So-net無料ブログ作成

美味しいショックが脳を活性化? [風景]

DSC08993.JPG
↑急速に桜が開花して来ている

昨日は、午前中から実家で介護の会議だった。
介護業界は大変な仕事ですね。
書類がやたら多い。
それを読み、書名と捺印をしていく。

DSC08997.JPG

結構な量の書類だった。
おまけに各スタッフが集まり、確認していく。
あの捺印の作業を見ていて「いつまで捺印なんて作業するんだろう?」と思った。
いま、判子の捺印画像があれば、3Dプリンタで判子が偽造できる時代。
判子が個人認証でどれぐらいの役割を果たしているんだろう?
よくわからない。
それにあの書類の量。

DSC09000.jpg
↑聖護院の枝垂れも、ほら満開。

なんか無駄なことをしているように思った。
ただ、それを言っても始まらないのもわかる。
電子的な書類にして、ブロックチェーンで管理したらいいように思う。
そして、AIで管理するだけで、人件費の削減になるように思えてならない。

DSC09008.jpg

会議が終わり父親と外食をする。
輝庭で食事をした。
改装をはじめてだった。
床の凸凹がなくなり、明るくなったのはいい。
でもその他は以前のままだった。

DSC09048.JPG
↑珍しく父親がエスプレッソ、しかもブラック!

その後、父親を「オイル&ビネガー京都烏丸店」に連れて行く。
父親にオリーブオイルを渡したら気に入って使っているらしい。
レモン風味のオリーブオイルを納豆にかけて食べたり、パンに蜂蜜とオリーブオイルをバターの替わりに使う方法を教えた。これにはまっている。
だから一度、お店に連れて行きたかった。
父親、思わず新しいオリーブオイルを買った。
本当にい気に入ったらしい。
チョコレート風味のビネガーにも興味をもった。

DSC09051.JPG

これだけオイルやビネガーがあり、知らない用途があり、チャレンジするということはとても脳を活性化すると思う。
しかも、味覚や嗅覚を刺激する。頭だけなら否定できるが、味覚や嗅覚が絡むと逆らえない。香りなんかもそうですね。
思考回路を通さない、感覚で刺激するとすごくいい効果、つまり脳が活性化してくるように思う。それは、高齢者でも若者でも関係ない。

DSC09058.jpg
↑タルト・タタンなんて父親はあまり知らないかも。

知らない世界を体験するのは、いいことですね。
そしてその世界にショックを受け、受け入れるために脳を動かす。
すると脳に新しい回路が出来てくる。
数千・数万の神経細胞が毎日死んでいるでも、神経のネットワークは作られるのです。そのために、ショックを受け、それを理解、受け入れてどんどん活動していくこと。そうするとある意味生長できる。
だから、父親に同じ行動を取らさず、常に違う行動を与えるのがいいように思う。

DSC09067.JPG
↑昨日3月28日夕方のベランダからの桜。咲いてきているでしょ。

この本式のエスプレッソやペリエでタルトタタンを食べるなんてことは、いままで彼に人生ではなかったようだ。もちろんエスプレッソに砂糖などいれさせない。その代わりタルトを食べる。ほんの少しでも満足できる。
またタルトタタンをペリエで楽しむなんてことも初めての経験。
もちろんペリエに砂糖はいれない。
少しタルトタタンを食べ、その後、ペリエを飲むと口の中がすっきりリフレッシュする快感をちょっと覚えた。
こういうのは、かなりショックだと思う。
糖分を極力減らし、でもティータイムを楽しむ。こういう習慣があれば糖尿病にならなかったかも。
きっと昨日、父親はいろいろ考えていたかも。
面白いですね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

また、昭和が消えた [風景]

昨日は、早朝から病院行きだった。
いつものように商店街を歩く。
もうすぐ病院という時に、悪い気配がした。

DSC08700.jpg

シャッターに貼り紙。
通り過ぎて、引き返す。
あれ?15日に来た時は、開いていたのに・・・。

DSC08699.jpg
↑悲しいな

そうだったのか。
あの時、最終日の前日、たまたまお店でコロッケを買ったのね。
そうだったのか。
わかっていたら、挨拶をしたかった。

DSC08654.jpg
↑カレンダーの意味がわからなかったのです

子供が4人、小さい時にこのお店には世話になった。
商売人と間違えられそうな個数のフライを買っていた。
まだ、食べても胸焼けを起こさない時代だった。

3913b0d11f4db79cfee33c2e32ddfc47.jpg
↑昨年の9月の写真

そうか、また昭和が消えてしまった。
そりゃそうだよね。
「平成」だって終わるんだものね。

DSC08664.JPG
↑おせわになりました

そうかこのお店、終戦の年ぐらいに開業したのか。
当時は、よく売れただろうな。
商店街も人でいっぱいだったに違いない。
色んなドラマをあっただろう。

ありがとう。
ご苦労様でした。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

雨でさらに蕾が膨らんだだろうな [風景]

DSC08359.jpg

写真的には、昨日の記事の続き。
先週の土曜日は、本当に素晴しい快晴でした。
昨日は、打って変わって雨模様。
この雨が桃の花の開花を進ませたことでしょう。

DSC08360.jpg

DSC08363.JPG

また晴れたら観に行きます。
桃の花の丸くふっくらした感じがなんとも可愛いので好き。
今週は、快晴になる日はあるかな?

DSC08307.JPG

朝・夜と日中の寒暖差が激しいですね。
昨日は父親の所に行って、いろいろ健康相談にのっていました。
寝ている時のこむら返りの対応も伝授。
足三里のツボがわからないということで、教えました。
お灸もちょっとだけしました。

DSC08311.JPG

この間、ヨドバシカメラで買った拡大鏡の付いたLEDスタンドも設置完了。
これで新聞等が読みやすくなったと思います。
大事なことは、配線の取り回しなんですよ。
もし、足を引っかけ、転倒するようなことになるといけないので、うまく配線しました。それが気になっていたのです。
そういうことが大切なんですよ。

DSC08299.JPG
↑京都御苑「出水のしだれ桜」だんだん全体が赤くなってきている。

私も筋肉が痩せて来ている部分があり、筋肉トレーニングをやり始め、ムキになり、違う箇所が筋断裂した。
ちょっと反省し、もうすこしソフトにする予定。
まだ、筋断裂部分があるので、その部分が治るまで、筋肉サポートのスパッツを採用。昨日初めて歩いていた。背筋も伸ばすサポートする方法も京男Jr.2からプレゼントしてもらったから着けていた。
夕方には、グッタリでしたね。

DSC08306.jpg
↑蕾がふっくらしてきています。枝も赤くなっている。

春・・・トレーニングしなくちゃ。
本当は、トレーナーのいるジムがいいけど・・・それは来週年に一度の整形外来で質問してからにします。間違ったら逆効果ですからね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

桃の花咲く [風景]

DSC08356.jpg
↑桃の花がかわいい

昨日の京都市内は、快晴だった。
デスクワークは色々あったけど、これは勿体ない。
来週の予報を見てもこれだけすっきり晴れそうにないかも。

DSC08347.JPG

DSC08359.jpg

なんて考え、ランチも兼ねて京女と京都御苑へ。
行くのはいいけど、服装が難しい。
サングラスは必須かも。
二人ともサングラスでちょっと怪しい。
帽子とマスクもしているしね。

DSC08327.JPG
↑梅の花もまだがんばっていました

DSC08379.JPG

京都御苑の梅林と桃林に行くと梅はそろそろ終わりかな。
でも青空に梅の花が綺麗。

DSC08329.JPG

桃の花は、これから咲こうという状態。
桃の蕾は、ぽってりとしてなんとも可愛い。
これから開花して行くでしょう。

DSC08335.JPG

枝垂れ桜の蕾も膨らみ初めていました。
桜は二週間ぐらいかな?
今年は早く咲き出しそう。
京都の桜は、昨年の台風でかなりダメージがあったので、花の状態はどうかな?

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

ライトランチ [風景]

DSC01220.JPG

急速に春が進行している。
もう桃の花も咲いているんだろうか?
観に行きたいな・・・。

DSC01269.JPG

DSC01275.JPG
↑梅ももうお終いですね

梅もそろそろお終い。
もっと楽しみたかったな。
先週も今週もやたら外に出ることが多い。

DSC01291.JPG
↑石垣のところの苔。とても綺麗だった。

DSC01304.jpg

ノンビリ散歩を楽しみたいな。
来週はできるかな?

DSC01185.JPG
↑イノダコーヒ「ロールパンセット」

DSC01186.JPG
↑スープ

DSC01189.JPG
↑ビーフカツサンド、これって王道ですね。

最近、生菓子が登場しないと思いませんか?
出したいのです。
買いに行くのです。
でも・・・写真を撮りたい作品がない。
どうも美しくない。
食べたらきっと美味しくないだろう。
そう思うと買えないのです。
見つけたら、登場させるようにします。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

春雨・・・でも濡れません [風景]

DSC08023.JPG

今週は、雨が降るみたい。
暖かい雨。
しかも
昨日は、朝一番眼科だ。
眼力検査・眼底記念撮影・眼圧といつものコース。

DSC08025.JPG

なんとか傘はささずに済んだ。
女子学生がたくさんいそうなので、墓場を通って病院へ。
普通は、病院を通って墓地がいいのかも。

DSC08027.JPG

梅は、満開でそろそろ終わりになるのかな?
今年の季節の移り変わりは早いかも。
しかもあまり寒くなかった。
昔は、京の底冷えと言ったものですが、最近そうでもない。
北海道の人が京都市内に移り住んで「寒い!」と言っていたのを思い出す。
夏の蒸し暑さも同じ、沖縄の人が京都市内に移り住み「暑い!」と根を上げた。
沖縄は、33〜4度ぐらいですからね。直射日光は強いけど、日陰の気温は沖縄の場合低いですからね。

DSC08030.JPG

そのかわりと言ってはなんですが、花粉の量ははんぱでないだろう。
北山方面を見ると春霞のような状態。
しかも最近、黄砂も酷い。
そのかわり、観光客がうじゃうじゃ来て、賑やかですね。
だから食べ物の味が濃くなり、熱中症対策で塩分を摂る必要はない。
ありがたいことです。

DSC08038.JPG
↑和くら「紀州うめどりチキン南蛮定食」

眼科は、朝一番だったから10時ぐらいにおわった。
うまくシャトルバスに乗り、京都駅へ。
ヨドバシカメラでゆっくり売り場を見た。
いいものをいっぱい発見!

DSC08040.JPG
↑この鶏を食べて「紀州うめどり」ってわかる人はいるのかなぁ

眼力があがったかな?
11時になり、ランチを食べる。
それが本日の写真。
このお店、御飯が普通になっている。
以前は、麦飯だったのに・・・。
3月からメニューも変わっている。
ひょっとして明日また父親と来ることになるかも・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

ジジイと苺パフェ? [風景]

DSC07901.JPG

3月になってしまった。
あれよあれよという間に時が過ぎていく。

DSC07902.JPG

DSC07904.jpg

父親と話していると時間感じ方にギャップがあるかも。
彼は、時間を持て余している。
することがあまりないようです。
私も後30年ぐらい経つとそうなるのかな?

DSC07908.JPG

私の場合は、そうはならない気がする。
生きている間に、まとめておかないと行けないことが結構あるのです。
色々考え出すとドンドンアイデアが湧く。
それを人に伝えても、理解できないことが多い。
アイデアを形や文字にしないと伝えられない。

DSC07912.JPG

そういう状態の加速度がついている。
父親とスピード感が違う。
人には、4〜5段階ぐらいスピードがあるかも。
だから父親と話していると話しがずれる。
経理一筋の人間と企画デザインの人間と話が合わないことがある。
ウサギとカメみたいやね。

DSC07915.JPG

そのウサギに羽根と牙が生えてきたような・・・。
食事の考え方も全然違うのです。
小さい時は、一方的に押さえつけられていた。
よく耐えたと思う。
親のいう通りに育っていない。

DSC07918.JPG
↑こういう緑色の額の白梅が好きなんです

その父子がここ数年、一緒に食事をしたりする。
これは不思議です。
父親にマシンガンのように話す京男。
いままでずっと無口の息子が突然、喋り出したように父親は感じているだろう。
なんでこんなに喋るようになったのか?自分でもわからない。
忌まわしい母親の血なのかも。
声が大きいしね。しかも最近ヴォイトレまでしている。
見知ら人とおばちゃんトークまでするようになった。
最近の私は、変になってきたかも。
でも面白いトークなんです。これを才能が開花したというのだろうか。
それとも喋ったきり老人になりつつあるのか?

DSC07944.JPG

きっと風変わりのジジイ二人でしょう。
デザートにいつもなら和風スイーツとなるところですが、この間、違う店に行き。
苺パフェなんかを食べてみた。

DSC07948.jpg

きっと翌日の父親の血糖値が上がっただろうなぁ・・・。
京男も胸が焼けた。
こういう食べ物は、無理なことがわかった。
洋菓子を作るのが得意だったけど、食べられない状態になりつつある。
もともと食べなかったか。
こういうモノは。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景 甘味
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

春の日差し [風景]

DSC07455.JPG
↑智積院

昨日は、いい天気だった。
あれだけ素晴しい太陽を拝まないのは罪です。
午前中、大急ぎでデスクワークをし、連絡業務も終えた。
でもランチは食べそびれた。
まあ、ランチより太陽光線に当たりたかったのです。

DSC07463.JPG

DSC07466.JPG

昨年末からすっきり晴れる日が少なかったように思う。
そういえば夏の終わりから、マンションの外壁塗り替えもあったから、チェンと太陽い当たってないかも。
くる病になりそう。
太陽光線に当たらないとビタミンDが生成されない。

DSC07476.JPG

DSC07483.JPG

作業がすべて終わり、郵便局にも用事があったので外出。
久しぶりに智積院に行く。
本日の写真のように梅が結構咲いていた。
北野天満宮に行ったらいいだろうなぁ・・・。
でもあそこ、最近変に商売モードになっているから、気に入れないのです。
御贔屓の白梅が有料の柵の中に入ってしまったのです。

DSC07484.JPG

DSC07485.JPG

本当は、京都御苑に行きたかったけど、時間がなかった。
本日、近くに行くのですが・・・雨だ。
金曜日、お客さんが上洛されるから天気が良かったら梅を観に行こうかな。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

おはぎと大黒 [風景]

最近、よくヨドバシカメラに行くことが多い。
材料を調達しに行くからなんです。

DSC06614.JPG
↑松屋

京都駅に行くときは、京女のバスで行くことが多い。
帰りは、荷物があるからタクシーが多いかな。
タクシーの場合、個人タクシーは乗らない。
嫌いなんです。
高齢のドライバーが多く、運転が怖い人が多かったり、考えが凝り固まって、説教口調の会話をするドライバーも多い。みんなとはいいませんが。
乗り心地というか居心地の悪い乗用車タイプも辛いしね。
私、身障者手帳で乗るんです。露骨に嫌な雰囲気をされる人が多いのも個人タクシー。以前、松葉杖の時代、杖を見たら空車なのに停車しないのも個人タクシーに多かった。会社系ならクレームを言えますからね。
なんか口っぽくなった。すんません。

DSC06616.JPG
↑大きいの特徴。昔はみなこんなサイズだった。

烏丸七条のバス亭で降りるとおはぎ屋さんがある。
最近、おはぎを食べてないな。
そう思いながらお店の前を通る。
写真を見るとわかりますが、大きいのです。
昔、母方のおばあさんが作っていたのがこのぐらいのおはぎ。
小さい時、これが苦手だった。

DSC06617.JPG

このサイズのおはぎを食べられるようになったのは、高山によく行くようになってからです。宴会の時、かならず「ぼたもち」が山盛りで出て来た。
それを高山の人たちは、お酒を飲みながら食べるのです。
京都人としては、ショックな風景です。
食べてみるとあまり甘く無いのです。
だからたくさん食べられるんだと思った。
それから食べられるようになった。
でも京都市内で作られるおはぎは、甘いです。
ここのおはぎも甘かったように思う。

DSC06619.JPG

昔、仕事で京都市内のおはぎの食べ比べをしたことがある。
有名なお店のおはぎが集められ、食べた。
あれはハードでした。
他に「ちりめん山椒」「千枚漬」「すぐき」「鯖寿司」「稲荷寿司」「赤飯」なんかも食べ比べた。
同じ食品をたくさん食べるのは、なかなかつらいものがありますね。

DSC06620.jpg
↑不思議なところにいる大黒さん

ヨドバシカメラや東急ハンズも材料をよく買いに行く。
悲しいかな京都のお店は品揃えが悪い。
ヨドバシカメラ一軒で揃わない場合が多い。取り寄せがビックカメラに行かないといけない。ビックカメラがまた不便な場所にある。雨でも降れば困りますね。
なぜしっかりアーケードを設置しないのでしょうね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

目覚めると雪景色 [風景]

DSC06511.JPG
↑昨日のベランダからの景色

金曜日から日曜日の朝まで、寝たきり状態でした。
動こうとするとふらつき、転けそうになる。
原因が分からなかった。

DSC06512.JPG
↑この程度の雪なら実害がない

熱がある?
そう思ったのです。
でもしまってある場所がわからない。
京女に聞くとだしてくれた。
でも・・・バッテリーが切れていた。
我が家は、そんなものなんです。
あまり熱を出す習慣がないのです。

DSC06521.JPG
↑この程度でも金閣寺や清水寺に観光客が殺到するんだろうな

取りあえず体温計を買って来てもらい、測ると38.5ぐらいだった。
風邪、ひょっとしてインフルエンザ?
こういう場合、身体がセーフモードに入るようです。
つまり何も食べずひたすら寝る。
後は身体が自動的に治ります。
熱が出るということは、ウイルスが暴れているのかな?

DSC08948.JPG
↑以下の写真は、2017年1月16日

ちゅうど特殊な水の新型が届いた。
これは良いタイミング。
その水でくれした。
身体中が痛くなるのは、自分で作った装置のいい実験になりました。
痛みが一瞬でなくなった。
すばらしい。

DSC08973.JPG

DSC08980.JPG
↑臥雲橋から見た、通天橋。もちろん昨日は外出しませんでした。

この原稿は日曜日の午後に書いています。
だから、月曜日には、普段通りに動けるようになっているでしょう。
目出度し目出度し。

DSC06142.JPG
↑粕汁

目覚める時もありました。
水分だけで暮らす入院生活モードになるのです。
でもこういう粕汁が食べたかった。
ラーメンの丼にいれた粕汁。(笑)

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:地域