So-net無料ブログ作成

父上、鰻ですか [食]

DSC09652.JPG
↑ふじ亭「うな重上」1,800円!いいでしょ。

本日の写真は、父親との外食。
「なにがいい?」と京男。
すると「うなぎがいい」と父親。

DSC09650.JPG

それもいつもの高島屋か松乃らしい。
その時、人出の多い日だった。
だから高島屋はだめ。
松乃は、定休日。
これは、そろそろそういうリクエストが来ると考えていたのです。
だから、答えは用意していた。
最近、なにをいうか予感できるのですよ。
もう少し違うパターンの希望を言ってもいいのに・・・。
昨日の記事の「一久」というのも言ってはいるのです。でも精進料理・・・と反応しない。いいのにね。まあ、仏壇に入ってから食べられると思っているのかな?それは甘い!糖尿病だけの甘い考えが父親の特徴。

DSC09648.JPG
↑ここの実山椒が我が家のお手本になっています

毎日、赤福餅を備えてやろうっと。
それも蝋細工のね。(笑)
事実、我が家の仏壇のお仏飯は蝋細工で作ってあります。
お花もよく見ると蝋細工。
父親がチャンと手入れする訳が無い。
水なんかもレジン細工にして置く方がいいのかも。
線香だってLEDで先が光ります。
危ないしね。

DSC09660.JPG
↑お吸いもの

さて、ランチです。
結局、私が「ふじ亭」ということでアドバイス。
裁判所で待ち合わせとなった。
待つ間、私は京都御苑に行っておりました。
予感がしたので早い時間に待ち合わせの場所に行くと父親がバスから降りてきた。
予想通り早い時間に。
父親の気配ですぐにわかります。
そういう感覚は鋭くなっております。
後ろから声をかけるとビックリしていた。
「ちょっと早いのと違う?」と。
時間を守らないとお店が混んでいるのです。テーブル席が2席しかない。
その場合、座敷に座れない二人は困ったことになるのですよ。
15分早かった。つまりイス席が空いてない。

DSC09661.JPG
↑「京風弁当」1,100円。私はこちらの方が好きかも。

なんとは相席をお願いし座れました。
で、食べたのが本日の写真。
私は、京風弁当。父親はうな重上。
満足したランチでございました。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(4)  コメント(4)