So-net無料ブログ作成

今年最後のインド料理 [食]

DSC05723.JPG

こうやって見ると随分風変わりなモノばかり食べていると思う。
20歳代からずっとなんです。
いま思うと私がアルコールアレルギーなんだからだと思う。
フランス料理だって、ワインが飲めないと話しにならない。イタリア料理でもそう。
和食の割烹だって、串カツだって、おでんだってそうだ。
アルコールを飲めないということで食の領域が狭い。

DSC05720.JPG
↑CHANDER「ベジタブルセット」

これを治すためには遺伝子治療が必要なんだろう。
きっと前生では散々飲んだから、今世は無しなのかな。
前世でアルコールで大きな失敗をしたのかな?
でもこれでアルコールが飲めたら身上潰す可能性はある。

DSC05746.JPG
↑ラルキセット

まあ、アルコールが飲めないから営業的に損をしたというのはない。
私の場合、お酒を飲まなくても機嫌のいい時は、飲んだようになるしね。(笑)
それから車もある。車を運転しないのです。免許はもっているのです。これも不思議。興味が無いのです。なんだろう。

DSC05725.JPG

昨日は、実家に京女と年始用の買い物を届けに行った。
我が家より実家の方が食料品が多いかも。
もう百貨店に行くのは嫌ですからね。
正月なんて大したことないのに、なぜああいう風に狂ったように買い物をするのかな?中高年女性たちは。子や孫が来るから?
どうもわからない。
若い世代は、お節料理は食べない場合が多いのにね。

DSC05739.JPG

茨木屋のチーズカマボコ、出汁巻、黒豆・・・が売れ筋やね。
私は、どうもいけません。
すき焼きも、カニ鍋なんかも辛いし・・・。
お餅もあまり食べないし・・・。

DSC05744.JPG

父親と相談し、来年早々の食事会は、お好み焼きに決定!
その場で予約完了。
これでお正月はお終い。

DSC05749.JPG

まあ、そんなこんなの年末。
本日は、年賀状という作業がある。

DSC05754.JPG

まあ、なんやかんやの一年でした。
和菓子の登場が少ない!というおしかりの声も聞こえてきます。
最近、生菓子を買いに行くのは行く、でも該当なしで帰る日々が続いている。
長年記録していると、職人の腕の悪さが目に付くようになっている。
値段が高い割りに値打ちがない。
食べて美味しくない。
でも最近、伊勢丹なんかの和菓子売り場を見ると、関東風の派手な和菓子が売っている。でも・・・どうも品がない。色合いが若い女性に媚びているだけ。
映え〜なんて追求しても文化になるのだろうか?
やらないよりはいいのかな?
そう思う今日この頃。

また来年もよかったら当記事とお付き合いください。
それでは、良いお年をお迎えください。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 2

常盤万作

京男様おはようございます。
小生は酒が飲めるし、好きな部類に入ります。
少ない経験で「飲めて得をする人」は見た事が無く、「飲んで損をした人」は知っています。
しかし、料理のうまさと、酒による調和は素晴らしい。灘、伏見、地方にも素晴らしい酒があり、料理と共に頑張っています。
来年も、楽しくお話させて下さい。
by 常盤万作 (2018-12-31 09:20) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
お酒は、人類の敵かもしれません。でも「汝の敵を愛せよ」と『新約聖書』に書いてあります。
きっと閾値の幅が広くなるのでしょう。
明日から年が変わりますね。よろしくお付き合いください。
本日は、嫌いな料理ですんません。m(__)m
by 京男 (2018-12-31 10:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。