So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

シィィ〜ッ! [和菓子]

DSC09180-1.jpg
↑このお地蔵さん、シャッターがしまっている

本来なら京都市内の観光はオフシーズンなんですが、最近観光客が多いですね。
しかも外人客が。
地元の人間としては、なにがそんなに魅力的なのかよくわからない。
京都の人間は、京都の観光地に近づきませんからね。

DSC09180.jpg

京都に生まれ育った人間にとっては、有名観光地に行くのがなんとなく恥ずかしい。
テレビで京都特集なんかをやっている。
グルメ情報なんてのもありますよね。
観ていて自分が行く店が出なかったらホッとする。

DSC09192.jpg
↑これぐらい離れたら浴衣外人観光客も気にならない。

お店もああいうのに出ると大変なんです。
電話は鳴る、客がたくさん来る・・・それはいいことなのですが、結果、地元の常連客が来なくなる。地元の常連情報で「あそこテレビにでやはってから、おかしゅうならはった。おかみさんがえろうえらそうにならはって・・・」なんて言われたら、噂が京都中に拡がります。古くて狭い街は怖い。どこでどう繋がっているかわからない。
他府県から京都市内に進出したお店は、そのあたりがわからない。
でも結局一過性の人気で、撤退を強いられる。
いまの「映え」系のお店は、よほど実力がないと必ずそうなるのです。
「一過性の流行」「一発芸的」なお店は続かない。
古い街は想像以上に難しい。
これが東京なら人口が多いから3年は持ちます。
効くところによると飲食業の場合、3年で設備投資を回収、5年でお店を閉じ、新しいお店にリニューアル。スタッフを全員解雇し、新しく流行りそうな料理にする。
そのやり方で京都に進出するとうまくいかない。人口が少ないからです。
進出する方も京都市内について入念な調査をあまりしないのかも。「京都ブランド」に目がくらんでいる。

DSC09195.jpg
↑こういう所では、大声おしゃべり観光客が問題になるのでしょうね。

例えば、御池通の地下街「ゼスト御池」ができた時、京都の人間はどう言っていたかご存知ないでしょ。
大体、あんなところに地下鉄を開通されるというセンスが悪い!市役所の所に駅を作って・・・と考えたのね。
「どんぐりころころ」という童謡があるでしょ。
「♪どんぐりころころ どんぐりこ おいけにはまってさあたいへん・・・♪」と言っていた。「おいけにはまってさあさいへん」ですよ。
怖い話でしょ。

DSC09197.jpg
↑このあたりもそうです。

あの地下鉄、洛西から五条通の地下を通り、六地蔵まで開通していたら、状況が変わっていたのにね。東大路五条駅を大きくし、大きなエレベーターで清水寺の門前まであがれたら、いまのような交通停滞が緩和されていたのに。もっとも大きな反対に遭うでしょうけど。

DSC01748.JPG
↑紫野源水「なでしこ」

京阪電車は、昔、川端通がある地上を走っていた。
五条通の混雑は、京阪電車の影響だといわれていた。
地下を走るようになり、川端通ができた。
でも混雑は解消されていない。
道路は同じで車が増えているのですから。
四条通を幅を狭めて歩道を広げました。
あれも混雑に拍車をかけている。
あのままで地下街を整備したらよかったのに・・・。
バカなことをしましたね。

DSC01753.JPG
↑ここの半錦玉羹冷やさなくても上品な甘さだった。さすが源水。

リーダーは、目先だけで判断してはいけないのです。
特に京都市のような街は、50〜100年単位で考えないといけません。
失われた多くの無形の文化は、回復できないでしょう。
社寺も遊山に重点を置きすぎると衰退するように思う。
まあ、こうやって言うのは簡単ですけど。

DSC01826.JPG
↑半錦玉羹

なんかいらんこといい状態でした。
すんまへんなぁ・・・。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

nice! 7

コメント 6

常盤万作

京男様おはようございます。
京都の寺社は全て若狭あたりへ移動させます。昔、寺町を作り集めたようにね。
市内の住宅問題、交通問題全て解決します。祇園のお茶屋さんも若狭へ移して下さい。夜な夜な坊主が戻ってくると困ります。
by 常盤万作 (2018-06-25 06:08) 

京男

>常盤万作さん、おはようございます。
京都を若狹に持って行ったら若狹は喜ぶでしょうね。
秀吉が寺町を移動した時、どんな感じだったのかな?
いまの外国人観光客人気は、いつまで続くのかな?中国が破産したらどうなるのかな?難民が来るか・・・。
おっさん(坊さん)の夜のお勤め、いまでもやっているのかな?
by 京男 (2018-06-25 06:48) 

せつこ

おはようございます^^
京都の路地はアスファルトじゃなく石畳で綺麗ですね。
歴史を感じます。
by せつこ (2018-06-25 10:06) 

京男

>せつこさん、おはようございます。
ここは、石塀小路という場所。明治時代は、アスファルトがなかったからでしょうね。ヨーロッパの古い街も石敷きですよね。
by 京男 (2018-06-25 10:16) 

すー

こんにちは
50、100年先を見て京都を考える・・・
今の政治家、役人にはできないでしょうね。それは票にならないから・・
by すー (2018-06-25 13:55) 

京男

>すーさん、こんにちは。
「いまだけ、金だけ、自分だけ」の人が多すぎます。
国家百年の計なんて政治家はいないです。
役人もそこまで考えて役人になっていない。
悲しい国になりさがりました。
by 京男 (2018-06-25 17:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。