So-net無料ブログ作成

ソメイヨシノから八重系へ [風景・和菓子]

DSC00069.jpg

京都市内のソメイヨシノは大体お終いになった。
一昨日、マンションから出たら桜の花びらの敷物が出来上がっていた。
濡れていて花弁なので気をつけないと転んでしまう。
「花転び」なんて「風流やぁ〜」なんていえませんからね。
些細なことでエライ事に発展する。

DSC09955.JPG

昨日は、仁和寺方面に桜を見に行く。
いくらなんでもそう人は居ないと思ったけど、高齢者がいっぱいおられた。
昔のお嬢さんは、桜が好きなのかな?
彼女たちは、一人で行動しませんね。
大抵、3〜4人で移動する。

DSC09953.jpg

元気で姦しい。
時々オジイもいます。
彼らは花を観てもそれほど感動しないようです。
それがいけない。
もっと楽しんだ方がいいと思う。
服装もオジイは、ねずみ色で地味。
もう少し、陽気な服装にしたらいいのに。

DSC09765.JPG

父親の服装も地味だけど、ダンダン派手にしてもらっている。
陽気な色彩だと気分が軽くなると思うな。

DSC03647.JPG
↑長久堂「ひとひら」
花弁の形なんだそうです。お尻ではありません。念のため。

DSC03690.JPG
↑こなし、備中白こし

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:地域