So-net無料ブログ作成

豆と豆 [食]

昨日の記事の続き。
実家での作業が終わり、ランチとなる。

DSC09357.JPG
↑ふじ亭「うな重上」

鰻の好きな次女のために、ふじ亭に行く事にする。
次女と鰻のエピソードがある。
次女が小学校の低学年の時、二人で伏見稲荷大社に行ったことがある。
まだ、外国人観光客なんて姿も形もない平和な時代の話。
千本鳥居を過ぎ、行場のような所に行った時、次女が「うなぎ、うなぎ」と行った。
見ると道をヘビが横切っていた。
「うまそうやねぇ〜」と次女に言ってやった。
次女は、鰻が好きだったのです。(笑)
私に似たのか食い意地が張っていた。
中高生になっても私によく一緒にうろうろした。
なんか美味しいモノが食べられると知っていたようです。

DSC09354.JPG
↑天ぷら定食

その次女でもふじ亭にはまだ行ったことがなかったらしい。
そうだよね。
20年以上前に、本日の写真のようなランチは食べないなかった。
私も随分食べるものが変化したものです。

DSC09367.JPG
↑京風弁当

ついでに、すはま屋にも連れていった。
京女も「植村義次」時代でも行ったことがない筈。
いい機会だからカフェに座る。

DSC09384.JPG
↑すはま屋「珈琲&州濱」

州濱に合う飲みのもなにかきいてみました。
珈琲が合うのだそうです。
考えたら珈琲も豆だよね。
州濱も大豆。
合わない訳がない。

DSC09385.JPG
↑厚みは13mmぐらいがいいのだそうです

いっしょに食べると、とても合いました。
いいことを知りました。
古い御菓子だけど、現代風に楽しめる。
これは素晴らしことです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(5)  コメント(7) 

nice! 5

コメント 7

すー

おはようございます
これまた、何ともよだれの出るおいしそう、というか美味しいに決まっているという感じです。
by すー (2019-08-05 04:22) 

京男

>すーさん、おはようございます。
贅沢でしょ。昔ならあまり食べなかった食事なんです。
おとなしくなりました。
by 京男 (2019-08-05 04:31) 

せつこ

おはようございます^^
贅沢です、でもたまには食べたいです。
昔は新潟の有名どころのウナギよく食べました。
しかしご無沙汰してます。
by せつこ (2019-08-05 05:01) 

せつこ

次女さんのお話笑ったわ(^0^)
by せつこ (2019-08-05 05:02) 

常盤万作

おはようございます。
土用が終わったら、鰻を食べに行きます。
by 常盤万作 (2019-08-05 07:52) 

京男

>せつこさん、おはようございます。
鰻は、何回か骨がささってエライ目に遭いました。でもこりません。
昔から贅沢品でしたね。京都では鱧が代用品だったけど、美味しくなかった。鱧でつくったうざく?を食べさされてから鱧があまり好きでなくなった。
次女、いいでしょ。私と同じような感覚なんですよ。
ヘビを食べていたらチャンと「へび」と言ったかも。
by 京男 (2019-08-05 08:58) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
美味しい鰻を食べたいですね。蒲焼きなんかより白焼きを二、三匹食べたい。
by 京男 (2019-08-05 09:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。