So-net無料ブログ作成

たまには、凛とした食もいいものですね [食]

京都市内の大部分の桜は散りました。
寂しいのですが、だからといって半年も満開が続いたら飽きてしまいますよね。
短期間にパァーッと咲いて、散るからいいのです。

DSC09951.JPG
↑風景の写真は、いつもの智積院。料理は大徳寺の近くなので、智積院からするとかなり遠いです。念のため。

桜が終わったらツツジになって行くのでしょう。
ツツジも綺麗だけど、桜と同じようにありがたがらないかもね。
その後は、連休明けの新緑。
連休が終わったら、観光客も少なくなるかも。
そうしたら楽しみに行く予定。
連休・・・引き籠もりでございます。

DSC09946.JPG

ゆっくり家で寝て過ごすのが一番かも。
京都市内の人の多い所には行きたくない。
家に帰るのも一苦労状態なんですよ。
観光名所の側に住むのも良し悪しね。

DSC09948.JPG

さて、以下は、7日のランチです。
大徳寺の側の「一久」。
精進料理のお店です。

DSC09851.JPG
↑大徳寺精進料理縁高盛。黒っぽいのが大徳寺麩なんです。これが美味しい。

そんなに量は多くないでしょ。
でも満足するのです。
吸い物の加減が久しぶりに感心してしまいました。
なんでもないように見てて、とても非凡なんです。

DSC09865.JPG

器もとても綺麗な状態。
最近、こういう神経の行き届いた状態は少ないかも。
カロリーだけでなく、気のようなもので満足するのです。
これは、素晴しいことですね。

DSC09868.JPG

DSC09873.JPG

年に一度は、こういう食事を摂り、身体と心を初期化したいものです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 4

常盤万作

こんにちは、筍採りから帰ってきました。
出始めなので、猪に喰われています。
食べ残しを掘ってきました。猪の食欲を上回るほど筍が出始めると、人間にもお裾分けがあります。
by 常盤万作 (2019-04-14 15:00) 

京男

>常盤万作さん、こんにちは。
筍のシーズンですか。なるほど猪と競争なんですね。
by 京男 (2019-04-14 16:42) 

すー

こんにちは
見事なお料理ですね。
by すー (2019-04-14 18:16) 

京男

>すーさん、こんばんは。
心が満たされるような料理でしたよ。
by 京男 (2019-04-14 19:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。