So-net無料ブログ作成

別れさせた、小倉ホッとケーキ [甘味・その他]

昨日の記事の続き。
ちょっと悲しいランチを食べた後、ちょっと運動。
なんやかんや理由をつけ父を歩かします。
ちょっと悲しかったランチのまま帰路につくのが忍びなかった。

DSC09889.JPG
↑今熊野バス亭付近。線路はJR。

そこで私が病院に歩いて行くコースを歩くことにした。
トロフィーは「ホットケーキ」。
いろいろ話しながら歩く。
京男、最近マシンガンのように喋ります。
いつからこんなになったんだろう・・・・。

DSC03234.JPG
↑梅香堂「小倉ホットケーキ(別れバージョン)」

今熊野にある梅香堂に入る。
結構久しぶりかも。
ランチライムに近かったからか人が少なかった。
ありがたい。
ホットケーキを食べるために並ぶのは辛い。

DSC03226.JPG
↑ぜんざい・お餅一つ

父に「なにを食べる?」とホットケーキと言うだろうと思いながら聞く。
予定通り「ホットケーキ」と言う。
メニューを見て「小倉ホットケーキ」と付け加えた。
まあ、いいでしょう。
注文する時、お店の方に「小倉餡をホットケーキにかけずに別皿にしてください」と注文。
映えはしないだろうけど、映えなんて爺たちにはかんけいねぇ!
ということでこんな地味なホットケーキの写真になりました。
悪しからず。

DSC03241.JPG
↑博物館からずっと喋りっぱなしだったので、甘い物が喉に優しい。

私は、久しぶりに「ぜんざい」。
お餅は一つバージョン。
甘党で爺二人が食べている姿というのは、まことに微笑ましい。
なんて自分で思っています。
話しの内容は、アメリカの長期金利が・・・なんて内容。
話しは甘くないのです。
これからどうなるか父に予想を教えてあげた。
新聞とテレビという旧メディアしか観ていないから、ちょっとびっくりしていたな。
ビックリしたりする。これは大事なんですよ。
ぼけ防止になります。

DSC09893.jpg
↑新熊野神社の大樟。そういえば犬の散歩をしている宮司さんとすれ違ったな。

結局、私がホットケーキを四分の一食べ終了。
小倉餡がちょっと残ったけど、仕方ない。
一応、糖尿病という難病を、父は抱えているので。
でも考えようによっては、糖尿病なのでこういう禁断のお店が嬉しいのかも。
まさか、父親と二人で甘党の店でこんなものを食べるとは、思っていなかった。
人生わかりませんね。

その後、私の病院まで歩き、タクシーで送り解散でした。
きっと父親は、満足したことでしょう。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 甘味
nice!(5)  コメント(8) 
共通テーマ:地域