So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「すき焼き」への遠い道 [食]

DSC04721.jpg

今回は、写真が多いから二回に分けます。
なんや大げさなタイトルやね。
昨日、父親と外食をする日だった。
ただ外食というだけでは、勿体ないので父親を皮膚科に行く事に。

DSC04718.jpg

爪水虫の薬と身体の乾燥止めの軟膏を処方してもらいにいったのです。
爪水虫はしつこいですね。
結局、足の爪が生え替わるまで治らない。
飲み薬という手もあるそうなのですが、高齢者の場合、肝臓に負担がかかる割りには足の爪には薬効成分が届かないそうなんです。
足の爪が生え替わるのに一年ぐらいかかる。
つめり毎日、薬を塗り続けて一年です。

DSC04716.jpg

まあ、急いて治したい場合は、焼き場で焼くという手もあるけど・・・。
爪水虫は、痛くも痒くもないからたちが悪い。
女性も多いそうですよ。マニュキアを塗ったりするから爪が濁っていてもわからない。爪が脆くなったり、肥大化したりします。
普通の水虫なら比較的早く治るのですが・・・。

DSC04638.JPG

「すき焼きへの遠い道」に話しをもどします。
事のはじまりは、2014年3月20日私の右脚の人工股関節置換手術から始まる。
この手術は、二年間待っての手術だった。
自宅で突然倒れ痙攣、舌を噛み500㏄出血、顎関節が折れ、右脚で骨盤を踏み砕いた。2011年8月26日の事でした。16時間ぐらいの手術で骨盤をつなぎ合わせた。
いまもレントゲンで見ると鉄条網がある状態になっている。でも右脚は1cm短く、加重を60%以上かけてはいけない状態で退院。
約二年の松葉杖生活を体験。

DSC04649.JPG
↑私も食べる自信があまりないからこの程度のランチコースにしました。

やっと待ちに待った?ドクターに聞くと高齢者がよくする手術と違い、受けも構築しないといけません。自分の大腿骨の先を切り、粉にする。それで骨セメントを作成し、骨盤に受けるための凹を設定。大腿骨側には、特殊金属の人工股関節埋め込む、股関節が開く角度を調整するため、腱を削る作業。
この手術はたった6時間。
次の日からリハビリがはじまった。

DSC04655.JPG

その頃、母親は肺腺癌の抗癌剤治療をしていた。
その頃、母親は、2013年末、肺に水が溜まらなくなる処置をするための入院、3月ぐらいから抗癌剤治療をしていた。

DSC04651.JPG

あの時、私はあと一ヶ月ぐらい入院してリハビリしないといけなかったけど、母親の件もあり、退院した。もちろん入院中は、猛烈にリハビリの自主トレをしていた。病棟をバターになるぐらいグルグル歩いていたのです。

DSC04662.JPG

DSC04667.JPG
↑白い点々は、お砂糖。

でて最初の仕事は、母親の主治医に会うこと。
どうも抗癌剤が効いていない・・・。
というより副作用(身体中にブツブツが出来て痒くなる)がでてたまらないとのこと。大病院では話しにならないので、私が行っている皮膚科のお世話になり、かゆみ止めを処方してもらった。
この皮膚科で昨日父親と待ち合わせたのです。

DSC04670.JPG
↑お肉、こういう作業はすべて仲居さんが担当。

両親と私の三人でランチとなり、すき焼きが食べたいと父親が言った。
母も了承、三条京阪から三条木屋町を上がった「モリタ屋」に行くことになった。
でも・・・三条大橋の中間地点で母親が歩けなくなった。歩けないのです。手を引っ張っても動けない。手押し車を持っていたのですが、どうしようもない。
私も退院直後で杖をついていた。
大体、母親が入院ウンウンの時、松葉杖だったので車椅子も押せなかった。
悲しかった。
父親が車椅子を押し、横に松葉杖の私、哀れな姿だった。

DSC04675.JPG
↑割り下投入

以上のようなことで、結局、その場でタクシーに乗り、実家へ帰りました。
結局、この時以来「モリタ屋」木屋町店には行っていなかった。
なんかトラウマのようなモノが心に残っていたのかも。
それがやっと昨日いけました。

明日へ続く。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

nice! 5

コメント 6

常盤万作

京男様おはようございます。
良い肉のすき焼きですね。

私の足の爪も水虫です。2年間薬を付けていますが、治癒しません。成人病の薬を大量に飲んでいるので、肝臓にこれ以上負担を与えたくありません。
同病二人です。
by 常盤万作 (2018-11-30 06:49) 

すー

こんにちは
写真の狭い路地よりももっと、もっと遠かったですね。
by すー (2018-11-30 14:35) 

せつこ

大変な思いをしましたね、乗りきったから素晴らしい人です。
良いお肉ですね、こんなお高いのを食べられません><
爪水虫は持っておりませんがサウナに入っていると爪水虫の人大勢おります。
by せつこ (2018-11-30 21:29) 

京男

>常盤万作さん、こんばんは。
この程度なら許せるすき焼きかな。
爪水虫は、なおりませんね。
私も怪しい指がありました。でも治しました。
日頃は裸足が多いからかも。
by 京男 (2018-11-30 21:45) 

京男

>すーさん、こんばんは。
話しを書くと由来がわかるでしょ。遠かった。
by 京男 (2018-11-30 21:48) 

京男

>せつこさん、こんばんは。
由来を聞くと色々やっているでしょ。あの頃が結構辛かったです。
このお店にやっとこれたと父親と話しておりました。
爪水虫は気をつけないといけません。一年ぐらい治すのにかかります。
by 京男 (2018-11-30 21:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。