So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

茅の輪くぐり・・・2 [社寺]

DSC00231.JPG
↑新熊野神社(いまくまのじんじゃ)茅の輪

昨日の続き。
30日の日は、雲行きがとても怪しい日だった。
Yahoo!天気で確認するとずっと雨マーク。
それなのに青空が少し見えていた。
ネットの天気予報もいい加減だ。
みんなの頭上の空を撮している方が確かかも。

DSC00228.JPG

というようなことで30日は、自分の頭上と風の方向、それと自分の直観を元に外出することに決めた。
それで近所の新日吉神宮(いまひえじんぐう)の茅の輪を撮影。
それだけでは・・・と欲がでて新熊野神社のも行った。
行事は終わっていた。それはわかっていました。
人は意外とすくなかった。
茅の輪の状態を見ると作ってから時間が経っている感じがする。
いつから出来ていたのかな?
きっと出来た時に近所の人はくぐりにきたのかも。

DSC00221.jpg

DSC00227.JPG
↑茅を抜いて持って帰る人がいるんだ。

DSC00261.jpg
↑こんな風に自分でつくるのです。我が家にも手作りの茅の輪がたくさんあります。同じものが何年も置いてあります。気が抜けたら自分で入れなおすので問題ないです。御札でも同じです。たいだい神社の御札、神様がちゃんと入ってないのが多い。
社務所で「この御札に神様が入ってないので、入れなおしてください」と言ったらどうするだろう?

まあ、観光で小さな神社にこないのでしょう。
その方がいいと多う。
神社も観光客が団体で来られても対応に困るしね。
はっきり言ってお金にもならない。
それより氏子の人が来てくれた方がいい。
神様はそんなこと考えないか。

DSC00285.JPG
↑晴れながら雨が降り出した。

DSC00301.JPG
↑空が黒くなり、雷と土砂降り状態。スゴールですね。

なんて考えていると雲行きが怪しくなってきたので、買い物をしてタクシーで帰りました。
帰った途端、雨が降り出した。
雷まで鳴り出した。
これで梅雨明けなのかも。
そうなら水不足で大変な夏になる。
台風も来ていたりする。
やっぱり天候が変ですね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

nice! 5

コメント 4

常盤万作

京男様おはようございます。
神社のお札は基本仕様(神様無し)として売ればよい。
追加料金で、神様を入れるのです。隣の神様も入れてもらえば合理的です。
自家用の茅の輪、良いですね。常に頭に乗せています。
by 常盤万作 (2018-07-02 07:49) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
基本的に神社の御札は、メーカー出荷状態なのかも。昔々、京都市内の社寺グッズの卸し屋さんに行ったことがあります。ありとあらゆるモノがありました。あの時は、お神籤を買いにいったのかも。大吉をたくさん欲しくて・・・・。
スマホのアプリがそうですね。基本OSがあり、使う用途に応じ、アプリをダウンロードして使う。あのイメージです。
神社の御札もあの形式にすればいいかも。もっとも神様をダウンロードできる人は極めて少ないでしょうけど。
万作さんの場合は、茅の輪でなく「緊箍児(きんこじ)」がいいのでは。私がちゃんと「緊箍呪」でコントロールしてあげます。(笑)
by 京男 (2018-07-02 08:02) 

すー

お天気が本当に不安定ですね。
今も黒雲が頭の上を・・・とにかく蒸し暑いので体力を奪われます。
氏子が少なくなり各神社などは大変でしょね。
by すー (2018-07-02 13:53) 

京男

>すーさん、こんにちは。
外が暗くなってきました。しかも蒸し暑い。
大きな神社は、観光で潤っているのかも。でも小さな神社は大変。
ここは、方針の問題で神社本庁から脱退しました。でも態度が真摯なのです。
by 京男 (2018-07-02 15:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。