So-net無料ブログ作成

枯葉 [風景・和菓子]

DSC01766.JPG

テレビでは、「真冬のような寒さ」と言っている。
いまの時期、真冬と違うのかなぁ・・・。
そう思います。
関東のテレビ局中心で番組を作っているから、関西から見ると違う場合が多いかも。
大体映像がいつも雪景色で「真冬のような・・・」と表現している場合が多い。
京都市内では、雪は年に一度降るか降らないかなんですよ。

DSC01765.JPG

因みに「真冬日」というのは、気温が0度の日なんだそうです。
ということは、京都市内(北区とか左京区北部は別だけど)は、0度になるのは早朝ぐらいかも。
昼間は、風がなければそれほど寒く感じない。
寒いのは懐かなぁ・・・。

DSC01769.JPG

私は、財布がパンパン状態が嫌いなので、小銭を引き出しに入れて行く習慣がある。
引き出しが一杯になったので、レジ袋に入れ、郵便局に持って行った。
数えてもらって通帳に入れるのです。
きっと道路で転けたりして、小銭をばらまいたら賽銭泥棒と間違えられるかも。
贔屓の神社があったら、全部ぶちまけたら、神さんはビックリして願いを聞いてくれるかもね。きっと凄い音がするだろうし。
それにしても重たかった。

DSC00150.JPG
↑二條若狹屋「枯葉」

道路の色々な所で落葉が溜まっている。
こういう落葉に包まったら暖かいかもね。
フワフワと気持ち良さそうに見える。
こういうのを見ていると「吹き寄せ」を食べたくなりますね。

DSC00156.jpg

昔なら、落葉を集めて「落葉焚き」をやっていた。
いまは、焚き火なんてできませんよね。
焼き芋を焼いて・・・というのは、昔話になりました。

DSC00163.JPG
↑外郎、粒あん

私の住むマンションの管理人さんの仕事は、この落葉を集めること。
気の毒になるぐらい、掃いても掃いても落葉が落ちる。
集めた落葉は、保育園にあげると言っていた。
いまでもそうなんだろうか?
消防的に許されなくなっている可能性がありますね。
どうなの聞いてみよう。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(5)  コメント(8) 
共通テーマ:地域