So-net無料ブログ作成

厄塚 [社寺]

DSC06846.JPG
↑吉田神社大元宮

DSC06850.JPG

昨日(4日)吉田神社に行きました。
節分後日祭がやっております。
もちろん、追儺式や 疫神祭、火炉祭は、終わっています。
でも大元宮にゆっくり詣れます。

DSC06918.jpg
↑厄塚

DSC06859.jpg

吉田神社は、たくさんの屋台がでます。
最近、あの屋台の脂の匂いが嫌なんです。
マスクをしないと横をあるけません。
その点、屋台がない4日の節分後日祭は、いいですよ。

DSC06868.JPG

DSC06911.JPG

小さい時は、あの屋台が楽しみだったのにね。
お年玉を握りしめ、行くのが楽しみだった。
いまは、その屋台がダメになってしまった。
屋台がないと人も少ないのです。
来る人は、神社というより屋台を見に来るのかも。

DSC06914.jpg

今回、吉田神社に行ったのは、厄塚を撮影したかった。
方相氏の木造もね。
今回、方相氏についている小銭を取り除いて撮影した。
小銭を貼るのは、どうも好きになれない。
皆がもっている不浄な小銭をひっつけるのはいけません。
詣ったつもりなんだろうか・・・なら最低500円硬貨にすればいいのに・・・。一円玉や五円玉ではねぇ・・・。

DSC06872.jpg
↑方相氏木造

DSC06879.jpg

この厄塚って面白い形状だと思う。
いかにも神様と握手する・・・という感じがします。
これが2日や3日ならなかなか近づけないのです。
4日なら人も少ないから快適にお詣りできますよ。

DSC06892.jpg

追儺式で疫鬼を追いはらった。
でもすぐに新しい疫鬼が発生していた。
祓っても祓っても元に戻る。
そのサイクルが早くなってきている。
結局、発生源は人間なんだろう。
最近、へんてこな事件や難病が多いのも、人間が自分の内に発生させている鬼が原因。社寺も観光ばかりやっていないで、人々の心の奥の闇を祓って欲しいものです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 2

常盤万作

京男様おはようございます。
私の奥も祓って下さい。祓うと空洞になるかな?
by 常盤万作 (2019-02-05 08:12) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
人間は、結局祓いきれないでしょう。それが存在理由ですから。
by 京男 (2019-02-05 09:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。