So-net無料ブログ作成

喉には優しそう [甘味・その他]

DSC02357.JPG

本日の記事は、昨日中華料理を食べた後の話。
京男は、喉に時限爆弾を抱えながらなので、あまり食欲がなかった。
でも父親は快調。
だからデザートをご馳走してみました。
私は、あまり食べたくなかったのが本音。
それが本日の写真です。

DSC02356.JPG

DSC02355.JPG
↑梅園「わらび餅」京男オーダー、父親のオーダーで食べきれないと予測し、この程度にする。わらび

京男もそろそろ声が戻ってきました。
風邪もあったのかも。
夜中、寒さで震えて目が覚めたりした。
きっとあの時、熱がでていたのかも。
台風や地震という天変地異の時は、身体が変な反応をしますね。

DSC02364.JPG
↑梅園「みたらし団子とみつまめ(黒みつ)」父親オーダー

金曜日から日曜日まで、ずっと寝て暮らした。
睡眠不足もあったのかな?
とにかくよく寝ました。
最初は、頭痛があったので寝られもしない。
十年から二十年に一度、こういうことが起こります。
前回は、淡島ホテルに泊まった時だったかな。あの時は酷かった。
折角全室富士山が見えていたのに・・・。
でもそういうことが起こった後は、自分の能力がアップする時でもあります。
アホが治るという訳ではないけど、探知・閃き能力はアップする。
そう思っています。
音速で音の壁を越えるような、あるいは地球の重力圏を越えるような感じかな。

DSC02367.JPG
↑2本私が食べました

DSC02370.JPG
↑父親が苦手な白玉を私が食べる

こんなこと誰にもご理解いただけないかもね。
自分の体感でしかないです。
もっとも越えすぎて死にかけたこともあるから、油断はできませんけど。
今回は、そういうメジャーアップデートでなく、単純なバージョンアップだったかも。さてどの程度アップしたらか、ちょっとだけわかっています。
手作業でも違いますから。

やっと今日から平常にもどりました。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 甘味
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:地域