So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

汁と飯 [食]

DSC04475.jpg

いつもなら今日は実家に行く日。
でも私が大阪方面に行くので行けません。

DSC04477.JPG

いつも実家に行く前、京女と昼食を摂る。
本日の写真は、先週のものです。
どうも最近、外国の人が営業しているお店に行かないかも。
彼らのやる気がない時は、クソ不味いのです。
なんだろう?
気持ちにムラがあるのかな?

DSC04479.JPG

オープン当初は緊張感があり、料理に気合いが入っている。
でもそこそこ名前も売れてくると途端に手を抜き出す。
コストも手間も抜き始める。
それが食べているとよくわかるのです。

DSC04481.JPG
↑粕汁

そうそう、日本人だけど年寄りが作っているうどん屋もだめだった。
味がないのです。いわゆる「あじない」ね。
本当に味を見て作っているのかな?
でも店の前にはタクシーが止まっていたりする。
なんだろう?
たまたま、あの時だけなんだろうか?

DSC04484.JPG

その点、このはとや食堂は安定している。
汁と飯、そして好きなおかずを選ぶ。
昔、よくあったスタイル。

DSC04486.JPG

こういう優しい料理が好きになってきたかも。
本当は、やる気のある各国料理がいいのだけど・・・。
どうも奴らは、日本をなめているのかな。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 4

常盤万作

京男様おはようございます。
わざわざ日本へ来て店を出す外国人は「あぶれ者」です。無職のオッサンがやって来て、コック帽をかぶり外人顔で誤魔化しています。それをイタリヤ(フランス等)家庭料理と嘯いています。
商いを「あきずに」やる気がありません。若い日本人経営者も同じかな。自分で調理して食べるしか道はありません。
by 常盤万作 (2018-11-25 07:38) 

すー

おはようございます。

これは本当に美味しそうです(^_^)ニコニコ
by すー (2018-11-25 08:14) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
中東系、インド系、東南アジア系のお店、調理師の資格がない人が調理しているかも。食べる方も不味くても、こんな味と思ってしまう。スパイスで素材なんか関係ないですからね。コストコで仕入れてもわからないですから。儲かりますよね。で、最初はいいのですが、日本人というか客をお店がなめだす場合も多い。行列系のお店も同じです。
こまった世の中になりました。
by 京男 (2018-11-25 09:12) 

京男

>すーさん、おはようございます。
こういう所は安心です。昨日大阪で食べた店、味噌汁らしきものが付いていたけど、ぬるかった。不味くても熱い状態で供するのがプロなのに。そういう基本もできない店が増えてきた。
by 京男 (2018-11-25 09:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。