So-net無料ブログ作成

ゆっくりした元旦でした [風景・和菓子]

大晦日に年賀状を出したから、比較的平和な元旦です。
私の周囲で、年賀状を卒業するのが数件ある。
年に一度の安否確認状態では、どうも面白くない。
しかも、昨年は喪中ハガキがやたら多かった。
いままでは、親の喪中だったのが、同世代や年下世代が多いのです。

DSC02256.JPG
↑モクレンの蕾が温かそう。

今日は、父親のところに行く予定。
そして予約をして置いたお店でランチを食べます。
京女の実家にも、行かなくちゃ。
我が父親も京女の母親も元気なのがありがたちです。
まあ、我々夫婦だって元気でいないとね。

DSC02269.JPG
↑梅の蕾がかわいい

毎日、特別何もないのが一番の幸せ。
健康が当たり前だと思ってはいけません。
当たり前に朝、目が覚めるってある種の奇跡なんだと思う。

DSC02266.JPG

DSC02265.JPG
↑州浜のような形がかわいい。○が3つのマーク。厄除けなんです。

瞬間瞬間「丁寧かつ精妙に生きる」こと。
それが大きな幸せに通じて行く。
そんな風に生きたいものです。

DSC00277.JPG
↑亀屋良長「福戌」犬を表現したいのね。そう思うとそう見えてきますね。

DSC00358.JPG
↑ニッキ入外郎、白こしあん

なんか年寄りくださいことを書いてしまいましたね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:地域