So-net無料ブログ作成

上あんかけ? [食]

昨日は、いつものように京女と実家へ行く。
もう何年になるんだろう?
皆勤とはいえないけど、だいたい毎日曜日に行っているんだろうよね。
昨日は、結構よく働いた。
父親が困っている問題をすべて解決した。

DSC05102.JPG
↑大黒屋「おろしそば」鷹ヶ峰辛味大根と京野菜天ぷら。鷹ヶ峰辛味大根、ぜんぜん辛くなかったけど。

快適な睡眠のための温かシステム構築。
高齢になればなるほど、気持ちよく寝られるのは大切。
ちょっと工夫したら快適いなる。
私は最近、テーマを考えたらすぐに答えが出る。
出ると同時に解決作をその場で構築するのです。
ひょっとして凄い能力なのかも。
次々と考えが浮かぶ。
あらかじめ必要なモノを買ったり手に入れて持参するのです。
なんの意味か現場でわかるのです。
これは不思議な経験です。

DSC05105.JPG
↑天ぷらは、野菜で十分です。

でも最近、未来で必要なモノをあらかじめ買って用意するというのは変ですよね。
未来予測しているのかな?
でも大それた未来予測はできませんけど。
小さな小さなこと限定かも。
小さなことなら欲がでないからかも。
面白い。

DSC05116.JPG
↑そば湯が嬉しい

最後は、父親を叱った。
人にモノを質問して、丁寧に質問しているのに、メモも取らない。ただ聞くだけ。
それでは、後で一人になりやったら忘れているにきまっている。
そういう聞き方はいけない!と叱った。
それでも大学をでているのか!
高齢になり物忘れは、多くなる。それはある程度しかたない。でも憶える、忘れない工夫をするのが大切なんじゃないかな?
写真・メモ・動画なんでもいいから忘れない工夫をして欲しい。
また、憶えたら私がいる間に、自分で操作して欲しい。
繰り返し、繰り返し、左脳で憶えるのでなく右脳で憶える。身体で覚える。
私は、読字障害になり、それを心がけている。
そんな私でもやっているのだから、字が読める人ができない訳がない。
甘えるな!だれもかわりにやってくれない!
もちろん、サポートはする。でも基本は自分。
なんて言ってしまった。
最近、声の力が強くなっているので、耳が遠くなった父でも聞けた筈。
音だけでなく、気のエネルギーや意識エネルギーも発しているしね。

DSC05115.JPG
↑「上あんかけ」

すんません。変なことを書いてしまった。
何を言っているのかわからないかもしれませんね。
まあ、自分への私的記録なんで読み飛ばしてください。

すべての実家での作業が終わってから、京女のお買い物に付き合う。
それから早めの夕食。
昨日は、大丸の大黒屋でした。
ちょっと久しぶりかも。
食べたのは、写真のようなもの。

DSC05096.JPG
↑ここの七味と山椒はOK

この「上あんかけ」とは、なんだろう?
そう京女と話していた。
彼女は、これを注文した。
この場合は、蕎麦でなくうどん仕様にしてもらう。
蕎麦では、合わない。
これは、結局「のっぺい」と同じではないかという話しをしていた。
「のっぺい」と違うのは、具が表面から見えている点になる。
これからの寒い時期は、こういうあんかけ系がいい。

なんかまとまりのない記事でした。
すんまへんなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:地域