So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

秋から冬へ [風景・和菓子]

DSC01020.JPG

生菓子を買いに行くと色合いが冬になっていた。
そうですよね。
11月は今週で終わりですよね。
来週は、12月です。

DSC01031.JPG

びっくりする。
そういえば景色が冬のようになっている。
紅葉の見事は今週ぐらいなんだそうです。
タクシーの運転手さんは、そうおっしゃっていた。
彼らに観光地情報を聞くと結構的確なんです。
観光の問題点もよくご存知だ。

DSC01035.JPG

京都の紅葉はモミジが主ですが、それほど綺麗でないらしい。
夏の猛暑や台風の影響で木が弱っているからかも。
それといつも書くようにライトアップが木を弱らしている。
ライトアップをするとケーブルが熱を持つ、あれが根に影響を与える。
それと光の木の生理システムを狂わせる。
気温もなかなか落ち着かないのもある。

DSC03336.JPG
↑長久堂「木枯し」

京都の観光資源を大事にと考えるなら、ライトアップも見直した方がいいかも。
でも社寺は、収益を諦めないといけなくなる。
いまさら元に戻せないでしょうね。

DSC03347.JPG
↑栗あんきんとん、黒こしあん

これから京都はどうなるのでしょうね。
まあ、先の事を悩んでもしかたないけど。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(4) 

nice! 3

コメント 4

常盤万作

京男様おはようございます。
ライトアップで京都の樹々が全滅すればよろしい。
それから考えましょう。
by 常盤万作 (2018-11-27 06:45) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
それもいいかもしれません。すべて造花にするとか・・・。
by 京男 (2018-11-27 07:03) 

すー

こんにちは

今日は暖かくなりましたね。こうして揺り戻し繰り返しながら本格的な冬を迎えるのでしょうね。
何十年後の京都の秋には観光客がまばら何てこともあり得る状況ですね。
by すー (2018-11-27 13:25) 

京男

>すーさん、こんばんは。
今日は、汗をかいてしまいました。京都市内の冬は昔にくらべ寒くなくなってきましたね。
何十年後なんてもう死んでいるからよくわかりませんけど、観光客が激減しているのは間違いないと思う。京都はもうだめですね。歩いていて不快だもの。
by 京男 (2018-11-27 17:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。