So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

贔屓君と天降石 [社寺]

DSC02154.jpg

東寺に行くと大抵、贔屓(ひいき)君に会いに行きます。
なぜか可愛い。
彼(たぶん)は、重たいものを背負うのが好きらしい。

DSC02167.jpg
↑後ろ姿は珍しいかも

カメに似ていますが、カメではないです。
中国における伝説上の生物。石碑の台になっているのは亀趺(きふ)と言う。
中国の伝説では、龍が生んだ9頭の神獣・竜生九子のひとつなんだそうです。

DSC02165.jpg

日本の諺「贔屓の引き倒し」とは、「ある者を贔屓しすぎると、かえってその者を不利にする、その者のためにはならない」という意味の諺だが、その由来は、柱の土台である贔屓を引っぱると柱が倒れるからに他ならない。
「贔屓の引き倒し」って、色々なところで見かけます。

DSC02171.JPG

今回は、帽子を被ってなかったので帽子カットはなし。
しっかり頭を撫でてあげました。

DSC02169.jpg

後ろに「万能めぐり」の説明がしてありました。
私も2回ほどやりました。

DSC02170.jpg
↑読めるかな?

贔屓君の二つ右隣に「天降石(てんこうせき)」という石があります。
まさかこれが隕石ではないと思う。
でもなんらかの御利益があるのでしょうね。
贔屓君もだけど、撫でもの系御利益が仏教系には多い。

DSC02158.JPG

DSC02161.JPG
↑読めなかったらすみません

東寺には、よく観ると不思議なおのがたくさんある。
ゆっくり時間をとって観るといいですよ。
相性のいい撫でものがあるかも。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

nice! 6

コメント 6

すー

おはようございます
>東寺には、よく観ると不思議なおのがたくさんある。
そんな風に感じることがあります。
by すー (2018-09-02 04:49) 

京男

>すーさん、おはようございます。
ゆっくり散策しないと見つからない。
ところが東寺に行く時は、かならず次の予定があるのですよ。
by 京男 (2018-09-02 04:54) 

常盤万作

京男様おはようございます。

坊主を座らせて、頭を撫ぜてもらうのは如何でしょう?
横には棒を置き「この棒で殴らないで下さい」と立て札も建てます。
全て坊主の修行です。撫ぜられても、殴られても、声を出してはダメです。
by 常盤万作 (2018-09-02 08:02) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
坊さんの頭を撫でる。長生きできそうですね。横に政治屋さんも並べておくといいかも。長生きに有効でしょう。
by 京男 (2018-09-02 09:34) 

pomme

こんにちは
今日の贔屓君は帽子が無い!と思いました。
かぶっていた方が可愛いですね。
贔屓の引き倒し、最近、耳にしなくなった言葉
ですね。
何に付けても、反省もしないし、ちょっと
変な日本になりつつあります。

by pomme (2018-09-02 16:54) 

京男

>pommeさん、こんばんは。
曇って蒸し暑かったので帽子は無しでした。
どうも最近の日本は変になってきました。
しかも拝金教のような感じだし。
by 京男 (2018-09-02 19:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。