So-net無料ブログ作成

朔風吹く [食]

12月になった途端、京都の街が静かになったように感じます。
朔風とは北風のことだそうです。
確かにちょっと風が冷たい。

DSC00840.JPG

先月末、注文していた冬の中折れ帽が届いた。
ポルトガル産ファーアンテロープの帽子は、被るとなんとも気持ちのいい暖かさ。
仕事をしながらでも被れそう。
今回は、撥水加工をお願いしておいたので、ちょっとした雪でも大丈夫だ。
こういう帽子を被ると食事に行く店が限定されるかも。
最近、一人なら外で食事をあまりしないからいいのか・・・。

DSC01302.jpg

先日、父親と食事をする日だった。
「何がいい?」と聞くと「柳園、カレーラーメン」というリクエスト。
この気温で温かいモノが食べたかったのね。
話を聞くと前日、病院に一人で行った時、ラーメンを食べたらしい。
好きやね。

DSC01304.jpg

私は、久しぶりに「豚汁セット」を注文。
ご飯は、最近小になってしまった。悲しいね。
ここの豚汁は、我が家の豚汁のお手本になっているのです。
冬はやっぱりこれやね。

DSC01294.JPG
↑柳園「カレーラーメン」父リクエスト

父親は、相変わらずカレーラーメン。
ここのがお気に入りらしい。

DSC01298.JPG
↑焼餃子、写真を撮ろうとしたら父親が一切れかっさらった!

餃子も父親のリクエスト。
写真を撮ろうとしていたら、一個食べられてしまった。
よほど食べたかったのね。
私も「待て!」を言わなかったから仕方ない。

DSC01287.JPG
↑豚汁セット、ご飯は小。

なにはともあれ、ほっこりしました。
この後、地下鉄で四条に行った。
父親に「ICOCA」の使い方を説明。
このカードでコンビニで買い物ができるのも説明する。
近所のコンビニに買い物に行く時、財布は不要と教えた。
そして「ICOCA」のチャージ方法と残金の確認方法も伝習。
真面目な父親は、レジで金額をキッチリ支払おうとするのです。
彼は、周囲を見渡さないから、後ろに人が居たりする時は、やらないようにキツく伝えた。
レジでのもたつきは、迷惑になりますからね。
生活の方法が急速に変化して来ていますね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:地域