So-net無料ブログ作成

いいお日よりになりました [食]

早朝は、肌寒く昼間は程よい気温。
すごしやくなりました。
気が付くと10月も半分過ぎている。
いくら何でも暑さは戻らないだろう。
湿度も低く快適。

DSC03307.JPG
↑インド料理チャンダー「トマトスープ」

昨日は、京女と二人で私の実家へ。
久しぶりに感じる。
先週は、実家に行っていなかった。
しなければいけないことが結構あります。

DSC03310.JPG
↑「カチャンバル サラダ」インド風のスパイシーサラダ、もうすこしトマトが多かったら嬉しかったのに、キュウリも一味唐辛子とクミンがいい仕事をしていました。

父親のリクエストは、暖房機器の設置。
掘りごたつ、ガスストーブなんかもスイッチでいつでも稼働できるようにする。
一戸建ては、マンションと違い隙間風も多く、寒く感じるのでしょう。

DSC03317.JPG
↑「ランチセット」カレーソースは玉子でした。

父親は、世間に対しいい人ですね。
日本の政府みたいです。
戸締まりやセキュリティに関して、性善説で対応します。
私は、その逆。
できれば父親のように対応したいのですが、いまの日本では、悪い人間が多すぎる。
そんないい人間を守らないといけない。
色々な事態に対応するように、次々と手を打っている。
生命がかかっているのです。
あらゆる事態を想定し、できる限りのことをする。
それを父は、理解してくれない。

DSC03325.JPG
↑「チキン ビリヤニ」

できるだけ丁寧に理解してもらおうとしています。
これは、結構疲れる作業。
それが証拠に家に戻ったらベッドに横になったまま二時間ぐらい寝てしまった。
目の温湿布をしているから、時間の経過が分からなかった。
荷物が届いた音で目が覚めた。
あまりにも深く寝ていたのでびっくりしました。
夜になったかと思ったからです。

DSC03332.JPG
↑「マサラチャイ」お店のご厚意でした。

「見ること」しかできない人に「観ること」を理解させるのは、エネルギーがいることだと思います。

※本日のランチ写真は相変わらずで申し訳ない。京都らしい景色がなかなか撮れません。上生菓子もいつも買いに行くのですが、該当なしで終わります。職人の腕が落ちているのかな?技術継承がうまく行ってないのかな?そう思う今日この頃。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:地域