So-net無料ブログ作成

近くにあったらいいのになぁ・・・ [食]

DSC01106.JPG

ひょっとして久しぶりの田中長生療院だったかも。
今回は、私だけで行きました。
朝、急に行きたくなるのです。

DSC01055.JPG
↑松庵「そば定食(御飯・鶏山しょ焼き・しんじょう・そば)」これで1000円がいいですね。最近、腹立つのがメニューで1000円と書いてあり、レジで1,080円だったりするのが一番気分が悪くなる。すごく損をした気持ちになる。このお店はそういうことはないです。

肩と頚椎が固まってきているのがわかるのです。
わかっていても頚椎はなかなか緩んでくれない。
いろいろ雑談をしながら施術していただきました。
いつもありがとうございます。
もう長いつき合いですよね。
30年ぐらいになるのかな?

DSC01047.JPG
↑出汁がいいのです

DSC01049.JPG
↑鶏山しょ焼き

子供をバイクに乗せて来たりしたな。
長女が一番多くバイクに乗せていたかも。
いまでは、彼女もバイクに乗っている。
面白いものですね。

DSC01051.JPG
↑しんじょう

DSC01058.JPG
↑こういう顔の七味がいいのです。香りもいいしね。七味のいいうどんそば屋さんは間違いない。エスビーの瓶のままなんてのはだめ。

次女は、ランチによく連れて行った。
中高生の時、バイクに乗せてランチ。
次女が一番、美味しいものを食べている。
普通、高校生になったら父親についてこないと思うでしょ。
我が家は違うのです。私が母親と同じぐらい接しているから違和感がないのです。
高校の時、神戸に遠足に行った時、南京街の肉屋で焼き豚を1本買って来てと言ったら、買ってきた。勉強はあまりできなかった?かも。でも沢山ぶら下がっている焼き豚を見て、美味しいものを探ってこれた。彼女が握り寿司を選ぶ時の真剣な表情はすごいものがある。(笑)

田中先生、チャンと座れて食べられましたよ。
あの時間で私だけだったのには、笑ったけど。
そこまでしてくれる必要はないのにね。
念いってすごい。
次回は、京女と行きます。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

nice! 4

コメント 4

すー

おはようございます
私も、娘たちと、よく話す方だと思っています。
by すー (2019-05-12 07:59) 

京男

>すーさん、おはようございます。
きっとすーさんは、そうだろうな。家庭を大切にされているからでしょうね。
by 京男 (2019-05-12 08:07) 

常盤万作

京男様おはようございます。
繁盛している店の「七味唐辛子」は生きが良い、だから料理が美味い。美味いから繁盛する、七味唐辛子は生きが良い。
回文ですな。
by 常盤万作 (2019-05-12 08:16) 

京男

>常盤万作さん、こんばんは。
「七味唐辛子」は、大切です。ここの七味の調合は私好みです。
辛さは爽やかで香り高い。御飯にかけても美味しいですよ。
by 京男 (2019-05-12 19:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。