So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

昔ながらの景色 [風景]

DSC03922.JPG

私は、京都市内で生まれ育った。
おそらく死ぬのも京都市内だろう。
ずっと観光地に住みました。
「いいところにお住みですねぇ」とよく言われます。
確かに、いいこともたくさんある。
不便なこともある。
京都人は、京都以外に住みたがらないのだそうです。
それもなんとなくわかる。
三代以上住むと、好きも嫌いもない。
こういうのが当たり前だと思っている。

DSC03929.JPG

今年は、南座の顔見世が11月からやっている。
いつもなら12月からなのに、11月に「まねき」があがっているのはどうも調子が狂う。身体的には12月と思っている習慣があるのですよ。

DSC03932.JPG

まあ、南座改装のため休んでいたから、ちょっとでも楽しんで貰いたいということなんでしょう。
改装したニュースを見ていると座席そのものはあまり大きくなっていないように見えた。どうなんだろう?
南座の座席は狭くて居心地が悪い。あの状態で幕間弁当なんか食べられないだろう。
幕間弁当を楽しもうとしたら、上等の席に座らないといけない。

DSC03936.JPG

DSC03937.JPG

外国人観光客が食べながら観劇したら辛いだろうなぁ・・・。
そのあたりはどうなんだろう?
トイレなんかも改造したんだろうか?

DSC03942.JPG

南座の近くにあるお店もまだ顕在です。
このお店は、鼈甲細工の専門店。

DSC03940.JPG

鼈甲って憧れなんです。
でも、鼈甲は定期的に磨きに出さないと美しさを保てない。

DSC03948.JPG

このお店は、和装の履き物専門店。
祇園ならではのお店ですね。
こういう風景は、私が小さい頃から変わっていません。
なくならないで欲しい風景ですね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

nice! 4

コメント 6

常盤万作

京男様おはようございます。
魚屋、呉服店、履物屋、全てイオンが駆逐しました。
住民は情け容赦なく、暖簾を捨てました。
by 常盤万作 (2018-11-05 08:18) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
小売形態が変化しましたね。イオンの影響は大きいでしょうね。
便利かどうかよくわかりません。都会の中心部では、買い物難民が増えています。あと十年ぐらい経ったら百貨店なんてのも無くなるでしょう。その次はイオンモールのような形態がおかしくなる。
by 京男 (2018-11-05 09:47) 

すー

こんにちは
確かにまねきが11月から上がっていると調子が狂う人も多いかも知れませんね。
by すー (2018-11-05 13:27) 

pomme

こんにちは
京男さんは、京都で生まれ、京都で人生を
まっとうするのですね。
私はいつまでたっても東京人とは思えず、
かといえ、故郷に帰っても、もう子供の頃
とは違います。生活していないからでしょう。
今、住んでいる土地は暮らし良いと思うので
ここでまっとうしたいです。
イオンは歩く距離にはありません。
人生で二、三回しか行ったことがありません。

by pomme (2018-11-05 15:21) 

京男

>すーさん、こんにちは。
フト見ると「最初はあがっているな・・・」と思う、よく考えたら「あれっ?」となります。
by 京男 (2018-11-05 16:45) 

京男

>pommeさん、こんにちは。
きっと京都市内で死ぬのでしょうね。
京都市内は、ダンダン住みにくくなってきています。
問題は、東京オリンピックの後、どうなるかですね。
オリンピック、中止になるかも・・・そうなったらどうなるのか?
イオン食料品的に見るとそういいこともないですね。
by 京男 (2018-11-05 16:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。