So-net無料ブログ作成

冬至・・・夜の洋食 [食]

DSC05295.JPG
↑東洋亭「和風ハンバーグ」

冬至(22日)が過ぎ昼間が短く感じますね。
しかも年末のバタバタ状態が私なんかでもある。
寒いのは、全然問題ではない京男ですが、昼間が短いのはちょっと嫌やね。
今年は、マンションの外装塗り替えというのも経験し、太陽光に飢えている。
外装のペンキでアレルギー反応が出るとは思っていなかった。
それもようやく終わり、窓を開けられる嬉しさがある。
洗い物がベランダに干せるのも嬉しい。

DSC05305.JPG
↑味はどうだったのか。

本日の写真は、夜に京女と京都駅方面で待ち合わせ食事をした時のものです。
夜に洋食を食べるのは、ひょっとして初めてかも。
大体夕食を外で食べるのは少ないのです。
日が暮れたら、さっさと夕食をすませ、寝たいですから・・・。
でも最近、そういうパターンもなかなか実現できない。
外出が結構多いからかも。

DSC05286.JPG
↑私は「グリルサーモン」だったかな?これは、昼にはないメニュー。おとなしいモノを食べるでしょ。

この日は、大阪方面から帰って来て、珍しく京都駅方面で京女と会い、買い物をして食事をした。
「何を食べる?」となりました。
京女が珍しく「ハンバーグ」と言った。
それで東洋亭に行くことになった。
夜の夕食で東洋亭に行くのは初めてかも。
いつもは、ランチ時に父親といっしょに行くことが多い。

DSC05306.JPG

メニューを見てビックリした。
値段が高い!
ランチの内容がバラバラになって、料金を足すと高くなる。
これには、驚きました。
内容は、同じで値段だけ高いのです。
観光客相手だからこうなっているのかも。
京都は、そういう傾向があるのかもね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 4

すー

おはようございます。
京都も観光客目当てのお店が増えましたね。チョッと困っています。
by すー (2018-12-27 07:03) 

京男

>すーさん、おはようございます。
地元の人間としては、観光客対応の店は楽しくないですね。
by 京男 (2018-12-27 07:13) 

常盤万作

京男様おはようございます。
観光客は金を落としに来ていますから、ニッコリ笑って奪い取るのが古都商法の基本(?)です。
伊勢市のガソリン代も神宮前と地元民用では20円からの差があります。
by 常盤万作 (2018-12-27 07:26) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
近年、他府県や他国の資本が京都市内に進出し、古都商法的なことをしていますね。でも地元の支持を得られないから撤退を余儀なくされます。もし他国の経済がおかしくなったら京都市内はゴーストタウン化するかも。まあ、歴史的に見ると京都はそういうことの繰り返しだからしかたないのかも。
伊勢のガソリン価格はそうなんですか。
by 京男 (2018-12-27 08:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。