So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

台風の爪痕 [風景]

昨日は、半日大阪行きでした。
大阪方面の人のお話しを聞いていると瓦が飛んで、いま応急修理でブルーシートで覆ってもらった。和瓦はいつ入荷するかわからない。根本的に瓦でない屋根にしないと・・・でもすぐに業者さんが見付からない。

DSC02183.jpg
↑本日の写真は、東寺。記事とは全然関係ない写真です。

阪急特急に乗ろうとすると架線にゴミが引っ掛かり、撤去するのに時間がかかっているとのこと。
いろいろな影響がでています。
京都より大阪の方が風が強かったそうです。
これから、こういう大きな台風が普通になってくるのかも。
海水温が高いから?
地球温暖化の影響?
わかったようなわからないような論が飛び交う。
台風を捕まえて発電させるとかできないものかな?
勿体ないですよね。あの回転エネルギー。

DSC02188.jpg

鉄道も大幅に運休。
あれもなんとかならないかな?
ロボットやAI技術で安全確認をスピーディーにできないのかな?
人間がやるとなるとまず出勤しないといけないですからね。
風雨が強いとそれも危ない。
トラックが転がっていましたよね。
国の安全対策も考えないといけないかも。
国防費も必要だし、災害対応も必要、年金や保険も大変。
お金のいることばかり。

DSC02184.JPG

働き手も人口減少で少なくなっている?
若い世代は、働かない人が増えているらしい。
ほんと?
親が面倒みているらしいのです。
日本人の何かが変になってきている。

DSC02187.JPG

「人口が減るから大変だ」というけど、大阪なんかに行くと人が多すぎるように感じる。日本の人口、多すぎるかも。
24時間営業なんかやめて、夜は寝たらいい。
テレビの放送も12時でお終いにする。
ネットも同じ。

DSC02191.JPG

スマホは便利だけど、スマホ病というのが問題になっている。
視力低下、難聴、耳鳴り、目眩、成長ホルモン低下、甲状腺刺激ホルモン異常、副腎皮質ホルモン異常、性腺刺激ホルモン異常、味覚異常、不眠、自律神経失調、ストレス、うつ病等々、必要だろうけど、あまりやり過ぎない方がいいように思います。
上記の内容は、症状がでてくると治すのに時間がかかる。
とれと操作している人は「いまとここ」に心がいない。心がいないとロボットのような状態になる。操作している人の表情が無表情なのはそのせいかも。
その状態は、生気がどんどん失われていく状態なのかも。

DSC02195.JPG

それと外から観察すると呼吸が胸で浅く呼吸をしている人が多い。
声を出すこともあまりないようだしね。
これからの時代に、生きて行く上で必要なことをしっかり考えた方がいいかも。
でないと生き残れない。
マスゴミやネットの操作で動く状態になるかも。
国にとってはその方が楽だろうけど。

スマホは、便利な道具だけど、道具に使われてはいけない。
訳のわからないことを書いてしまいましたね。
すんませんなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 4

すー

こんにちは
想定外の言葉を何回聞いたことか・・・人間の知恵はまだまだという証ですよね。
by すー (2018-09-06 13:30) 

常盤万作

こんにちは
始発列車から止めて正解です。風雨が規制値に達するまで運転した過去は、悲惨でした。誰もいない無人駅、周囲に人家の無い駅で一晩明かす事も有りました。食料なし、毛布もなしです。
こんな日に、駅や空港に行くのは狂人ですね。
by 常盤万作 (2018-09-06 14:38) 

京男

>すーさん、こんにちは。
想定できる範囲がとても狭い、現実はすべて想定外でしょう。
by 京男 (2018-09-06 16:48) 

京男

>常盤万作さん、こんにちは。
そのうち、先日からストップするようになるかも知れませんね。
諸外国風に遅刻なんて当たり前、なんてことになるのでしょうか。
ロボット機器が開発される世の中になれば、よくなるかも。
でも・・・。
by 京男 (2018-09-06 16:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。