So-net無料ブログ作成

ホテルが居心地悪くなったかも [食]

DSC04295.JPG
↑本日の写真は、新・都ホテル「四川」のランチコース

今月は、よく「京都に行きます。会いましょう」ということが多い。
別に観光に来られるというのでない。
私としゃべりたいと仰る方がいるのです。

DSC04298.JPG

電話も多いのです。
なんだろう?

DSC04301.JPG

新幹線で京都にこらえる方とは、京都駅近辺で話すことが多い。
静かに話せる場所って案外ない。
これは、こまります。
カフェでは、落ち着かない。
昔ながらの喫茶店なんかも減っている。
まさか、通路の所で話す訳にもいかない。
時には書類を広げたりしますからね。

DSC04307.JPG

DSC04310.JPG

だから新・都ホテルのコーヒーラウンジなんかで話すことが多いかな。
知り合いに会う危険性はありますが・・・。
別に密会という訳じゃ内から構いませんけどね。

DSC04316.JPG

DSC04318.JPG

問題は、食事となった時なんです。
最近、混んでいるのです。
本日の「四川」なんかも、昔なら飛び込みでいけたのに、最近は予約が必要になりました。
事前に食べると決まっていたら、予約するのですが、どうか分からない時が困る。

DSC04321.JPG

この時は、予約を入れて置いたのです。
ところがその予約がなぜか記帳されていなかった。
お客様といっしょの時にこれは困る。
この時は、なんとか予備の席で用意してもらって、後から席を替わった。
そんなに安くないのに混んでいる。

DSC04328.JPG

きっと我々の世代の行き場かないのかも。
同じような年齢の人が多いのです。
別に観光客でもなさそうなんです。
不思議です。

ホテルって静かなのが取り柄だったのに、最近は、外国人の団体が多く、ロビーがうるさいのです。
ガサガサしている。
困ったもんです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

nice! 4

コメント 4

常盤万作

京男様おはようございます。
京都の街が、日本中がガサガサしているのでは?
年功序列を廃止した為です。
by 常盤万作 (2018-11-18 07:08) 

すー

おはようございます。
この時期は本当に人であふれていますね。
それが、京都は年中になってきていますね。
by すー (2018-11-18 07:54) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
日本中が目先金銭欲に振り回されているように思います。
もちろん、経済も大切ではありますが。
年功序列・・・欲ボケの高齢者がのさばっているのも混乱の原因かもしれません。優秀な若い世代が呆れていますよ。
by 京男 (2018-11-18 09:33) 

京男

>すーさん、おはようございます。
年がら年中がちょっと辛いです。春秋ぐらいで後は静かにして欲しい。
京都市は、テーマパークでなく観光都市であるということを観光される人(特に外人)に周知徹底させた方がいいですね。
by 京男 (2018-11-18 09:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。