So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

高雄かぁ・・・ [風景・和菓子]

高雄は、京都市内の北西部の紅葉の名所。
でも私は紅葉の時期に行った憶えがない。
中学生の時、京都中自転車で走り回っていた時期がある。
その時に行ったことがある。
向こうが見えない信号で替わる一方通行のトンネルがあった。
あれは、怖かった。出口が見えない状態で自転車で走るのですから。
いまでもあるのかな?

DSC00420.JPG

私は、車の免許を持っているのですが、車に興味がなかった。
デートで困ることもなかった。
京女とのデートは、いつも彼女の車に乗せてもらっていた。
おかげで食事は、彼女好みのうどん屋さんが多かったな。
本来は、フランス料理が専門なのに・・・。

DSC09793.JPG

ただうどん屋さんだから値段が安いとは限らない。
あるのです。高級なうどん屋さんが。

DSC09881.JPG

ドライブで高雄方面に行ったことはないのです。
大抵、街中だった。
観光地には行かなかったかも。
京都人は、観光地には普通いきません。
食べもの屋さんも観光地では普通美味しくないしね。
いまでもそうだと思う。
見栄えが良くてインスタ映えする食べ物は、きっと不味いと思う。
見たらわかります。

DSC09901.JPG

私は、見栄えより実質的な料理が好きかも。
しかも、アルコールを飲まないというかアレルギーなので日本料理や居酒屋、炉端焼、おでん、串カツなんかもいったことがない。

DSC03269.JPG
↑本家玉寿軒「高雄の色」

そうそう京女も京都で生まれ育った。私と同じ。
私より京都以外のところに行きたがらない。
大阪や神戸も行きません。
特に車では。
誰かが運転してくれたら行くのかも。
でも私は運転しなかった。
不思議でしょ。

DSC03298.JPG
↑ねりきり、黒こしあん

いまは、タクシーに乗ることが多いけど、後ろに乗っていても車に乗るのが怖かったりします。これは最近のことかも。
運転する人の心とか脳波の状態がわかるからかも。
タクシーに乗る時、車の運転手を選んで乗るのです。
でも最近、タクシーを選べなくなってきました。
困ったものです。

なんか雑談になってしまいました。
すんまへんなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 2

常盤万作

京男様おはようございます。
ご夫婦は典型的な京都市民ですね。
うどん屋でデートなら、大賛成です。大阪の美々卯は大感激(価格)にでした。
by 常盤万作 (2018-11-20 06:56) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
京都人夫婦です。のっぺいやたぬきうどんを食べ、衣笠丼や木の葉丼ですね。間違っても卵黄をトッピングした親子丼なんか食べません。カツ丼なんかも食べません。牛丼なんかもね。
by 京男 (2018-11-20 07:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。