So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

近くを見る単眼鏡? [モノ]

清水寺の写真は、まだありますが、ちょっと飽きてきた。
今日は、単眼鏡。

DSC02464.JPG
↑ケースに入った状態

DSC02467.JPG
↑裏側

社寺や美術館・博物館に行き、作品にもうすこし近寄りたいと思う時がある。
双眼鏡もあるけど、コンパクトなモノがいい。
徒歩で移動しているとちょっとした荷物が嫌になる。
カメラがその代表的なモノですね。

DSC02471.JPG
↑ケースのチャックを開けるとこういう風に単眼鏡が収まっている

私が一眼タイプのカメラを持たないのは、荷物が多くなるのがネックになるからあんんです。でも憧れでものですが。
それとシャッター音も好きになれない。
カット数をたくさん撮る習慣があるので、パシャパシャという音が気に入らない。
だから望遠の写真は諦めている。
まあ、拡大すればなんとかなるから私が撮る程度の写真はそれでいい。

DSC02483.JPG
↑実際は、ストラップを首からさげているから扱い易い状態です。

でも対象物を大きく細かい所を見たい場合もある。
でも荷物はちょっと・・・ということで、今回この単眼鏡を採用。
倍率は4倍で明るいのです。
それにガラスの反射を抑えるフィルタを取り付けてあります。
長時間見るという訳でないからこれでいい。

DSC02475.JPG
↑おれは4倍に見えます。最短約20cmが見えます。細かいシリアル番号を読んだりするのに便利。反射防止フィルターを取り付けました

暗い美術館や博物館でもなんとかなります。
焦点距離が短いから自分の足の爪だって見える。
でも見ながら爪を切ったりはできませんけど。
しかも小型で首からぶら下げても気にならない。
メガネをしたままでも見ることができる。
いまのところ問題ないです。
もちろん単眼なので立体感はない。
書や絵画の筆つかいを見るには、これで十分です。

DSC01546.JPG
↑軽くてコンパクト

ケースもうまく収納できるから携帯に便利なんです。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 モノ
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

nice! 4

コメント 4

すー

おはようございます
さすが便利な良いものをお持ちですね。
私は一眼レフを普段持ち歩くので、これ以上の荷物はという状態です。
私は拡大してみたい時には望遠を最大にして確認ですが、やはり面倒なのでいいですね。コレ!
by すー (2018-08-10 04:41) 

京男

>すーさん、おはようございます。
美術館なんかで活躍してくれます。近くで焦点が合うので便利なんです。美術館では、カメラで拡大という訳にもいきませんからね。
by 京男 (2018-08-10 04:49) 

常盤万作

京男様おはようございます。
単眼鏡の利点はよく分かります。なぜならばライフル銃には単眼鏡(6倍の単陪)が乗っています。
しかし双眼鏡も獲物を探したり、確認する際に使用します。大きな双眼鏡ですが、車の中で使用するため不便はありません。
用途別ですね。
by 常盤万作 (2018-08-10 06:33) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
目的によりますね。すべてをカバーするモノはないです。いい視力があれば万能なのかも。
by 京男 (2018-08-10 07:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。