So-net無料ブログ作成

この時期に美味しい [食]

DSC06642.jpg
↑わらじや

今週の父親との外食日。
「なにを食べる」と父親に聞くと「びっくりドンキーでハンバーグ」との答え。
これには、驚いた。若いなぁ・・・凄すぎる。
私は、ここ二十年ぐらい行ってない。

DSC06644.jpg
↑大きなわらじが看板。誰のわらじなんだろう?

さすがにいま食べようとは思わない。
誰かに聞いたのかな?
思わず「じょうだんは、よしこさん」と昭和風に応えた。
私は、ここ一週間、あまり食事をしていないから、そういう断食状態になると体調がよくなるのです。私の場合、あまり食事をしない方がいいのでしょうね。

DSC06648.JPG

DSC06653.JPG

次に父親が言ったのは「永正亭」と言った。あそこはいいお店だけど、貧乏臭いじゃないですかと反論。
「権太呂」・・・高いだけなのでパス。

DSC06665.JPG
↑前菜、この時、仲居さんが「お飲み物・・・」と言った。父親が「ノンアルビール」と言った時、「飲むな!」と言ってしまった。炭酸系を飲んだら、鍋と雑炊が食べられなくなるのに。

最近、どうも食事をする場所が無い。
困ったこんだ。
私が勝手に「わらじや」のうなぎ雑炊(うぞうすい)が食べたくなったので、勝手に予約した。この寒い時は、食べたいじゃないですか。
父親も値段以外は文句いわないだろう。
イス席を予約。

DSC06673.JPG
↑これが「う鍋」

DSC06675.JPG
↑ぶつ切りの鰻の白焼き、丸太切りの焼葱、荘内麩、鍋底には少量の春雨が潜んでいる。

本当は、うなぎである必要なんかないように思う。
かしわで十分だと思う。
かしわにしてコストを三分の一にしたらもっといいのに。
個人的には、お揚げさんの雑炊でもいいぐらいだ。美味しい漬物と雑炊。寒い冬にはそういうのがいい。
高齢化社会になったら、そういう食べ物が流行ると思う。

DSC06684.JPG
↑仲居さんが取り分けてくれる。

DSC06689.JPG

この「わらじや」は、結構来ているな。
一番酷い時は、真夏にスーツを来てネクタイまでして食べたことがある。
あの時、クーラーが故障して・・・。
懐かしい思い出です。

写真が多いので明日に続く。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:地域