So-net無料ブログ作成

夜泣泉・・・三十三間堂 [社寺]

DSC01019.JPG
↑夜泣泉

夜泣泉は、三十三間堂の東の庭園の中央部にあるお堂の中にあります。
四角い井戸で石框に夜泣泉と刻してある。
そこで写真を撮ってないことに気が付く。
すんません。
また次回に撮ります。

DSC01009.JPG

傍らに長方形の手水鉢と石の地蔵尊があります。
寺伝では、三十三間堂創建の翌年(1165)、堂僧が夢のお告げで発見したらしい。
『古今著聞集』に
「八功徳水甘露利益の方便水にして貴賎汲みけれど尽きざりけり。また汲まぬ時も余らず不思議なりける事」
とある。
『都名所車』は名清水の一つにあげている。
いまは、飲めるのかな?

DSC01014.jpg

名の由来は、夜のしじまに水の湧き出す音が人の「すすり泣き」に似ているからという。いつの頃か傍らに地蔵尊が祭られ、特に幼児の「夜泣き封じ」に御利益があるとされてきた。
今も、その御利益を求めて参拝する人が後を絶たない。
でも、この時は、人気がありませんでした。

DSC01022.jpg

我が家の子供は夜泣きで困った経験がないかも。
というか私の睡眠が深かっただけ?かも。

DSC01024.jpg
↑写経奉納塔、文字の通り写経を納めてある所なんでしょうね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

京都の夏は終わりました [食]

18日・19日で地蔵盆をする町内が多かった。
市バスから地蔵盆をやっているのが見えた。

DSC02639.JPG
↑鐘園亭泉涌寺店「ホタテ貝のチリソース」

本来、地蔵菩薩の縁日は24日らしい。
でも用意する大人たちの事情で18日・19日が多かったでしょう。
今週末、宗教色のない夏祭を学校でやる地区も多い。
京都の古い地区には、子供が少なく、本来子供たちの為の行事が元子供たちの集まりになっている。
昔は、おやつが貰えたり、福引があり「ふごおろし」という二階から景品を降ろすのをやっていた。でも今は、そんなのやってない。マンションは、町内に入れて貰えないからマンションの人はなしが多い。

DSC02633.JPG
↑四川サラダ

地蔵盆が終わったら、夏休みはお終い。
最近、始業式が9月1日でないことが多い。
私学は、まだ9月1日らしいですね。
海水浴も盆を過ぎたらだめといわれていたしね。
クラゲが出るし、泳いでいたら霊に足を引っ張られ溺れるなんてこともいわれた。
いまの子供たちは、地蔵盆に出てこないらしい。蒸し芋をもらっても嬉しくない。
クーラーもない所で座ってゲームなんてしないのでしょう。
そういう無形の文化財は滅んで行く。

DSC02648.JPG
↑甘酢盛合(エビ・肉ダンゴ・豚)

でも、街を歩いていてお地蔵さんを見ると化粧をしているので、何らかの形で地蔵盆は続いているのかも。

DSC02642.JPG
↑小ライス・スープ・お漬物・スルメ

そう言えば野外で映画上映なんてのもありました。
『番町皿屋敷』や『四谷怪談』なんかをやっていた。
怖かった。いまの子供達でも怖いのだろうか?
幽霊なんて存在も絶滅危惧種になっていくかも。
幽霊より、毎日報道される事件の方がよっぽど怖い。
良心がない人間が登場してきていますからね。

※本日の写真は、京女と食べたランチ。どうも兄貴分のカメラは勝手が違う。弟分よ、早く退院して来て。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

墓地にイノシシ? [風景]

昨日の朝、ビックリする程の涼しさ。
「蝉が鳴く」が「蝉が泣く」状態。
きっとこれで蚊が元気になるでしょう。
今年の夏は、気温が高すぎ蚊の発生が少なかったようです。

DSC02614.JPG
↑墓地にこんな張り紙がありました。出るんだイノシシ。もうすこしレイアウトを工夫したらもっといいのに。隣に「幽霊注意」なんて貼ったら面白いかも。幽霊よりイノシシの方が怖いだろうな。

このマンションでは、地蔵盆を昨晩にやったそうです。
普通なら来週なんですが、用意される大人の理由なんでしょうね。
京都で地蔵盆が終われば、夏はお終い。
学校だって始まる。
私の頃、始業式は9月1日だった。
いまは、ちょっと早い。
今ぐらいから、そろそろ夏休みの宿題をやる時期だった。
始業式の時、答えの情報交換をしたりしていた。
「夏休みの友」というのがあった。
あれは、出版社に電話して新しいのを取り寄せていました。
新しいのには、答えが付いていた。
後は、絵日記と工作かな。

DSC02616.JPG

絵日記は、適当に話を作って絵を描けばいい。
工作は、得意中の得意。
迷作に「電気ネズミ取り機」というのがあった。
ネズミを感電させて殺すというもの。
でも悲しいかな電圧をあげるという知識がなかったのでネズミは捕れなかった。
まあ、小学生が考えることですからそんなもんです。

DSC02619.JPG

昨日は、京女と智積院の墓地を通って智積院から東大路にでた。
ランチと買い物をするために、バスで四条河原町か京都駅に出るのが普通だけど、まだ観光客が多いので違う所で買い物や食事をする。
まだ、夏休み期間という人もいただろうしね。
バスから東大路通を南に走りました。
甘味処の前にすごい行列を見た。
甘い物に群れるアリさんに見えました。
ランチ時なのに甘味とは、糖尿になるよ。

DSC02621.JPG

最近のテレビや雑誌、ネットで紹介するモノを食べていたらきっと病気になるでしょうね。「熱中症にご注意を」なんてアドバイスをして、塩分や水を取り過ぎると、腎臓に負担がくると思う。現代人は、腎臓の機能が弱くなっているらしい。水だって不用意に水を飲むと東洋医学でいう水毒になる。
保水の飲物も塩分と糖分をミックスしたもの。
運動して汗をかく人には必要だろうけど、街中をブラブラする人には必要ない。
歩きながらコーヒーカップを持ち、飲んでいる。きっとブラックじゃない。しかもカフェインがあるコーヒー。カフェインは利尿成分なんですよ。
子供にもジュースを飲ませている。
将来、糖尿病や腎機能低下、スマホによる眼精疲労、音楽を聴きすぎて難聴、将来病気になる危険性がいっぱいでしょう。

DSC02622.JPG

そうそうテレビの健康番組は異常ですね。タレント医者が科学的な根拠がない論を展開。病気にいいと変な食物を勧める。CMはサプリやクリニック、わらったのは葬儀会社のCMまである。観ていておかしいと気付かないのかな?
ニュースは、まったくデタラメだと出版関係の人が言っていた。
グルメ?紹介とスポーツ番組・・・これはローマ時代の「パンとサーカス」の原理ですね。民衆を政治に対する怒りを消すため、闘技場で剣闘士の戦いを見せ、競技の合間にパンを客席に投げ込むというものです。それに似ている。スマホもその道具の一つかも。そう考えると怖いですね。
後100年、あの時代はそうだったと歴史学者が言っているかも。

DSC02627.JPG

なんか、訳のわからないことを書いていますね。
写真がいかにもDSC-RX1Rという感じですね。
これは、これで面白い。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

贔屓 [社寺]

DSC02580.jpg
↑東寺五重塔

昨日、東寺方面に行く。
夕方近くなり、時間が10分しかなかったけど贔屓君に会いに行く。
本日の写真は、デジカメの弟が入院中のため、兄のDSC-RX1Rを同伴。
実際の写真は、すごく高精細だけど、ここ二日間の記事を見ているとそれをアップしてもそうとはあまり感じられないですね。
まあ、撮れているからよしとしましょう。
弟と違い携帯性が悪い。
首からさげるのが何だか照れくさいのです。
なんなんだろう?

DSC02586.jpg

さて、いつもの贔屓君の所です。
いつもなら軽い感じの写真だけど、妙に重たい雰囲気。
夕方の光線だからかも。

DSC02594.jpg

贔屓君が背負っている石碑を撮る。
記事でみるとそうでもないけど、細かいところもとれています。
でも何が書いてあるかわかりません。
丸く並んでいる呪文が雰囲気ですね。

DSC02602.JPG

下の部分もびっしり書いてある。
これだけ見ていても飽きない。
でも時間がない・・・。

DSC02603.jpg

DSC02600.jpg

また別の日にゆっくり見に来るとします。
取りあえず、いつものポーズ。

DSC02607.JPG
↑不動明王、毘沙門天、愛染明王・・・よく考えたら最強トリオやね。

以上駆け足の東寺でした。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

お盆休みの最終日 [食]

昨日も外出。
京女と百貨店に行く。
自分達のものではなく父親の依頼品を集中。
本来なら父親と外食をする日なんですが、昨日は、色んなお店に電話して行くべきでないと判断。予約も取れない。来ていただいたら・・・なんていう答えの店が多かった。高齢者といっしょで行列はないですよね。
絶対、私が怒り、エライ事になる予感。

DSC02544.JPG
↑米福「ネギトロとろろの桶盛り丼と野菜天ぷら定食」

最近の予感は的中するので外食を断念し、食料を調達して持って行くことに。
その前に私のお腹が空いた。
しかたなく「米福」で天ぷらを食べることにする。
飛び込み座ると後から後からお客さんが来て、満席になる。
危なかった。
ここは、店員さんの声がとても威勢がいい。
その女性の声が私の耳に突き刺さるのがちょっといややけど・・・。

DSC02545.JPG
↑野菜天ぷら、私は野菜の天ぷらで十分満足かも。

でも本日のセットが両方とも990円なのが魅力。
一応お腹が膨れますからね。
京女は、御飯を拒否していた。
蕎麦が付いているからなんでしょう。

DSC02557.JPG
↑天敵のとろろ丼やね。結石体質には天敵なんです。もっとも最近、結石とは縁がなくなってきた。頻尿の功徳かも。(笑)

私のは、ネギトロとろろの桶盛り丼が付いていた。
天ぷらは、オール野菜。
野菜の天ぷらも悪くないかも。
昨日は、休みの人が多いのか家族連れが多かった。
いつもならサラリーマンが多いのにね。
やはりコストパフォーマンスがいい店は人気がるかも。
ランチで1000円を超えるのは、楽しくないものね。

DSC02548.JPG
↑「岩海苔とろろの出雲そば(冷)定食」御飯は拒否。

食べ終わり大丸の地下へ。
大丸の地下は空いていた。
「パクティ」(タイ料理)の出店があった。
顔見知りのお兄さんがいたので、喋っていた。
最近、やたら色々なところで知り合いに会う。
それだけ出て来ているということか。
スマホで父親に電話をして、買い物を希望を聞きながら買って行く。
父親のお飲みは、確実に把握しているので間違いはない。

DSC02550.JPG
↑こちらの天ぷらは海老が入っている。

荷物を一杯買い、タクシーに乗る。
タクシーの運転手さんがやたらハイテンションだったので楽しく実家まで行く。
聞けば、同じ歳だった。
京女が笑っていた。
実家では、私が兄貴分のカメラを持っていたので、カメラの説明。
次いでヘッドセットの説明。耳にあたる所が腐ってきたのでどうしようかと相談。
ボースに電話をしたら案の定、新しいものと交換するとのこと。
なんてことはない、ちょっと値引きで売りつける商法ね。
まあ、新にならのだからいいと割り切ればいいのですが・・・ちょっと腹立つ。
最近の企業の強欲なのが鼻につく。使い捨ての発送も。
資源は無限でないのに、修理してずっと使える名品を作って欲しい。
賃金の低い国で作って、高く売る。さもしい根性ですね。
保証期間が終わればタイマーを設定いたように壊れ、使い捨てにする。
反自然行為だと思う。

DSC02553.JPG
↑岩海苔とろろの出雲そば、京女の好みからすると出汁は温かくして欲しかっただろうな。

気が付くと夕方になっていた。
タクシーを呼んで、家に帰る。
結局、お盆休みは、こんなことばかり、ゆっくりPCの前に座っていられなかった。

※兄貴分のカメラ(サイバーショット DSC-RX1R)の写真は、やっぱりシットリ撮れている。重たいだけのことはあるかも。当分、このカメラを外に持ち出すことになるな。仕方ない。弟分(サイバーショットDSC-RX100M3)早く戻って来てね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

デジカメ入院 [食]

お盆ですね。
あっちの家、こっとの家とお盆の行事があります。
なぜか、我が家がいつも参加なんです。
今年の京都市内は、観光客が異常に多い。
車も多いのです。
タクシーに乗るにも長蛇の列。
食事をするのも行列。
年々騒々しくなっている。
京都のお盆って静かだったのに、そしてシンミリ五山の送り火を見て、お精霊さんをお送りするのが普通。
特に初盆だった家庭は格別のものがありました。
それが、意味も分からず見物に世界中から観光客が来る。
これでいいのかなぁ・・・。
そう思う今日この頃。
でも本日は雨の予報ですね。

DSC02524.JPG
↑ニューヴェトナム「ベジタリアンフォー」京女発注

小さい方のデジカメがどうやら壊れたようです。
コントロールしようとしても反応しない。
ズームも動かない。
これは、修理しかない。

DSC02522.JPG
↑薬味

カメラの箱を探し出し、中の書類をチェック。
すると10年保証に入っていた!
やっぱりね。メーカーなんか信用していませんからね。
手に入れて3年になる。
新を買ってもいいけど、アクセサリーが使えなくなる。
アクセサリーが結構、高いのです。
購入したお店に電話し、お店に保証書を本体を宅急便で送る。
修理は盆明けからだから、9月になるだろう。

DSC02534.JPG
↑ニューヴェトナム「本日のプレートランチ」

その間、兄貴分で料理を撮ったりしないといけない。
荷物になるのがちょっといやです。
広角でもない。
仕方ない。
我慢我慢。

DSC02535.JPG

きっと次は兄貴分の方が故障するかも。
その前に売るのも方法かも。
デジカメには、あまり愛着がないのかも。
スマホやPCなんかもそうだ。
OSをアップデートもしないで使っている。
アップデートしたら必ず不便になる。
愛用しているソフトがアップデートしていなくて使えなくなることが多い。
スマホなんか新しい機能なんて欲しくない。
ネットだってそうです。最近、広告が入り過ぎて不快な気持ちになることが多い。
また怪しげなメールや偽サイトらしいものが広告を表示する機能を使って表示したりする。
10年ぐらい前は、よかったけど、最近どうも好きになれない。
京都市内の騒々しさもソロソロ嫌になってきたな。
お盆ぐらい静かにして欲しい。社寺も本来の仕事をした方がいい。目先の売上に拘るあまり本来の仕事をしていない。結果、檀家が減ったり、神仏を軽んじたりする輩が増えてしまった。悲しいことですね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

カマキリ [風景]

DSC01664.jpg
↑カマキリが嫌いな人、すんません。私、カマキリは好きかも。

一昨日、散髪に行くため、バスに乗ろうとしていた。
いつもなら歩いて行くのですが、暑いので歩く気がしなかった。
なぜなら、散髪屋に入った時、歩いた後は、ドッと汗がでる。
これから散髪しようという時、汗だらけではちょっとね。
散髪で切った細かい毛が身体中にくっつく。
考えただけでも嫌です。
でも一昨日行っておかないと盆休みになってしまいます。
ボサボサ頭で盆の行事に参加するのはちょっと嫌なんですよ。
ダレも見ていないのにね。
自分の志気の問題かな。

DSC01669.JPG
↑相手が大きな人間でも堂々としている。カッコいいと思います。

バス亭近くでカマキリを見た。
茶色のカマキリ。
カマキリって、緑と茶色がありますね。
脱皮のタイミングで色が変化するらしい。
私に気付いているけど、堂々と歩いていた。
大きな人間と出会っても悠然と歩くカマキリはカッコいい。
捕まえようと思ったけど、意味がないのでやめました。
気配を発しないでスッと掴むと簡単に捕獲できます。
これは、ゴキブリなんかでも同じ。
もっともゴキブリを手で掴んだりはしませんけど。

DSC01676.JPG
↑豊国神社

一昨日は、散髪をしてから業者さんの所へ、散髪をしている間、すごい雷でした。雨も結構降っていた。散髪が終わって出ると止んでいた。でも蒸し暑かった。
バスに乗るとまた雨と雷、降りると止む。
業者さんの所で作業してもらっている間は、雨でした。
外にでると止む。
晴れ男の面目躍如状態。

DSC01723.JPG
↑13日は、雨と雷が凄かった。これは、晴れ間が見えてきた時の空。

その後、デパ地下で京女と会い、買い物でした。
毎日、デパ地下に行くと飽きてきました。
しかも、デパ地下や繁華街は、観光客が異様に多く、街全体が汗臭い。
冬ならマスクをするから大丈夫だけど、夏はなんともしようがない。
京都市内全体をファブリーズをしたらどうやろ。
体臭と汗の臭い、そして安物の線香の匂いがどうも苦手な京男なんです。

さて、本日は、京女の実家へ行きます。故郷が京都市内の我々はタクシーで里帰りなんです。楽でいいでしょ。いつでも帰れるしね。お墓なんか我が家が一番近く、歩いていけるのです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

太閤塀 [社寺]

DSC00982.JPG

今日も三十三間堂です。
南端に南大門に連なって太閤塀というのがあります。
豊臣秀吉が寄進した塀なんだそうです。

DSC00980.jpg

DSC00974.JPG

当時のモノかどうかはわかりません。
それにていても豊臣秀吉という人は、京都に色々な建物を作りました。
どれだけお金をもっていただろう。

DSC00978.JPG
↑瓦に豊臣家の紋があります

それでも京都での秀吉の評判は、よくなかったかも。
もちろん京都人のことですから、面と向かっていいませんけどね。
豊臣秀次とその家族の事件を見た京都人は、秀吉のことを嫌ったでしょうね。
大阪では、秀吉人気はすごいらしい。
大阪人が好きなら、京都人は嫌いというのが普通です。

DSC00985.JPG

昨日は、ここまで記事を書いていたら、電話が鳴り始め、一日中色んな話しをしながらデスクワークをこなし、最後に業者さんに依頼しに走った。
その時、雷が凄い勢いでなり、移動している間に夕立状態。
どうなるかと思った。
でも有り難いことに傘は差さないで済んだ。

DSC00988.jpg

で、夕方、京女と待ち合わせ、デパ地下で買い物。
すごい人でした。観光客と帰省のお土産を買う人、孫を連れたお爺さんとお婆さん・・・とにかく人が多い。
いままで、こんなことはなかったのに・・・。

DSC00992.jpg

家に帰ってからも電話がかかってきてズッと話していた。
そんな日もあるのです。
お陰でお手紙やメールを書きそびれました。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

三十三 [社寺]

DSC00940.JPG
↑三十三間堂入り口

近くだけど、なかなか入らないのが三十三間堂。
観光で京都にこられる人は、行くのでしょう。
父親に聞いたら、行ったような、行かなかったような・・・・との答え。
一度連れて行かないといけませんね。

DSC00942.JPG
↑通し矢をする場所

この三十三間堂の風神・雷神像と二十八部衆像の配置換えがあったのだそうで、それを観に行きました。
並べ替えで三十三間堂創建当初の並びになったそうです。
ここの風神・雷神像と二十八部衆像は、好きなんです。
観ていると懐かしい感じがする。
なんだろう?

DSC00945.JPG

今回、千手観音坐像をしっかり観た。
三十三間堂の「三十三」という数字は、三十三の観音の姿になり人々を救うのだそうです。
お堂の中に1001体の千手観音があります。

DSC00967.JPG
↑小説や映画では、ここで宮本武蔵と吉岡伝七郎が闘った場所。もちろん事実ではない。でも映画の撮影は、ここで行われた。今では考えられないことなんです。ここは国宝ですからね。

一体一体が千手観音なんです。
数があれば御利益があるの?
各々の観音に手が千ある。
あの手この手で千体の観音が私たちを救ってくれる?

DSC00997.JPG

実際の数でなく、1000は無限を表現している。
しかも、時間的に過去・現在・未来と広がりを持っている。
三十三間堂の観音像はその無限世界を表現しているらしい。
「そこまでして人間を救う必要があるのかな?」とちょっと思いました。
人間の行いは愚か過ぎませんか?昔から比べてどんどん人間性が退化して来ているように感じる。自分で災いの種を蒔き、結実させているように感じます。
その根本的な部分を救う?
それならわかるけど。

DSC01007.JPG

ならこんなお堂に引き籠もってないで、外に出て来て実際に活動しゃはったらいい。
いま、やらないと手遅れになるかも。
地球の自浄作用が始まって来ているように思いますね。
観音さんは、どう考えておられるのかな?

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

祈りの形 [社寺・和菓子]

DSC01378.jpg

DSC01373.JPG
↑清水寺の絵馬って「宝船」なんだ。

先週は、ほとんど外出ばかりだった。
仕事というよりプライベートがほとおど。
お盆のシーズンだから仕方ない。
体調を崩す人も多いですね。
酷暑疲れが出ている人の話をよく聞きます。
皆様、あまり無理なさらないように。
今年は、例年とかなり違います。

DSC01394.jpg
↑奥の院の夜叉神

DSC01401.jpg
↑清水寺を守る最強の存在なんだそうです。

昨日、昼から買い物に行った。
この時期、百貨店に行くのも一苦労。
バスがお盆バージョンになっていたりする。
しかも、京都市内の交通量がやたら多い。
帰省に行く車、京都に観光に入ってくる車。
そういえば一昨日もそうだった。
実家に看護師さんが来られるので実家に行かないといけなかった。
私も同席する予定が交通停滞で時間が少し遅れてしまいました。
なんとか居られる間に付きましたが危なかった。

DSC01421.JPG

DSC01423.jpg
↑福禄寿なんだそうです

京都市内、例年なら観光客は少なくなるのですが、今年は多い。
年々増えてくる。
お盆ぐらい静かにして欲しいものです。

DSC01448.jpg
↑子安塔

DSC01451.jpg

昨日は、百貨店で買い物をしていましたが、お供えとかを買いに行ったのですが、同じようなことを考える人が多いのか、レジで長蛇の列。
百貨店も最近、当たり前にレジで行列ができている。
最近の日本は、行列が多い。
モノはたくさんあるのですが、結局、レジの人の手が遅しからなんでしょう。
エスカレーターも乗るのに行列が出来ている。
しかも、外の気温と屋内の気温の差があまりないように・・・という親切心のため、冷房が効いてない!!
なんか買い物をしていて快適でないですね。

P1160498.JPG
↑鶴屋吉信「宵待草」

早くお盆や夏休みが終わって欲しいと願う今日この頃。
何を愚痴っているのでしょう。
外に出ていると早く家に帰りたくなります。

P1160521.JPG
↑焼皮、粒あん

本日の写真は、清水寺の残りです。
早朝の清水寺は、静かでよかった。
もちろん、昼間は、外国からの観光客が多いのでしょうね。
絵馬でも外国語をよく見かけます。

とりとめのない内容でした。
すんまへんなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:地域