So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

十月の蝉 [社寺]

確かに昨日蝉の鳴くのを聞きました。
弱々しいけど、鳴いていた。
『八日目の蟬』のような文字ずらですね。

DSC02743.jpg

DSC02744.jpg
↑いわゆるネコ道ね

昨日は、台風の後の爽やかな天気だった。
でもデスクワークの一日。
なかなか、細かい作業が多いので休み休みでした。
作業が遅くなるのは、カッターの刃が原因。
私の所のカッターの刃先は30度なんです。
つまり細かい作業に向くようになっています。
普通は、45度が標準。
その30度のカッターで切り出していくのですが、先が繊細ですぐに折れる。
在庫の替え刃がドンドン消耗する。

DSC02751.jpg
↑ネコ道を抜けると方広寺の国家安康の梵鐘(重要文化財)がある

DSC02754.jpg

結局、夕方45度の替え刃を買いました。
最近の替え刃、進化していますね。
いまそれで作業すると計算通りうまくいく。
なんの話をしているのかよくわからないでしょうね。

DSC02758.jpg

デスクワークのお陰でなかなか写真が撮れない。
和菓子も買いにいけない。
きっと秋の生菓子がたくさん出回っているだろうな。
そろそろ菊モチーフが多くなるだろう。

DSC02759.jpg

DSC02760.jpg
↑この部分に「国家安康」「君臣豊楽」の句があります。こんなもの事前に原稿を家康にチェックささなかったんかないな。「阿呆家康」「豊臣万歳」とかにしてみたらいいのに・・・。なんでそんな問題の鐘がいまにいたるまで残っているのも不思議。観光のために後で書いたんと違うか?

そうそう奈良のDEER GLASSESから、メガネが出来たと電話をもらった。
眼鏡研究社が閉店された影響で奈良までメガネを作りに行くことになりました。
さてお手並みはどうかな?
奈良に行かないと・・・。
京都から近いような遠いような・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

nice! 5

コメント 4

常盤万作

京男様おはようございます。
秋晴れの朝です!!
ホースの蛇口を交換するのが、今日の予定です。
蜜柑の産地はまだ早いでしょう。蓮台寺柿が出始めました。
by 常盤万作 (2018-10-02 06:59) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
こうなったら早く本格的な秋になって欲しいものです。
まだ服装が難しいのです。
柿の季節が近づいてきましたね。
by 京男 (2018-10-02 07:26) 

すー

こんばんは
私も植物園で季節外れの蝉の鳴き声を聞きました。
お相手が見つかるだろうかと心配になりました。
by すー (2018-10-02 20:39) 

京男

>すーさん、こんばんは。
きっと蝉は変な気象に泣いているのでしょう。
by 京男 (2018-10-02 21:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。