So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

なぜか「そばがき」 [食]

DSC00029.JPG
↑本家田毎「そばがき」なぜかこういう食べ物が食べたくなった。

これは、先日の父親外食デーのメニュー。
父親は、「青冥」だとか「もりもり寿し」「輝庭」・・・「鳳泉」や「龍鳳」の名前も出た。あの日「鳳泉」は改装中で休み、「龍鳳」は、きっとクーラーがないだろう。きっとクーラー無しで中華はちと辛い。

DSC00038.JPG
↑ワサビをちょっとつけて。昔、手打ちそばを作ろうとして失敗。こんな感じで食べたことを思い出す。(悲)

あの日は、私が疲れていたのかな?食欲があまりなかった。
だから、食べ物にあまり興味がもてなかった。
父親は、天ぷらが食べたかったみたい。

DSC00050.JPG
↑すば巻き

私の頭の中に「そばがき」と閃いていたので田毎に決定。
通りかかった仏具屋さんに入りたかったけど、父親が早く食べたそうにしているので急ぐ。でも私が急ぎでも父親は早く歩けない。
私の五分の一ぐらいかな?
私が最近スピードが速くなったのかも。
街中を歩いていて、人が邪魔に感じているのです。
なんだろう・・・

DSC00067.JPG
↑天丼定食

お店に到着。
父親は、蕎麦と丼がいいみてい。
私は、「そばがき」。
そういえば父親は、「そばがき」をしらなかった。
蕎麦寿司も知らない。
蕎麦屋でお酒を飲んだことがないのでしょうね。
私もないけど。

DSC00080.JPG
↑しらすと蕎麦の実のかきあげ

DSC00089.JPG

私が注文した「そば巻き(蕎麦寿司)」や「そばがき」「しらすと蕎麦の実のかきあげ」を分けました。
ほんとは、これで日本酒があるといいのでしょうね。
親子酒なんてことは、我々はできましぇ〜ん。
その点、いまいちかっこよくないなぁ。
昭和のドラマ風になりましぇ〜ん。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

nice! 5

コメント 4

常盤万作

京男様おはようございます。
蕎麦アレルギーの為に、全て幻の料理です。
蕎麦カキ、美味かったなあ、記憶の彼方には微かに残っています。
by 常盤万作 (2018-06-30 07:49) 

すー

おはようございます
私には魅力的なメニューですね。(^_^)ニコニコ
by すー (2018-06-30 08:02) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
昔々は、アレルギーでなかったのですか?人生の経験が深まったからアレルギーになったのかな?
こればかりは、どうしようもないですよね。私がアルコールアレルギーのように。
by 京男 (2018-06-30 08:29) 

京男

>すーさん、おはようございます。
六角堂方面に行った時に行ってください。
私が食べたようなメニューでお酒をチビチビ・・・。
いいでしょうね。
by 京男 (2018-06-30 08:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。