So-net無料ブログ作成

唐衣 [風景・和菓子]

DSC03712.JPG

タイトルの「唐衣(からごろも)」って美しい表現ですね。
平安時代の婦人礼装。十二単(じゅうにひとえ)の一番上に着る丈(たけ)の短い衣。綾(あや)や錦(にしき)で仕立てる。

DSC03714.JPG
↑二條若狭屋「唐衣」

この生菓子は、菖蒲を唐衣に観てている。
この紫色と外郎の柔らかさがなんとも優雅。
食べるのがちょっと惜しい気がする。
でも結局、食べてしまった。

DSC03725.JPG
↑外郎、黒白こしあん

話しは、替わります。
四条通りの歩道を歩くと不自然な箱がある。
まあ、ぶつかったりはしないと思うけど・・・いるかな?

DSC00824.jpg

これは、四条通沿いの歩道を広げた時、取り残された箱。
電気関係の箱らしい。
早く地下化をしたらいいのに・・・。
なんか意味があるんだろうか?
大体、歩道を広げる必要があったのだろうか?
日が当たる時、歩行者は歩いていませんよね。
雨の時も。

DSC00827.JPG

信号の柱も変な所に立っている。
交通量の多い四条通りをこんなに狭くした意味はあるんだろうか?
この道路の地下は、歩けるようになっている。
私はもっぱら地下を歩いています。人が少ないから歩きやすいしね。

DSC00830.JPG

タクシーの乗り降りがとてもやりにくくなった。
市バスも乗りにくくなったと思う。
市バスに乗るための行列が出来ているのですが、何処行きのバスのために並んでいるのかわからない。市民でもそうなんです。外国人観光客ならもっとわからないだろうな。なんとかならないのかな?誰のための市バスなんだろう?市民なの観光客なの?そろそろハッキリした方がいいのかも。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

nice! 4

コメント 6

常盤万作

京男様おはようございます。

この箱の目的は、かように想像しました。

歩道を車が走らない為の防護壁(柱)だ。

狂人の多い現代は必要でしょう。
by 常盤万作 (2019-05-07 07:00) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
そうか。歩行者を守る為のブロックだったのですね。
なるほど・・・。
by 京男 (2019-05-07 07:16) 

すー

こんにちは
二條若狭屋「唐衣」  本当に上品な色合いですね。
by すー (2019-05-07 13:20) 

京男

>すーさん、こんにちは。
この紫色はいい色です。紫は難しい色ですね。
by 京男 (2019-05-07 16:14) 

せつこ

綺麗な和菓子、流石京都です。
by せつこ (2019-05-08 08:59) 

京男

>せつこさん、おはようございます。
腐っても京都でしょ。(笑)
by 京男 (2019-05-08 09:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。