So-net無料ブログ作成

足りなかった? [食]

一昨日の6月11日「耳垢掃除」の続きです。

DSC01969.JPG
↑同じような写真ですんまへん

ランチを食べ、市バスのバス亭で立っていた。
市バスが来た!
その時、市バスの混み具合を見るのです。
そして空いていて、座れそうなら飛び乗るのです。
行き先は、来た市バスによります。
さすがに九条車庫方面に行く市バスには乗りませんけど。
着たのが京都駅方面だった。
しかも空いていた。

DSC01976.JPG
↑私が食べたカレー。こういうのって時々食べたくなりませんか?

父親の手を繋ぎ乗る。
そして座る。
祇園から清水道ぐらいから、スイカの種(修学旅行の生徒)がどどっと乗り込んでくる。市バスの中を見回して、京都在住の人はほとんどいない。
最近のスイカの種、ドリンクを片手に持って市バスに乗り込んでくるのが不思議。市バスになれていない生徒は、市バスの動きについていけず、よろよろしている。ジュースがこぼれないのかな?いつから市バスの車内にあの手のドリンクを持ち込んで乗るようになったのか?そういえば百貨店の店内でもドリンク片手に歩いている。
街中でも同じ。人とブツカッテ溢したりしないのかな?
酷いのになると飲んだ後のカップを置いて立ち去る人がいる。
マナーもくそもない。いくら観光客でもやっていいことと悪いことがあると思う。

あのカップ、まさか熱中症対応なのか?あのカップはなんだろう?
テレビの天気予報で必ずと言っていいほど「熱中症にお気をつけください。水分補給はこまめに」というからなのか。
食べ物の紹介で、B級芸人が食レポをする時、立って食べている。台詞が「うまぁ〜い」「やばい」の連続。あれは、止めた方がいい。テレビを観ている人が同じように食べ、台詞を吐く。

市バスに乗っていると色んな人の生態が観察できて面白い。
でも座っていて足を踏まれないか、キャスター付きのトランクが転がってこないか気をつけないといけない。
市バスなんとかした方がいいと思う。

DSC01981.JPG
↑イノダコーヒ「ロールパンセット」

混んできたお陰で、父親に東大路通を走る市バスのえぐさが、体験できたと思う。
どういう目にあって実家に通っているのか、分からせる必要があるのです。
市バスなんか簡単に乗れて・・・・なんて考えていますからね。
ここ十年で劇的に悪くなっています。
市民など無視している京都市はどう考えているのか。
観光や交通をコントロールしている部門の人間、それに市長は実際に市バスに乗って見なさい。どういう政策をしたらいいのか現場で考えなさい。机の上でなく。

DSC01979.JPG
↑スープの蓋、いつもサービスの人がさっと開けて持ち去るので慌てて撮影。ピントがボケテいる・・・・。

話しが脱線した。
食べ物に戻します。
衝動的に京都駅方面に行ったとはいえ、ちゃっかり私の用事を済ませ。お茶でも飲もうとなった。いつものイノダコーヒ。うまく席が空いていたので着席。
我々は、だいたいコーヒーは飲まない。原価率で食べているかも。(笑)コーヒーなんてタダみたいな原価ですからね。

DSC01984.JPG
↑父親は、トマトスープが好きなんです。

父親が「トマトスープが飲みたい!あのパンの付いたやつ」と言った。
やっぱりランチが足りなかったんだ。
私は、レモンアイスクリームが食べたかった。値段があまり変わらないのでクリームみつ豆を注文。

DSC01990.JPG
↑私はレモンアイスクリームが食べたかった。単品ではもったいないからクリームみつ豆を注文。口の中をさっぱりさせたかったのかも。

トマトスープと小さいけどパンをペロッと食べたのには、ちょっと驚いた。
さっきのランチの所で鰻丼を食べておいたらよかったのに・・・。

以上、雑談でした。
父親といっしょの時は、どうも撮影に集中できません。写真が気に入れんなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(5)  コメント(8) 
共通テーマ:地域

nice! 5

コメント 8

常盤万作

京男様おはようございます。
世代間、地域間での価値観が違い過ぎています。
もっと言うと「躾」の薄い世代が、躾の無い世代を育てたのです。
親子でなく、友達として、寄り添って育てたのです。
現代は当然の結末です。
by 常盤万作 (2019-06-13 07:33) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
「躾」って凄い漢字ですね。「身(体)」+「美」ですよね。
とても大事なこと。3〜5歳ぐらいに終えておかないといけない。その大事な時を他人にゆだねるからいけないように思う。「愛情」でなく「愛」で躾けるのです。いまの風潮では「(感)情」で育てる。「愛」がない。「愛」と「愛(感)情」の違いが理解できていない。親子は友達ではだめです。友達なら嫌になったら別れればいい。親子はそうはいかない。親の責任がある。そこを理解できていない。子供を「(感)情」で育ててはいけません。 「愛」は見返りを求めない。無償の愛。無償の愛を全力で与えるのが親。その自信がないなら子供をつくってはいけないのです。快感だけで子供を作ってはいけません。必ず自分でツケを払うようになります。
by 京男 (2019-06-13 07:54) 

常盤万作

つづき
感情で育てていますから、気に入らなければイラッとして殺します。
子供がセックスをして、子供を飼育しています。
by 常盤万作 (2019-06-13 16:27) 

すー

こんにちは

カレーのスプーンがいいな! 懐かしい!
by すー (2019-06-13 16:33) 

京男

>常盤万作さん、こんにちは。
いま、帰ってきました。子供が成長しないまま、子供を作る、三代ぐらい経っている。高齢者は、ボケ初めている。猿の惑星誕生ですね。そんなことをいったら猿に失礼かも。
by 京男 (2019-06-13 16:47) 

京男

>すーさん、こんにちは。
こういうスプーンがきたら水で洗いたくなりますね。(笑)
by 京男 (2019-06-13 16:47) 

pomme

こんにちは
イノダコーヒーさん、色んなものがあるのですね。
珈琲しか飲んでこなかった。次回を楽しみに。
お父様、食欲旺盛ですね。

by pomme (2019-06-13 17:43) 

京男

>pommeさん、こんにちは。
イノダコーヒの珈琲は酸味が強く好きでないです。一番好きなのは、レモンアイスクリームです。
最近、父親に食欲で負けております。
by 京男 (2019-06-13 18:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。