために9つの竜が天から清浄の水を注いだとの伝説に由来する。釈迦を本仏としない日蓮正宗等を除く大多数の寺院で執り行われて参拝者にも甘茶がふるまわれ、甘茶で習字すれば上達するとの願掛けや害虫除けのまじないを作るなどする。

DSC09933.jpg

DSC09937.jpg
↑蛸薬師堂(浄瑠璃山 永福寺)

でも、日本の若い世代で仏教系の学校に行ったことのない人は、釈迦の名前は知っているだろうけど、具体的に何をしたかわからない子がいる。
仏教のことも「お葬式の時に来る僧侶」ぐらいに思っているだろうな。
神道でもそうだ。
素晴しいことを言うたはるのに・・・・。受験の問題に出るから名前や年代を憶えるけど、深い内容はわからない。だから「頭はいいけど、知恵足らず」となる。

DSC09885.JPG
↑矢田寺(矢田地蔵尊)

この像を見て有名な言葉を答えないというと
「天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」と答えた人がいる。
うーん。
ついでに、上記の言葉、意味わかりますか?
「神様は、人間を平等に作っている。生まれながらにして上も下も無い。でも頭のいい人とバカがいる。バカは死んでも治らないのか?違う学問をしたらカシコになる。
だからしっかり勉強して慶応大学に入りなさい」という意味。

DSC09887.jpg

なんか話しが逸れてしもた。
最近、こういうのが多い。
もんまは
お釈迦さん、生まれた時に「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげ・ゆいがどくそん)」と言わはった。

DSC09892.jpg

天上——この天上に人間を支配するような神はいません
天下——この地上においても人間を堕落したり人間を誘惑したりする悪魔はいません
唯我——ただ私一人(いちにん)がここに存在しております
独尊——尊というのは、他のものに頼るのではなくて、私が私の心に向かって解決して行かなければいけない私一人がおります

DSC09908.JPG

この言葉、私は好きです。
でもお釈迦さんに質問したい。
「そういうたはるけど、仏教でいっぱい仏さんが居てはるのはなんでですか?」と。

DSC09902.jpg
↑左上が賓頭盧(びんずる)さん

あんまり変なことをいうたら賓頭盧(びんずる)さんみたいに、ずっとお堂の外で座っていないといけなくなるかもね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

三寒四温 [社寺]

DSC08530.JPG
↑東寺北門

ここ数日、まさに「三寒四温」状態。
京都市内を走り回っています。
この気温差は、体力を消耗しているかも。

DSC08483.jpg
↑「増運辨才天」御利益ありそうな名前ですね。弁財天、辨財天、弁才天・・・色々な書き方がありますね。すこしずつ漢字の表現で意味合いが変化するのかも。

DSC08527.JPG

面白いのは、デパートなんかに行くと花粉症になったような症状・・・鼻水やくしょみ・・・が連発する。
花粉症というより人ゴミ症というか、人アレルギーかもしれない。
昨日も父親をつれて、病院の後、食事をし、百貨店で買い物とまさに人アレルギーの状態。建物の中の空調が悪いのかも。
ゴミの人が外部の粉塵・黄砂・花粉を狭い売り場でばらまいている感じがする。
食べ物や生ゴミ、塩素の匂うが渦巻いていて、その中にいるとストレスを感じますね。ジジババはいいけど、乳母車に小さな子供を乗せて行くのは止めた方がいいと思う。

DSC08532.JPG
↑こういう写真が好きかも。

本日の写真は、先日来の東寺。
人が少ない状態の境内をヴォイトレをしながら歩いていた。
こういう広い場所は好き。

P1420446.JPG
↑塩芳軒「早わらび」

P1420489.JPG
↑よもぎ、粒あん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

あの時の龍王ね [社寺]

DSC08486.jpg
↑東寺境内にある善女大龍王の碑

この善女大龍王は、824年(天長元年)、時の帝、淳和天皇は長引く干ばつに対して興福寺(西寺とも)の守敏と東寺の空海に対して祈雨の修法を命じた。守敏が7日間にわたって修法を行うも効果少なく、次に空海が当時大内裏に南接していた神泉苑にて修法を行うが1滴の降雨もない。調べると空海の名声を妬む守敏により国中の龍神が瓶に閉じ込められていた。しかしただ1体、善女龍王だけは守敏の手から逃れていたので天竺の無熱池(むねっち)から呼び寄せて国中に大雨を降らせたという。

DSC08522.JPG
↑どこにあるかというと弁天堂の後ろに善女大龍王の塚?がある

DSC08278.JPG
↑弁天堂

DSC08520.JPG
↑右側を通って奥に行くと見えます

神泉苑で雨乞いを競った有名な話。
空海さんは、この時の功績で東寺をもらったそうです。
守敏さんに言いたい。国中の龍神が瓶に閉じ込めたりできるのに、なんで雨を降らすことができなかったのだろう?空海さんより加持祈祷の腕が上だと思うけどなぁ・・・。

800px-Zennyo_Ryuo_-_Hasegawa_Touhaku.jpg
↑善女龍王像 長谷川等伯・画 安土桃山時代 七尾美術館蔵、ウィキペディアより

空海さんは、唯一残っていた善女龍王を使って雨を降らせた。
いまならすーさんを呼んで来たら雨は降ります。
私が空海ならそうします。(笑)

DSC08507.jpg

DSC08511.jpg

DSC08514.jpg

この話、『今昔物語集』の第14巻、「弘法大師修請雨経法降雨語第四十一」にも、空海の請雨に応じる善如龍王が登場する。干ばつがあり、天皇の命により空海が神泉苑において多数の高僧と共に請雨経の法を執り行った。祈祷が7日間に及んだ時、祭壇の上に五尺ほどの蛇が出現したが、その蛇は頭に五寸ほどの金色の蛇を載せており、すぐに池に入っていった。空海の他は4人の高僧だけがこの蛇を見た。空海は彼らに、天竺の阿耨達池(阿耨達智池とも。あのくだっち)にいる善如龍王が請雨経の法の霊力を顕すために現れたと説いた。まもなく空が曇って雨となり、国中が潤ったという。

ほとんど、引き写しでした。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:地域