So-net無料ブログ作成

節分 [社寺]

Tsuina_of_Yoshida_shrine.jpg
↑吉田神社の追儺式風景、ウィキベディアより引用。

節分(せつぶん・せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。
節分とは「季節を分ける」ことも意味している。
江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。

DSC03823.jpg

DSC03825.jpg

前述でいうと年に四回節分があり、同じように節分の儀式をやってもいいのかも。
でも立春の前の節分が一番、邪気(鬼)が暴れ回る。
そのため、いろいろな儀式がある。
昨今、観光用にやっている追儺式程度では、年がら年中はびこっている邪気は、祓えないですね。しかも生身の人間の持つ邪気の方が遙かに強くなっている。
桃太郎侍でも祓えないだろうなぁ・・・。しかも国際的になってきているしね。
複雑怪奇な世の中になったものです。

DSC03848.jpg

邪気(鬼)を追い払うため、豆を撒いたり、柊の小枝と焼いた鰯の頭、あるいはそれを門口に挿したものを置く。焼いた鰯の頭なんか置かれたら、私も家に入れないかも。少なくとも長男は入ってこれないだろう。

DSC03819.jpg
↑厄塚

DSC03820.jpg

豆撒きの豆を何処で手に入れました?
まさかスーパー・マーケットでじゃったとかじゃないでしょうね。
神様のご祈祷済みでないと有効でないのをご存知ですか?
それと国産大豆でないといけません。遺伝子組み換えなんかもだめ。

DSC03885.jpg

恵方巻き・・・あれは、まったく無意味な作業です。もともとお茶屋遊びから始まったのです。

DSC03899.jpg

豆撒きで壇上から観に来ているに向かって、豆を撒くじゃないですか。あれ腹立ちませんか。撒かれた豆を奪い合う様が亡者のようで気持ち悪いのです。
まあ、撒く方は楽しいだろうけど。
あれ、逆に観客が壇上に豆を投げるのがいいかも。両方やればもっと持ち上がるかも。

DSC03901.jpg

今年は、土日になったのでどうも行く気が起こらなかった。
デスクワークをこなしておりました。
先週、殆ど作業が止まっておろましたから。
写真は、過去の写真です。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 4

すー

おはようございます
今年は3日が日曜日なので、吉田神社や壬生寺あたりはすごいことになるでしょうね。
by すー (2019-02-03 07:56) 

京男

>すーさん、おはようございます。
土日は、出たくないです。十数年前と状況が変わりすぎてます。
人がたくさん集まる場所には行きたくないですね。
by 京男 (2019-02-03 08:03) 

常盤万作

こんにちは
午前中は床屋へ行き、髭の手入れをしてもらいました。
子供のいない団地なので豆撒きはなく、鬼も安心して集まります。
by 常盤万作 (2019-02-03 13:06) 

京男

>常盤万作さん、こんにちは。
そちらは、鬼も猪もでないでしょうね。豆でなく弾が飛んでくるでしょうから。
by 京男 (2019-02-03 16:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。