So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

通りがかりの山鉾 [風景]

DSC00480.jpg

梅雨明けになったら、「待ってました」と猛暑。
今年の夏は長いのかも。
蝉も鳴いているけど、声が弱々しい。
暑さにビックリしているのかな?

DSC00491.jpg

DSC00493.jpg

というような酷暑の京都ですが、祇園祭の山鉾が建っている。
昨日は、用事が終わってからバスで四条通を通りました。
四条通が車で混んでいる。
まあ、道幅を狭くしたから当たり前の話。

DSC00501.jpg

大丸に行く前にちょっとだけ、写真を撮ってもみました。
昼間は、まだ観光客は少ないけど、日が暮れたら混むだろうな。
私にとって山鉾なんかは、それほど珍しいものでもない。
サラリーマン時代(私にでもそんあ時代があったんですよ!)はこの当たりでした。
だから仕事をしているとコンチキチンと聞こえてくる。
夜食は、屋台にタコ焼きを買いに行っていた。

DSC00504.jpg

DSC00510.jpg

結婚当初は、マンションにいるとお囃子の練習が聞こえていたな。
長女がうまれ、宵山の時、粉ミルクを買いにいったこともある。
長女の小学校が明倫小学校(1993年閉校、現在京都芸術センター、前田珈琲 明倫店が彼女の教室だった)の時、よくもまあ、こんな賑やかな場所に小学校1年の子供が歩いて通ったと思います。
運動会の時、校庭から空を見ると四角い状態だったなぁ・・・。

DSC00517.jpg

Y0201.jpg

こうやって山鉾を見ていると、ビルが無かった時代は、いい雰囲気だったんだろうな。観光客もそれほど多くなかっただらうし。風情を楽しめたかも。
山鉾巡行の時、粽を撒いていた。
それを必死になって取りに行った。小学校の時の話。
食べようと剥くと何も入っていなかった・・・。
少年は、騙されたと思った。
ひょっとしてそれがトラウマになっているかも。(笑)

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 風景
nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

nice! 6

コメント 4

すー

おはようございます
私も通りすがりで十分ですね。
お子さんが明倫小学校に通っていたとは、私からしたらうらやましい!
でも、あの運動場の狭さはね!(-_-メ)
by すー (2018-07-14 07:53) 

京男

>すーさん、おはようございます。
あの小学校に通っていたなんて嘘みたいでしょ。
次に転校したのが貞教小学校(もちろんいまは廃校)なんです。
共に歴史が古い小学校です。
by 京男 (2018-07-14 08:04) 

常盤万作

京男様おはようございます。
明倫小学校は伊勢市にもあります。いい名前ですね。
玄関に飾ってある粽も中は空でしょう?
美味いとは思いませんが、有難い粽です。
by 常盤万作 (2018-07-14 08:17) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
昔は、山鉾巡行の時、粽のお守りを撒いていたんです。当然無料で。
それを必死になっててにいれ、食べようと剥くと中身が空。大人に不信感をもちました。(笑)
玄関の粽、パンダなら嬉しいでしょうね。
by 京男 (2018-07-14 09:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。