So-net無料ブログ作成

哲学の道・・・いまでも考えられる? [風景・和菓子]

DSC00814.jpg

12月になった途端、冬になったように感じます。
気温は、それほど寒くはない(私だけかも)のですが。
でも建物の中は、とても暑い。
この気温差がストレスになりますね。
しかも、昨日はヨドバシカメラに制作中のモノの材料を買いに行った。
京女も同行してもらう。
モノを探したり、取説を読んでもらったりしなければならない。
こんなことは久しぶり。
あのヨドバシカメラの騒音の中で、しかも昨日は、QuietControl 30 wireless headphonesもしていかなかったので、頭が割れそうな中での捜し物。
しかも、スマホを忘れていたのです。

DSC00816.JPG

DSC00821.jpg

あんな騒音と空気の悪い職場で店員さんはよく働いていると思う。
しかも、匂いがまたすごい。
でも匂いは、みなさん気付かないらしい。
私はだめなんです。
騒音・暑さ・匂い、すごく消耗しましたよ。
ランチを食べる時、グッタリだった。

DSC00829.jpg

DSC00831.JPG

さて、本日の写真は「哲学の道」。
今では、観光スポットとして賑やかになってきている。
京男の高校時代ぐらいの時は、今のような賑わいは全然なかった。
道もそれほど整備されていなくて、いつもシーンとした感じだった。
春の桜の咲く時、歩いているととても気持ちがよかったな。
でも哲学的なことは、なにも考えなかったですね。

DSC00063.JPG
↑長久堂「木枯らし」

でも京男は、「哲学」というのは、いまもよくわからない。
哲学者の知り合いはいないしね。
「哲学」を調べると以下のような記述があった。
哲学とは英語で「philosopia」。訳すと「知を愛する」「智を愛する」という。
世間のいろいろなことを知的に思考し、大きな仕組みを見出すようなことかな?
「智を愛する」というのは、好きやなぁ。

DSC00067.JPG

もっともっと頭を使わないといけませんね。
というよりモノ忘れが多くなったかも。
イメージに関してはよく浮かぶのに、言葉・単語に関してスムーズに動いていない。
イメージだけで言葉のない世界の住人になりつつあるのかな。
単語は、でないけど、イメージが豊富。

DSC00078.JPG
↑渋皮栗あん、きんとん、赤こしあん

イメージを使って哲学するというのは、案外可能なのかも。
でも同表現すればいいのか?
来年以降の課題かも。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:地域