So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「干支」言えますか? [風景・和菓子]

昨日は、いつものように実家に行く。
ただ、午前中は電話で捕まっていたのでおそめの出動。
市バスに乗るのが嫌だったのでタクシーに乗る。
どうも最近、市バスが嫌なんです。
もう12月だというのに観光客が一杯なんです。
市民としては、いささかウンザリします。
観光の市バスと市民用の市バスを分けて欲しいものです。

DSC09881.JPG

実家に行く前にランチと買い物。
それが済んで実家へ。
今回は、クリスタルにレーザーで絵を描いた十二支が揃い、それを収納するケースを調達し持って行った。
実家の置いてある箱を開けるとない干支がある。
そのまま床の間に置いてあったりした。

DSC01228.JPG

最後は、京女が発見し、揃った!
並べながら父親に「十二支の並びをしいので順番を教えて」と聞くとなななんと父親あが言えない。記憶が減退しているようですね。

DSC01235.JPG

そこからタブレットを用いて十二支の説明をした。
もちろん十干も。
十二支は言えるけど、十干は言えない人が多いかも。
念のため書いておきます。
十二支は、「子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)」です。
いまの若い世代は習わないかも。
ついでに十干は、十干(じっかん)は、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の10の要素からなる集合。干支を書くとき干を支の前に書くことから天干(てんかん)ともいいます。
父親は、甲・乙・丙・丁というのは行っていた。ある種の順位を付けるときにつかっていたからです。甲種合格とか・・・。
今年2018年は、十干でいうと「戊戌(つちのえ・いぬ)」となり繁栄か滅亡かの年となる。

DSC09896.JPG

本来の干支は、十干十二支で表現します。
十干十二支が本来の干支なんです。これは60年に一度だけきます。
それを「還暦」といいます。

来年2019年は「己亥年」となります。
「己」→ 繁栄したものを統制する意味
「亥」→ 生命が閉じ込められている状態
となります。
「今現在の状況を維持し、守りの姿勢に徹した方がよい」という意味。
簡単にいうと「次のステージに向けた準備期間」。

DSC03322.JPG
↑長久堂「冬の小道」

時代はまさに高度経済成長の時代で、この年を代表する出来事は、なんといっても皇太子様と美智子様のご成婚です。
60年前にご結婚された当時の皇太子が、60年後の2019年、天皇を退位されるのは、不思議なめぐり合わせを感じます。
最近は自然災害のニュースが相次いでいますが、戦後最大級の高潮被害を及ぼした伊勢湾台風も1959年です。

DSC03359.JPG
↑外郎、備中白こしあん

なんか占いの話みたいになりましたね。
そういうエネルギーなんでしょう。
災害も多い年になるように思います。
悪いものを出すだけだして、次の新しい時代のための準備の年。
個人でもそうなのかも。

なんていうことを父親に説明しておりました。
こんなことを父親に話すのは初めてでした。
でも最低、十二支ぐらい言えるようにして置いた方がいいと思う。
このクリスタルの飾りを見た時、ヘルパーさんが「これは何?」と聞くのでその時、干支が言えなければ話しにならない。デイサービスに行ってもそれぐらい言えないとカッコ悪いし・・・職員さんも案外知らないかも。こまった時代です。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 6

常盤万作

京男様おはようございます。
干支は祖母から教えられました。覚えると「賢い子や」と褒めてくれたのを思い出します。もっと褒めてほしいので「♫西郷隆盛の娘です・・・」なんて数え唄も憶えました。
核家族になり、誰も教えてくれないと知らないのは当り前です。
by 常盤万作 (2018-12-03 07:07) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
干支は、学校で教えなかったかも。こういう無駄が面白いのにね。できれば十干十二支を60暗記させるというのもいいかも。
「♫西郷隆盛の娘です・・・」それはわかりません。
「ひとつ出たほいのよさほいのほーい・・・」ならわかりますぅ。
私なら後者を孫に教えますね。役に立つ。
by 京男 (2018-12-03 07:25) 

常盤万作

つづき
西郷隆盛の娘です・・・、これは数え唄で「おじゃみ」遊びの時に歌います。「おじゃみ」は拳大の布袋に小豆を入れて作ります。
雨の日には、隣の娘と遊びました。
by 常盤万作 (2018-12-03 08:03) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
そういう数え歌なんですね。「おじゃみ」なるかしい。革袋に鉛の玉を入れたものではないのですね。(笑)「ひとつ出たほいのよさほいのほーい、隣の娘とやるときにゃ、親の許しを得にゃならぬ、よさほいのほーい、よさほいのほーい」失礼しました。
by 京男 (2018-12-03 08:16) 

すー

こんにちは
>観光の市バスと市民用の市バスを分けて欲しいものです。
それ、賛成です!
by すー (2018-12-03 13:43) 

京男

>すーさん、こんにちは。
路線にもよりますが、観光が絡む路線は区別してほしい。
バスの色分けをすればいいかも。観光は二階建てとか。
by 京男 (2018-12-03 15:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。