So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

色つき京都タワー [食]

DSC03642.jpg

これは、10月20日(土)の夜、京都駅を通った時に見た京都タワー。
何かが違っていますね。
このピンク色は、「乳がんの早期発見・早期治療の大切さを伝える乳がん啓発キャンペーンであるピンクリボン活動イメージカラーのピンク色に塔体をライトアップいたします」かな?と思いました。
でも違ったようです。
調べてビックリです。

DSC03648.JPG
↑はとや食堂

京都タワーのホームページに行くと個人的な目的でも料金を払えば、ホワイト・イエロー・オレンジ・レッド・ピンク・うすいピンク・ショッキングピンク・ブリー・スカイブルー・濃い青・グリーン・黄緑・青緑・ティール・パープル・真紫・青紫・ティール&ホワイト・ピンク&オレンジ・レッド&グリーンで点灯できるようです。真っ黒なんてのはないようですね。
1色¥30,000/2色¥45,000で30分点灯らしい。
なかなか商魂たくましいですね。アホみたいなキャラは別料金なんかな?

DSC03651.JPG

DSC03660.JPG

それにしてもこの京都タワーは、もっさいですね。
まあ、京都駅が仏壇みたいやし、その前にあるロウソクということでバランスはとれているけどね。
京都人の私としては、ちょっと恥ずかしい。
昔あった「未来くん」というのももっさかった。
どうしてああいうえぐいキャラを考えるんだろう?
あんなもんでも作るとなるとコストが高いものなんですよ。
そういえば、昔々サラリーマンだった時、アダムスキー型の実物大UFOを作ったことがある。あの方がましだったかも。

DSC03661.JPG

DSC03662.JPG

DSC03663.JPG

本日の後半は、はとや食堂でもランチ。
日曜日、実家に行く前に京女と食べました。
結局、こういうものがいいのかも。
粕汁が始まっていました。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

nice! 6

コメント 4

すー

こんにちは
はやと食堂のメニューがいいですね。
綺麗、美味しそう、そして私の好みです。

私はもうすっかり、新幹線で京都に戻ってきたときに京都タワーが見えると戻ってきたと実感するようになりました。京都生まれでないからかな?
by すー (2018-10-24 13:33) 

京男

>すーさん、こんにちは。
ここは、作られたおかずをとる方式なんです。
懐かしいでしょ。
私は、新幹線の窓から山科のからふね屋珈琲が見えたら、京都に帰ったと感じます。
by 京男 (2018-10-24 16:59) 

pomme

奈良のせんと君もひどいですよ。
東大寺の辺りに居たりするけど、
会いたくないです。
by pomme (2018-10-25 21:17) 

京男

>pommeさん、おはようございます。
ああいうキャラを決定するのが、素人や子供ですからね。
予算の無駄遣いの典型です。
by 京男 (2018-10-26 06:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。