So-net無料ブログ作成

彼岸中日 [風景]

昨日の朝、一瞬の間、秋みたいな雲が観られた。
お彼岸の中日でしたね。
でも気温は夏、クーラーを稼働させております。
服装も夏服でした。
いつもなら実家へ京女と行くのですが、機能はする作業が多いのでキャンセル。
でも作業を進めて行くとプリント用紙が無くなった。
それと作業用のメガネのレンズが外れた!
安いだけあってすぐにつぶれる。
しかたなく四条河原町方面へ。
30分ほどでメガネ修理と買い物をして、タクシーで帰りました。
人が多いのであまりいたくなかったのです。

DSC03004.JPG
↑朝の雲、一瞬秋の空、でも気温は高く湿度もたかかった。

デスクワークがあるしね。
帰ると疲れていた。
最近、外出が多いから人に疲れる。
デスクワークをしているのが休みなる。

DSC03009.JPG
↑栗赤飯だ!

本来なら墓参りらしい。
でも人の多い、大谷本廟あたりに行きたくない。
墓参りなんて人の少ない普通の日で十分です。
ご先祖さんを拝みたかったら、自分を拝めんでおけばいいのです。
染色体DNA(父方)とミトコンドリアDNA(母方)が私の全身の細胞60〜80兆の中にすべて居られるのは間違いない。その身体を大切にして、拝んでおけばいい。
しかも子供達の身体には、京男と京女のDNAも入っている筈。だから子供を拝んでおいたらそれでいい。仲良く食事でもすればいいのです。
でもタクシーでお墓の当たりを通り過ぎたから車から拝んでおいた。

DSC03016.JPG

帰って買ってきたランチを食べ、昼寝をしていたら長女が栗赤飯を買ってきてくれた。やっぱりここのは一番美味しいなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

nice! 7

コメント 6

すー

おはようございます
栗赤飯が美味しそう!
私も結構好きかも(^_^)ニコニコ
by すー (2018-09-24 05:41) 

京男

>すーさん、おはようございます。
これは、美味しいのです。
塩加減も文句なしだし。
by 京男 (2018-09-24 07:05) 

常盤万作

京男様おはようございます。

「赤飯」は大好物です。塩味でオカズが要りません。
しかし、スーパーで買うと「煮た」赤飯でぺチャとしています。
もち米を「蒸した」赤飯ではありません。

北海道では甘く煮た金時豆が入っています。変じゃないのと尋ねると「甘くて美味しい」これが回答です。
by 常盤万作 (2018-09-24 07:32) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
この栗赤飯は、塩味も完璧でした。栗も。
スーパー・マーケットのモノは、ダメです。
もちろん、北海道の作り方を京都市内の若者は食べるかも。
私は遠慮して起きます。
甘いが旨いなんでしょうね。
by 京男 (2018-09-24 07:44) 

せつこ

おはようございます^^
赤飯は蒸したのが良いけど、炊き蒸かしで作りました。
見た目は良くないけど新米餅米味は良かったです。
by せつこ (2018-09-24 09:17) 

京男

>せつこさん、おはようござます。
昔、このお店にいくと全員で栗を剥いておられたのが印象的でした。
とても丁寧にね。あれなら美味しい。
最近、長女が私の替わりにバイクで買って来てくれます。
by 京男 (2018-09-24 09:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。