So-net無料ブログ作成

玉子サンド [食]

DSC00659.JPG

ひさしぶちにAmazonに行った。
私的に「Amazonに行く」とは、サンドイッチを食べに行くということ。
元通販の書店(いまでは何でも売っている)の実店舗(おそらくないと思う)に行くということではない。

DSC00643.JPG
↑アマゾン「玉子サンド」

散髪に行った後、遅い昼食を食べるためだった。
このアマゾンもオープン当初から行っている。
最初は、打合せとして。
サンドイッチ云々は、最近かもね。

DSC00646.JPG
↑これで1,000円でした。コストパフォーマンスがいいと思う。

私は、2階が好きかも。
住所は、鞘町通り沿いなんだ。
昔、住んでいた住所と同じや。
懐かしい。子供たちの幼稚園や小学校もありました。
いまは、もうないけど。

DSC00651.jpg
↑珈琲は、こういう分厚いカップで飲むのが美味しいと思う。

昔ながらの喫茶店がやっぱり好き。
外国から来た、セルフのお店はどうも好きになれない。
コーヒーも昔ながらのお店の方が美味しいように思う。
カフェなんて名前がついたらお終いやね。
日本にカフェは似合わない。
外に座って通行する人を眺めながら、排気ガスを吸いながら使い捨てカップから珈琲を飲むなんていややね。値段が安いかというとそうでもないし。
ファッション?使い捨ての紙コップを持って飲みながら歩くのがファッション?
使い捨ての紙コップなんてゴミがでるからだめですよ。
ストローより使い捨てのカップの蓋って気にならないのかな?

DSC00658.JPG

なんて考えながら玉子サンドを食べていた。
でも・・・全部食べたら多かった。
晩ご飯、あまり食べられなかった。
やっぱり、ハーフにしといたらよかったかも・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 4

常盤万作

こんにちは
「歩きながら食べるのは乞食の子」
この格言で現在も生きています。
by 常盤万作 (2019-04-30 11:01) 

京男

>常盤万作さん、こんにちは。
「乞食(こつじき)」は、仏教用語ですよね。だから乞食さんに失礼です。あれは、猿の子だと思う。
by 京男 (2019-04-30 11:25) 

せつこ

こんにちは~~
たまごサンド……セブンイレブンでたまに買います。
アマゾンなんて店無いし(@@)
by せつこ (2019-04-30 13:44) 

京男

>せつこさん、こんにちは。
この手のサンドイッチは、作りたてのフワフワ状態が美味しいです。
コンビニのモノでは、味わえないですね。しかたありません。
by 京男 (2019-04-30 16:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。