So-net無料ブログ作成

けいらん [食]

DSC02879.JPG
↑永正亭「けいらんうどん」京都人は、こういうトロミをつけたうどんが好き。底冷えの時、トロミをつけたうどんにおろし生姜をのせ、フーフーしながら食べると身体が温まる。

私の部屋は、暖房はしていない。
北側に面しているけど13〜14.5度ぐらいの室温。
これぐらいだと指先は凍えない。
服装は、上下大体二枚、足はフリースの足袋。
実家は、一戸建てなので室温は低い。
でもおそらく同じ服装で手袋になるかな・・・。
暖房が苦手なんです。

DSC02895.JPG
↑こういう時、京都風のこしの弱いタイプのうどんがいい。讃岐うどんのようにこしのあるうどんは、あわないと思う。

実家に行くと父親が寒いので掘り炬燵と空調の暖房を付けている。
彼が寒いのは、動かないからだろうな。
それと脂肪はいっぱいあるけど、筋肉が減ってきているからだと思う。
高齢になると誰もがそうみたい。
彼からの質問で「テレビで宣伝をしているサプリで、飲んだら筋肉が増えるとやっているけど、あれを飲んだらいいのか?」というのがありました。
「アミノ酸を摂れば筋肉の材料は摂れるかもしれないが、運動をして負荷をかけないと筋肉はできません。あんな宣伝は、嘘じゃだろうけど、運動云々を言っていない。健康番組だって同じ。ジムに行って鍛える必要はないけど、なんらかの運動をして筋肉量を増やすことを考えた方がいい。寒いからといって外部の熱で温め、ジッとしていたら、身体は自分で熱を出さなくなる。身体は無駄なものはドンドン退化させる。だから過激な運動でなく。さりげない運動をしたらいい。私なんかパンツ一丁で一時間毎日体操している。だから座ってでもいいからラジオ体操とかしたらいいよ。やったら温かくなる」と言っているのですが・・・理解しませんね。

DSC02912.JPG
↑「天とじ別れ」京女が珍しいものを注文した。これはどういうものかというと要するに天とじ丼の具とご飯を分けただけ。こうするとおかずとご飯を食べた気持ちになります。

昨日、京女と実家に行った。今日(14日)は、センター試験や全国女子駅伝があり、実家に近づくことが困難になる。だからその替わり。
「血圧が190ぐらいある」と言っていた。上記のような理由もあり、血圧が高くなっているのだろうな。血糖値もよくないらしい。正月からずっと余計なモノを食べる癖がついているのだと思う。
原因は、寒いので分厚いセーターを着たまま血圧を測っているのが原因の一つ。
パジャマの状態で測ればいいのに・・・。
私が行って測ると160ぐらいだった。160ならそんなに高い部類じゃない。

DSC02897.JPG
↑京男発註「カレー丼」

それから「iPadがおかしくなっている」とのこと。
見るとOSがアップデートしている。
やってしまった・・・あれだけしらない表示が画面に表示されたら、触らずに電話をしてくれと言っていたのに・・・。
パスワードをいれても受け付けない!?
血圧を下げようと用意して行ったのに、iPadのおかげで時間が無くなった。
いろいろやってもだめ・・・実家では、メモ類がないから、結局、持ち帰り状態となりました。

DSC02924.JPG
↑肉は、具は鶏、鶏カレーうどんの丼版。胃にもたれません。

きっと私の血圧が上がったと思う。
血圧の高さなら父親なんなに負けていない。
まあ、そんなことを誇ってもしかたないけど。
買い物の前に、京女と二人、ランチを食べた。
久しぶりの永正亭。
入って行ったら、ちょうどテーブルが空いていた。
で、本日の写真のモノを食べました。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:地域