So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

トンガリがいいとは限らない [モノ]

DSC02747.JPG

最初の写真、色合いというかなんというか、見た時とても綺麗に観じた。
何が綺麗なのかわからない。
だた「綺麗!」と思った。

DSC02749.JPG

しばらく、立ち止まってただ観ていた。
なんやろ・・・。
時々、そういう時がある。

DSC03031.JPG

これは、私の愛用品。
カスタマイスされたカッター。
上は、黒柿。
下は、パープルハート。
指が痛くなるので銘木を貼り付けカスタマイスしたものを使っています。

DSC03028.JPG

私の標準というか好むのは、刃先が30度のモノ、細かい作業をするのでこういう角度になっている。

DSC03029.JPG

ところが最近、柔らかいゴム状のモノを切ることがある。
その場合、30度だと刃先が折れてしまう。
折れた刃先がカッテングマットに刺さっている。それを毛抜きで抜かないと怪我をしたり、切っているモノに傷がつく。
そこでいままで見向きもしなかった45度をつけてみた。
最近の替え刃、チタンコーティングして長持ちするようになっている。
これにしたお陰で刃先が折れるということが少なくなった。
用途によって刃先は替えないといけませんね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 モノ
nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:地域

nice! 5

コメント 5

すー

おはようございます
確かに、その使い道、用途によって決めると快適ですよね。
by すー (2018-10-03 04:35) 

常盤万作

京男様おはようございます。
30度のカッターは本当に便利で、よく切れ、感謝しています。
今度の旅でもナイフは10種類以上持参します。
残念ながら、万能ナイフはありません。
by 常盤万作 (2018-10-03 06:53) 

京男

>すーさん、おはようございます。
大抵30度で済んでいるのですが、今回はこの方がいいようです。
カッテングマットに埋まった折れた刃先を取り除くのが面倒なんですよ。
by 京男 (2018-10-03 07:05) 

pomme

今晩は
切れそうで、立派なカッターですね。
道具が良いと、仕事もしやすいのでしょうね。
by pomme (2018-10-03 20:34) 

京男

>pommeさん、こんばんは。
紙を重ねて、一番上だけ切ったりできます。
掌に紙を置き、切ったりして力加減を練習しておりました。(笑)
by 京男 (2018-10-03 23:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。