So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

週に一度の外食 [食]

先週は、やたら父親に会った。
お陰様でますます父親は元気になる。
それはいいけど、接待する私がちょっと辛かった。

DSC02316.JPG
↑鳳泉「焼売」

台風の中、父親を鍼灸治療のためタクシーで京都市内を走ったのが忘れられない先週のエピソード。
あれは、危なかった。たまたま運がよかったから大丈夫だった。それと鍼灸の岡田先生が雲の動きをスマホでモニタしてくれていて、30分帰る時間を調節してくれた。
あれがなかったら結構危なかったかも。
乗っていたタクシーが揺れていましたからね。
私が最初にマンションの所で降りる時、運転手さんに門から玄関口までいっしょに歩いてやって欲しいと頼みました。門から玄関口まで50メートルありますから。あっ書き間違いです。10メートルでした。(笑)

DSC02328.JPG
↑カシワシイタケ

その日から二日後、実家に行き、被害があったかチェックにいきました。
物置きが飛ばされたそうです。
その次の日、植木屋さんが庭の手入れに入られたそうです。
父親だけでは、物置を定位置に戻せないですから。
瓦などはなんともなかったようです。

DSC02350.JPG
↑椎茸が苦手な次女夫婦ならビビルメニューだろうな。

で点検ご定例の外食。
私は、あまり食欲がなかったけど、付き合わないといけない。
「何がいい?」聞くと中華料理という答え。
「なら鳳泉でいかが?」これは、拒む理由はないでしょう。
さっそくタクシーを呼び、お店に行く。
で、食べたのが本日のメニュー。

DSC02343.JPG
↑トマト牛肉、父親はトマトが好きなんです。お肉も柔らかい。フランス料理のような感じの味。

悲しいかな、これが限界。
私は、喉の奥がずきずきしてきたのを朝、無理矢理抑えてでてきているのでこれ以上食べられなかった。
結局、この無理矢理抑えたのが夜に爆発した訳ですけど。

DSC02319.JPG
↑広東麺

お料理は、文句なしで父親も満足してくれました。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 4

常盤万作

気楽で安い、そして近所にあるとは羨ましい。
by 常盤万作 (2018-09-09 18:06) 

京男

>常盤万作さん、こんばんは。
いいでしょ。(笑)
by 京男 (2018-09-09 19:24) 

すー

おはようございます
今回の台風の暴風はすごかったですね。
鍼灸の先生の対応もスゴい!

by すー (2018-09-10 04:24) 

京男

>すーさん、おはようございます。
あの時は、とても危険でしたね。
次回はしません。
by 京男 (2018-09-10 06:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。