So-net無料ブログ作成

子ガラスの合唱 [甘味・その他]

DSC04163.JPG

いま、カラスの雛の巣立ちシーズンらしい。
朝早く、カラスの声がうるさい。
カラスってそんな声をしていている。
もうすこしいい鳴き声と姿、色合いだったら嫌われないだろうに。

DSC04165.JPG

親と会話しているのだろう。
カァ〜カァ〜とよく鳴いている。
遠くで親の声がしている。
写真を撮ろうと窓をあけると察知して逃げるのが凄いと思う。
この写真は、気配を殺してスーッとあけ、シャッターを押した。

DSC04174.JPG
↑大阪・四天王寺河藤「通」

DSC04176.JPG

このカラスの合唱が終わると、蝉が鳴き出す。
そうなんです。もう蝉が鳴いています。
彼らは、梅雨明けだと考えているようです。

DSC04173.JPG

DSC04179.JPG

これは、大阪四天王寺門前の河藤の「通」。
大きな小豆を寒天で固めた小さな御菓子。
シンプルなんですが、美味しい。
別に冷たくないけど、涼しげなんです。
年中食べても飽きない。

DSC04183.JPG

法事の後は、こういうお下がりが多い。
最近は、温かいお白湯でいただいています。
お白湯も悪くない。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:和菓子 洛外
nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 6

常盤万作

京男様おはようございます。
「白湯」の味が解るとは、大茶人です。
お客様へ白湯を差し上げた話は伝わっています。
by 常盤万作 (2019-07-20 10:14) 

pomme

おはようございます。
この辺の蝉はまだ鳴きだしていませんから、
梅雨明けは先かな~
このお菓子、名前もいいですね。


by pomme (2019-07-20 10:20) 

すー

こんにちは
大阪・四天王寺河藤「通」の少し透き通ったところが涼し気ですね。
by すー (2019-07-20 13:51) 

京男

>常盤万作さん、こんばんは。
今日は早朝からずっと外出でした。
最近、お茶よりお白湯の方が美味しく感じます。
安上がりでいいですね。
この間の松風には、歯の詰め物をとられて振り回されました。
この「通」は大丈夫でした。
by 京男 (2019-07-20 18:51) 

京男

>pommeさん、こんばんは。
蝉は一週間前ぐらいから鳴いています。
このあたりは梅雨明けしていると思います。
気象庁の人は、蝉と違って生命をかけていませんからあてになりません。やたら警報ばかり連発して・・・。
by 京男 (2019-07-20 18:53) 

京男

>すーさん、こんばんは。
これは美味しいんですよ。すーさんは食べないでしょうが。
by 京男 (2019-07-20 18:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。