So-net無料ブログ作成

海鮮丼とは珍しい [食]

昨日は、デスクワークデー。
早朝よりひたすら制作に没頭。
作っている間に閃く。

DSC08940.JPG
↑米福「海鮮丼」990円

閃くと、材料を探しに行く。
何処にあるのか、記憶をたよりに仕入れ作業。
日頃、ウロウロ色々な場所の売り場を回ってパターン認識的に記憶しているのです。
文字や数字は暗記できないけど、パターン認識の力だけはアップして来ているのです。不思議ですね。
まあ、いまの私には結構役立つ能力。

無事探し終わり、モノをゲット。
モノだけでなく、加工する道具もゲットするのです。
ランチ時、ちょっと前だった。

DSC08935.JPG

お腹が空いてきたのでいつもの米福へ。
でもどうしても天ぷらを食べたくない。
しかたなく、日頃選択しない「海鮮丼」にする。

海鮮丼が見て、舌を噛んで500㏄ほど出血して救急車で運ばれた時を思い出す。
もとろん、部屋で倒れ、偶然京男Jr.2が夏休みで家にいて、私を発見。
救急車を呼んだのです。
私が目覚めたのは、ICUだった。
それから数日経って食事となる。
舌はパンパンに腫れ、食事ができない状態。

ミキサー食という状態。
それをこの擂り鉢を見て思いだした。
ミキサー食って食べたことありますか?
写真の要素を全部ミキサーにいれかき混ぜる。
それをストローで食べなさいとなった。
ここに色がある料理でも、ミキサーで混ぜると灰色のヘドロ状になる。
それを食べろというのです。
断固拒否したなぁ・・・。

1DSC08938.JPG

この擂り鉢を見て、その時の記憶が出て来た。
忘れていたのに・・・。
海鮮丼は、やっぱり私はだめだ。
それと海鮮丼と豚汁はあわないかもね。
なんて、思いながらもいただきました。

食べ終わって、タクシーに飛び乗り帰宅。
作業に戻りました。

※おまけ
DSC08803.JPG

これは、素スパゲティーではありません。
ゴルゴンゾーラでソースを作ったのがこれです。
美味しい?
もちろん美味しい。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:地域