So-net無料ブログ作成

久しぶりの象さん [社寺]

DSC02856.JPG
↑香雪院、この前もよく通ります。

ここは、いつも前を通る香雪院(東山聖天)に久しぶりに入ってみました。
最初に入った時なんか、引き込まれるように入りました。
なんか御縁があるのかも。

DSC02878.JPG
↑本堂

DSC02870.JPG

ここは、尼寺なんです。
いつも同じタクシーに乗ることが多いのですが、ここの庵主さんもよく同じ場所から乗られるそうです。
そう親しくなった運転手さんと話しています。

DSC02873.JPG
↑袋がかわいいでしょ

DSC02875.JPG

ここは、歓喜天を祀ってあります。
仏教の守護神である天部の所属。
本尊は、像頭人見・・・頭部が象で身体が人間で、2つの姿が抱き合っています。
元々、ヒンドゥー教の神さんだったそうです。

DSC02879.JPG
↑辨天堂、

突然入ったので手土産がありません。
また清浄歓喜団の持っていきます。
最初きた時は、弁財天さんが「歓喜天さんを紹介してあげる」とのことでした。
あの時、境内に弁財天さんが祀ってあるとはしれなかった。
不思議でしたね。
もちろん、声が聞こえたとかではありませんけど。
でも縁があるのは間違いないです。
あの時は、松葉杖姿でした。

DSC02894.JPG

歓喜天と言えば象ですね。
まさか2頭の象が抱き合う訳にもいかないだろうから、1頭です。

DSC02886.JPG

DSC02888.JPG

お寺の境内で象って珍しいでしょ。
2頭なら狛象?になるけど、抱き合っていたらちょっと意味が違ってくる。(笑)

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:地域