So-net無料ブログ作成

父の3本線 [風景]

DSC01864.JPG
↑実家へ行く前のランチ。今回は「はとや食堂」そういえばこの間、父親と二人で食べに行きました。こういう身体に優しいオカズがいい。

日曜日は、いつものように京女と二人で実家。
今回は、汚れが目についた水回りやトイレを徹底的に掃除。
父ぐらいになると細かい汚れなど気にならないというか、見えないようです。
でも洗面所の排水が流れにくい・・・という訴えがあった。

DSC01863.JPG

DSC01865.JPG

排水云々となるとヘルパーさんでは、無理ですからね。
水仕事が嫌いな京男ですが、実行した。
しもた!烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)の真言を唱えながら作業したらよかった。「オン・クロダナウ・ウンジャク・ソワカ 」ってね。
トイレに烏枢沙摩明王の御札を貼っといたろうか・・・。

DSC01866.JPG

DSC01867.JPG

取り寄せた、夏用ダウン布団も到着していた。
完璧やね。
だからといって寝たきりになられても困るけど。
取りあえず快適に良質の睡眠が得られる。

DSC01869.jpg

庭の水もまかないといけない。
その他、雑用がいっぱい。

DSC01875.JPG
↑先週、父親が衝動買いした。アディダスのジャージ。3本線が眩しい。もしこれが自分の目の前でみられる所だったら、これを購入していないだろうな。(笑)95歳のジジイが着ていると面白いでしょ。
試着した時「お父さん、かっこいい!」と籠池夫人風に言ってしまった。悲しい・・・。

DSC01877.JPG
↑この時計のベルト、私がカスタマイズしたものです。金属のバルトが心地良くないとのリクエストに応えたのです。時計屋さんでもやってくれないと思う。

よく考えたら、本日鍼灸治療の日だ。また半日潰れますぅ〜。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

香雪院への道しるべ [風景]

これは、東大路通と七条通の北南角にあります。
黄色い花が綺麗なので、立ち止まって見てみました。

DSC01239.JPG

DSC01236.JPG
↑「東山聖天参道香雪院 是より東北一丁半」

確かにここからすぐといえばそうだ。

DSC01656.JPG
↑香雪院(こうせついん)最近、ちょっとご無沙汰です。

色んな所に花がいっぱい咲いている。
いい季節です。

DSC01183.JPG

DSC01185.jpg

こんな石垣でもしっかり根付き、花が咲いている。
野生の逞しさがすごい。

DSC01178.jpg

DSC01245.JPG

DSC01251.JPG

見ていると元気がもらえます。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

雑草 [風景]

DSC00513.JPG

バス亭でバスが来るのを待っている時、雑草を見るのが好きなんです。
雑草って凄い生命力です。
抜いても抜いても生えてくる。
水なんか無くても元気。

DSC00517.JPG

人間が育てている植物は、水をやり忘れるとすぐにだめになる。
育てている人間の弱さが移るのかな?

DSC00524.JPG

ちょっと隙間があれば生え、コンクリートを突き破って出て来たりする。
人類が滅んでもこういう植物は増え、数百年もたったら人間がいた痕跡もなくなるだろう。
人間なんて弱いものです。
弱いくせに自然に対して威張っている。
それをあざ笑うように、気温の乱高下したり、大風や大雨がある。

DSC00509.JPG

ちょっと前までの日本人も自然を敬い、山でも手入れしたきた。
いまでは、それもやってない。
いつかエライ事になるだろう。

DSC00526.JPG

いまの人間、昔に比べてひ弱になりました。
除菌と言って空気を洗浄したりする。
有益な菌だっているだろうに。
人間の体内も最近だらけなのにね。
その癖、腸内細菌云々という。
本気でそう思っているのかな?
商売で言っているのかな?

DSC00532.JPG

我々も雑草のように生きた方がいいのでは。
見ながら、そんなことを観じました。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

春爛漫 [風景]

DSC09738.JPG

昨日、京都市内の桜名所といわれるところは、人でいっぱいだったでしょうね。
私も上洛のお客様をご案内しておりました。
タクシーをチャーターして正解でした。
移動のストレスを軽減できます。
これを自家用車で行うとなると大変なんです。

DSC09751.JPG

DSC09761.JPG

行ったのは「原谷苑」とその周辺。
久しぶりに行きました。
予想通り桜はまだ本格的に咲いてはいなかった。
でも、料金は1,500円!
つまり、見頃ということなんでしょうか。
料金が見頃度に応じて変化するのです。

DSC09775.JPG

DSC09776.JPG
↑こんな風景が好き

DSC09778.JPG

ここは、他の場所と違い、色んな花が咲いていて、とても綺麗なんです。
社寺の桜と違い、心なしか元気なんです。
植物は元気でないとね。
土の手入れがいいのでしょうね。

DSC09795.JPG

DSC09799.JPG

ここでお弁当を食べようとは思いませんが、比較的人の少ない時にゆっくり桜を楽しむのもいいかも。

※本日の写真、縦横比が16:9のワイドにしたまま、しかも半手動ピント調整になっていたので、いつもと違ってしまった。お客様をご案内していたので、撮影に集中できなかった。しかたない。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

鴨川東岸の桜 [風景]

昨日の京都市は、とてもいい天気でした。
ということは、きっと桜で有名な場所は人がたくさんなんでしょう。

DSC09430.JPG
↑鴨川東岸

そういえば最近、有名な桜の場所に行ってないですね。
最近、ちょっと忙しいからかな・・・それとも人ゴミが嫌なんだろうか?
写真を撮るというのが目的なんですが、人が多くて撮れない。
行くまでの交通の問題もある。
どこに行っても行列なんですよ。
それも並び方が悪い。

DSC09391.JPG

以前ならバイクでスッと行って帰れたけど、最近乗ってないから機動力がない。
和菓子が少ないのもそれが原因かも。

DSC09396.JPG

DSC09398.JPG

本日の写真は、鴨川の五条から七条にかけてのものです。
よく見ると昨年の台風の影響なんだろう、痛々しい桜が多い。
でも咲いている姿が健気。
できれば綺麗に剪定してあげた方がいいな。
京都市はそういう予算はないのかな?

DSC09403.JPG

京都市の観光客数がちょっと減っているらしい。
特に日本人観光客は京都市と避ける傾向があるようなのです。
外人観光客が多すぎる。
きっとそれが嫌なんだろうな。

DSC09441.JPG

京都は静かな大人のイメージだった。
いまは、正反対の状態。
静かな場所は、墓地ぐらいかも。
困ったものですね。

DSC09667.JPG
↑4月5日午前のベランダ桜

DSC09670.JPG
↑満開に近くなってきた

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

偶然?それにしても・・・ [風景]

ここ数日不思議なことが続いた。
偶然なんだろうけど、当たり前のように対応していた。
でも後から思うと不思議だと思う。

DSC09301.jpg
↑いつものお漬物屋さんの看板植木「源平桃」もう満開になっていた。

十数年ぶりの人とある事がきっかけで濃密に話した。
どうやら神様に関係あるらしいのです。
神様?そうなんです。
あまり具体的には書けないけど、そうなんです。
裏で神様が働いている。
だから不思議すぎて、当たり前のように対応していた。
でもやっぱり偶然ではない。
何はともあれ、あることを開始した。

DSC09298.JPG

するとまた、新しいことが始まる。
不思議の連鎖。

DSC09300.jpg

昨日は、古い知り合いと久しぶりに話した。
これがまた面白かった。
どうもある一定の方向にすべての事象が集まってくる。
で、いつものように私が夢中で喋る。
その人が別れ、待ちを歩いていた。
次は京女と会うためだった。
いっしょに買い物と食事をする為だ。

DSC09240.JPG
↑4月3日午前中のベランダ桜

すると「はじめさんですよね」と女性が声をかけてきた。
「??」と応対。
普通絶対会いっこない家族だった。
京都方面に旅行できていた。
しばらく立場話しをしていると京女が来る。
当然、彼女も古くから知っているのです。
そこでまた盛り上がって。

DSC09291.JPG

彼らは次のお座敷があったので別れた。
思わず、先ほど打合せに使っていた試作器をプレゼントした。
どうやら難病で困っている人がいるらしい。
その人もまた知っているのです。
なんか結果が出るように思う。
面白いですね。

見えない所で神様が動いているのかも。
不思議だなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

美味しいショックが脳を活性化? [風景]

DSC08993.JPG
↑急速に桜が開花して来ている

昨日は、午前中から実家で介護の会議だった。
介護業界は大変な仕事ですね。
書類がやたら多い。
それを読み、書名と捺印をしていく。

DSC08997.JPG

結構な量の書類だった。
おまけに各スタッフが集まり、確認していく。
あの捺印の作業を見ていて「いつまで捺印なんて作業するんだろう?」と思った。
いま、判子の捺印画像があれば、3Dプリンタで判子が偽造できる時代。
判子が個人認証でどれぐらいの役割を果たしているんだろう?
よくわからない。
それにあの書類の量。

DSC09000.jpg
↑聖護院の枝垂れも、ほら満開。

なんか無駄なことをしているように思った。
ただ、それを言っても始まらないのもわかる。
電子的な書類にして、ブロックチェーンで管理したらいいように思う。
そして、AIで管理するだけで、人件費の削減になるように思えてならない。

DSC09008.jpg

会議が終わり父親と外食をする。
輝庭で食事をした。
改装をはじめてだった。
床の凸凹がなくなり、明るくなったのはいい。
でもその他は以前のままだった。

DSC09048.JPG
↑珍しく父親がエスプレッソ、しかもブラック!

その後、父親を「オイル&ビネガー京都烏丸店」に連れて行く。
父親にオリーブオイルを渡したら気に入って使っているらしい。
レモン風味のオリーブオイルを納豆にかけて食べたり、パンに蜂蜜とオリーブオイルをバターの替わりに使う方法を教えた。これにはまっている。
だから一度、お店に連れて行きたかった。
父親、思わず新しいオリーブオイルを買った。
本当にい気に入ったらしい。
チョコレート風味のビネガーにも興味をもった。

DSC09051.JPG

これだけオイルやビネガーがあり、知らない用途があり、チャレンジするということはとても脳を活性化すると思う。
しかも、味覚や嗅覚を刺激する。頭だけなら否定できるが、味覚や嗅覚が絡むと逆らえない。香りなんかもそうですね。
思考回路を通さない、感覚で刺激するとすごくいい効果、つまり脳が活性化してくるように思う。それは、高齢者でも若者でも関係ない。

DSC09058.jpg
↑タルト・タタンなんて父親はあまり知らないかも。

知らない世界を体験するのは、いいことですね。
そしてその世界にショックを受け、受け入れるために脳を動かす。
すると脳に新しい回路が出来てくる。
数千・数万の神経細胞が毎日死んでいるでも、神経のネットワークは作られるのです。そのために、ショックを受け、それを理解、受け入れてどんどん活動していくこと。そうするとある意味生長できる。
だから、父親に同じ行動を取らさず、常に違う行動を与えるのがいいように思う。

DSC09067.JPG
↑昨日3月28日夕方のベランダからの桜。咲いてきているでしょ。

この本式のエスプレッソやペリエでタルトタタンを食べるなんてことは、いままで彼に人生ではなかったようだ。もちろんエスプレッソに砂糖などいれさせない。その代わりタルトを食べる。ほんの少しでも満足できる。
またタルトタタンをペリエで楽しむなんてことも初めての経験。
もちろんペリエに砂糖はいれない。
少しタルトタタンを食べ、その後、ペリエを飲むと口の中がすっきりリフレッシュする快感をちょっと覚えた。
こういうのは、かなりショックだと思う。
糖分を極力減らし、でもティータイムを楽しむ。こういう習慣があれば糖尿病にならなかったかも。
きっと昨日、父親はいろいろ考えていたかも。
面白いですね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

また、昭和が消えた [風景]

昨日は、早朝から病院行きだった。
いつものように商店街を歩く。
もうすぐ病院という時に、悪い気配がした。

DSC08700.jpg

シャッターに貼り紙。
通り過ぎて、引き返す。
あれ?15日に来た時は、開いていたのに・・・。

DSC08699.jpg
↑悲しいな

そうだったのか。
あの時、最終日の前日、たまたまお店でコロッケを買ったのね。
そうだったのか。
わかっていたら、挨拶をしたかった。

DSC08654.jpg
↑カレンダーの意味がわからなかったのです

子供が4人、小さい時にこのお店には世話になった。
商売人と間違えられそうな個数のフライを買っていた。
まだ、食べても胸焼けを起こさない時代だった。

3913b0d11f4db79cfee33c2e32ddfc47.jpg
↑昨年の9月の写真

そうか、また昭和が消えてしまった。
そりゃそうだよね。
「平成」だって終わるんだものね。

DSC08664.JPG
↑おせわになりました

そうかこのお店、終戦の年ぐらいに開業したのか。
当時は、よく売れただろうな。
商店街も人でいっぱいだったに違いない。
色んなドラマをあっただろう。

ありがとう。
ご苦労様でした。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

雨でさらに蕾が膨らんだだろうな [風景]

DSC08359.jpg

写真的には、昨日の記事の続き。
先週の土曜日は、本当に素晴しい快晴でした。
昨日は、打って変わって雨模様。
この雨が桃の花の開花を進ませたことでしょう。

DSC08360.jpg

DSC08363.JPG

また晴れたら観に行きます。
桃の花の丸くふっくらした感じがなんとも可愛いので好き。
今週は、快晴になる日はあるかな?

DSC08307.JPG

朝・夜と日中の寒暖差が激しいですね。
昨日は父親の所に行って、いろいろ健康相談にのっていました。
寝ている時のこむら返りの対応も伝授。
足三里のツボがわからないということで、教えました。
お灸もちょっとだけしました。

DSC08311.JPG

この間、ヨドバシカメラで買った拡大鏡の付いたLEDスタンドも設置完了。
これで新聞等が読みやすくなったと思います。
大事なことは、配線の取り回しなんですよ。
もし、足を引っかけ、転倒するようなことになるといけないので、うまく配線しました。それが気になっていたのです。
そういうことが大切なんですよ。

DSC08299.JPG
↑京都御苑「出水のしだれ桜」だんだん全体が赤くなってきている。

私も筋肉が痩せて来ている部分があり、筋肉トレーニングをやり始め、ムキになり、違う箇所が筋断裂した。
ちょっと反省し、もうすこしソフトにする予定。
まだ、筋断裂部分があるので、その部分が治るまで、筋肉サポートのスパッツを採用。昨日初めて歩いていた。背筋も伸ばすサポートする方法も京男Jr.2からプレゼントしてもらったから着けていた。
夕方には、グッタリでしたね。

DSC08306.jpg
↑蕾がふっくらしてきています。枝も赤くなっている。

春・・・トレーニングしなくちゃ。
本当は、トレーナーのいるジムがいいけど・・・それは来週年に一度の整形外来で質問してからにします。間違ったら逆効果ですからね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

桃の花咲く [風景]

DSC08356.jpg
↑桃の花がかわいい

昨日の京都市内は、快晴だった。
デスクワークは色々あったけど、これは勿体ない。
来週の予報を見てもこれだけすっきり晴れそうにないかも。

DSC08347.JPG

DSC08359.jpg

なんて考え、ランチも兼ねて京女と京都御苑へ。
行くのはいいけど、服装が難しい。
サングラスは必須かも。
二人ともサングラスでちょっと怪しい。
帽子とマスクもしているしね。

DSC08327.JPG
↑梅の花もまだがんばっていました

DSC08379.JPG

京都御苑の梅林と桃林に行くと梅はそろそろ終わりかな。
でも青空に梅の花が綺麗。

DSC08329.JPG

桃の花は、これから咲こうという状態。
桃の蕾は、ぽってりとしてなんとも可愛い。
これから開花して行くでしょう。

DSC08335.JPG

枝垂れ桜の蕾も膨らみ初めていました。
桜は二週間ぐらいかな?
今年は早く咲き出しそう。
京都の桜は、昨年の台風でかなりダメージがあったので、花の状態はどうかな?

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:地域